シューズアドバイザー 相談してみませんか:出産祝い・内祝い選びをサポート

はじめてのたっち、あんよ、かけっこに向けて。

わたしたちシューズアドバイザーがサポートします。

子どもには、いつも笑顔で、元気いっぱいでいてほしい。
ママやパパのそんな気持ちは、ミキハウスの想いそのものです。
そんな健やかな成長を支える大事なアイテムに「くつ」があります。
正しいくつ選びは、正しい歩き方、正しい成長につながる第一歩。
そんなくつ選びをサポートするために、ミキハウスには、
シューズアドバイザーがスタンバイしています。

シューズアドバイザーってどんな人?

くつ選びの心強い味方です

子どもの足の成長と、それをサポートするくつの機能や選び方などについて、専門家の特別な講義を受け、幅広い知識を習得し、ミキハウス社内の認定試験を通過したスタッフのこと。ママ・パパのくつ選びをしっかりサポートします。

大人の足と赤ちゃんの足のちがいって?

  • つまづきやすい!
    歩きはじめたばかりの赤ちゃんは、まるで「すり足」のような、いわゆる「ヨチヨチ歩き」の段階です。だからこそ、つまづきにくいくつを選んであげることが大切です。
  • ぐんぐん大きくなる!
    赤ちゃんの足は、2歳頃までは1年に約1cmという速さで大きくなり、13〜15歳頃まで成長が続きます。そのため、3か月に一度はサイズ確認をしましょう。
  • とってもデリケート!
    赤ちゃんの足は大部分が軟骨でできています。この時期に足にあわないくつをはき続けると、足だけでなく体の骨格までゆがんでしまうおそれがあります。
  • すごく汗っかき!
    とっても小さな赤ちゃんの足も、汗を出す汗腺の数は大人と同じ。その分、汗をかきやすいので、不快なにおいや病気を避けるためにも、通気性のよいくつを選びましょう。
  • 赤ちゃんだからこそ、
    真剣に考えたいくつ選び。
    健やかな成長のためには、正しいくつ選びが大切です。といっても、あまりピンとこない方も多いかもしれません。けれど、シューズアドバイザーとしていろいろな赤ちゃんのお足を見ていると、足の角度が内側にずれてしまっている「回内足」や、指先がまっすぐ伸びずに曲がってしまっている「ハンマートゥ」と実際に出会うことがあります。こうしたトラブルは、時間をかけて少しずつ目立ってくるものですから、油断は禁物。また長く履けるようにと大きめのサイズを買われる方もいらっしゃいますが、大きすぎるくつは外反母趾などの原因になることも。いつもぴったり合ったくつでデリケートな足を大切に守り、すくすく育ててあげてください。

どこに行ったらシューズアドバイザーに相談できるの?

シューズアドバイザー常駐店舗へのご予約をおすすめします。

ミキハウスでは、シューズアドバイザーへのご相談について、事前の予約をおすすめしています。 シューズアドバイザー常駐店でも、お日にちによってはお休みをいただいている場合がございます。 ママ、パパ、そしてご家族の方とよりゆっくりお話しさせていただくために、ご相談にお越しの際は、事前にシューズアドバイザー常駐店舗までお電話にてご予約ください。

相談してみませんか トップに戻る