ベビーシューズ 赤ちゃんの「歩く」をサポート

どんなくつを、いつごろ用意すればいいの?

赤ちゃんが、ハイハイ、つかまり立ちを覚えたら、次はいよいよ「歩く」が待っています。
すくすく大きくなる赤ちゃんの足には、その成長時期にあったくつを選ぶことが大切。
このページでは、赤ちゃんのくつが必要になる時期から、くつ選びのポイントまでをご紹介します。

ポイント1:いつからくつが必要なの?

歩きはじめそうになったら用意してください。

赤ちゃんがつかまり立ちをして、歩きたそうにしはじめたら、外出の際の練習も兼ねて、くつを履かせてみることからはじめましょう。
でも、極端にいやがるようなら、赤ちゃんにとっては「まだ」ということ。
様子を見ながら、あわてずにスタートしましょう。

ただ、「お外にいく=くつを履く・帽子をかぶる」ということはセットなので、あわてずとはいいつつも、習慣化しておくことは大切です。
「お散歩に行こうね。おくつ履こうね。お帽子もかぶろうね。」という感じで声をかけながら毎日を過ごすと、赤ちゃんもだんだんと理解するようになります。

歩き出す直前まで:プレシューズ

もちろんはだしでもよいのですが、くつを履く練習や、くつに慣れておくことも大切です。
できるだけ素足に近い感覚のくつを選びましょう。

1〜2歳頃:ファーストシューズ

「歩いた!」というところから、よちよち歩きまで。

2歳頃:セカンドシューズ

しっかり歩けるようになり、活発に動きまわる時期に。

ポイント2:どんなくつがいいの?

まずはお店で相談してみましょう。

必要な機能としては、赤ちゃんの足の成長をサポートできること。
素足感覚で歩けること。ママやパパが履かせたり、ぬがせたりしやすいこと。
安全を考慮した設計であることなどがあります。
お店でサイズを測ってもらって、足にあったくつを選びましょう。

また、足のカタチは一人ひとりちがうので、必ずためし履きが必要です。
店頭でためし履きをして、スタッフといっしょにお子さまが歩く様子を確認しながら決めましょう。特に、足がぐんぐん大きくなる3歳くらいまでは、3か月に一度はサイズチェックをおすすめします。

シューズアドバイザーについて を見る

ベビー用品について トップに戻る