セレモニードレス 思い出に残る特別なお洋服

退院時・お宮参りを華やかに飾りましょう。

「セレモニードレス」とは、赤ちゃん用の晴れ着のこと。
退院しておうちに帰るとき、お宮参りの時などに着せてあげる特別な装いです。
使う機会は多くありませんが、記念写真などで一生残るものですので、しっかりとそろえてあげることをおすすめします。
このページでは、セレモニードレスが必要になるシーンや、コーディネイトのしかたについてご紹介いたします。

ポイント1:ドレスって必要なの?

マストではありませんが、大切なものです。

基本的にお宮参りと退院時にしか着ないお洋服なので、絶対に必要なアイテムではありませんが、
家族の記念日を華やかに飾る、大切なお洋服です。
私たちが結婚式に出席するときに着るドレスのような存在だとお考えください。

お宮参りの時には、おばあちゃんなどがお着物を用意されているというご家庭もあると思いますが、
セレモニードレスは、お着物の後のお色直しに着るアイテムとしても重要になります。
「我が家の赤ちゃんが、これから先、いつまでも幸せでありますように」という願いを込めて、
特別な日を、特別な装いで迎えましょう。

<セレモニードレスの最近の主流は・・・>

最近では普段使いもできる「ツーウェイオール」がセットになったものが主流になっています。
「はじめて神様の前にお参りするときは、なにものにも染まらない色を」という意味から色は白が基本。
デザインはお好みのものを選んであげましょう。

ポイント2:男の子でも必要なの?

性別を問わず、華やかなものを選ぶ方が多いようです。

「最近では、女の子だけでなく、男の子にも華やかなセレモニードレスを着せてあげるご家族が多いようです。
「でも、男の子なのに、フリフリのかわいいドレスはちょっと…」とお考えなら、クローバー柄や、柄のないオーガンジーがおすすめ。
「少し控えめで…」という場合は、シンプルな白のドレスに、白のアフガンの組みあわせがおすすめです。

ポイント3:和装でもいいの?

問題ありませんが、和・洋をそろえる方が多いようです。

基本的には白のセレモニードレス一着あれば、問題はありません。
でも、せっかくのお宮参りですので、
記念のために和装・洋装の2パターンを用意してお写真を撮られるご家族も多くなっています。

ベビー用品について トップに戻る