チャイルドシート 赤ちゃんとのドライブに欠かせないもの

どんなものを選べばいいの?

赤ちゃんが生まれたら、車に乗る方は、必ずチャイルドシートを用意しましょう。
6歳までのお子さまを車に乗せる際には、年齢に応じた適切なチャイルドシートの取り付けと使用が義務付けられています。
そして何より、大事なお子さまの安全のために。
ここでは、その選び方と種類をご紹介します。

ポイント1:チャイルドシートはやっぱり大切なの?

お子さまを守るための重要な安全装置です。

チャイルドシートは、万が一の交通事故からお子さまを守るために必要な安全装置。
赤ちゃんから6歳になるまでは、法律でも使用が定められています。
車でおでかけする場合は、必ず準備しましょう。

退院時に車を利用する場合はすぐ必要になるので、赤ちゃんが生まれる前に購入しておきましょう。
その際には、ご自分の車に取付けできるか、車種の適合をしっかりと確認してください。

ポイント2:どのタイプを選べばいいの?

ライフスタイルにあわせて選びましょう。

例えば、車からお部屋まで少し距離がある場合は、眠っている赤ちゃんを起こさずにすむキャリータイプのベビーシートが便利です。
車内での使用以外にも、赤ちゃんをお部屋に移動するときのクーファンとして、自宅やおでかけ先ではラックとして、ベビーカーのフレームにセットすれば対面型のバギーとして、幅広く使用できますし、いろいろな車に乗せ替える場合も便利です。

一方で、チャイルドシートもベビーカーも両方ご購入を検討されている場合は、毎回取り外さずに使える装着タイプが便利でしょう。
外出の度に取り付ける手間がなく、すぐに出発できるメリットもあります。

ポイント3:ずっと使えるの?

成長にあわせて交換する方が安心です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、身長約50cm。でも、成長して6歳になるころには、約120cmまで成長します。
大きく変化するお子さまのからだにあわせて、チャイルドシートも替える必要があります。
各メーカーや機種ごとに適正な使用期間があるので、必ずチェックしましょう。
最近では、生後9か月から学童時期まで使用できるロングユースタイプも出ていますが、チャイルドシートは衝突などから命を守る安全装置であることを忘れてはいけません。お子さまの成長にあわせて、新しく買いかえるのが望ましいといえます。
例えば新生〜乳児期は、しっかりフィットするベビーシートを選び、その後の学童時期まではチャイルドジュニアシートタイプを使用するのもいいでしょう。

ベビー用品について トップに戻る