ハーフバースデイ ベビー用品について:生まれてから半年目を祝うイベント

元々は欧米の習慣ですが、日本でも祝う人が増えています。

ハーフバースデイとは、元々欧米で生まれた習慣。
その名の通り、誕生日の半分、つまりは6か月を祝うイベントです。
最近では、日本の家庭でも広がりつつあるもので、
お宮参りやお食い初めが終わった時期、生まれてからの時間を
一区切りする記念日としてとらえてお祝いする方が増えています。
中には、最初の半年に限らず、毎年祝う方もいらっしゃいます。

ポイント1:どこでどんなことをするの?

ホームパーティーがおすすめです。

ハーフバースデイには特に決められた形式はありません。まだ、外のお店に連れ出して長い時間を過ごすには早い時期なので、おうちでのパーティーがおすすめです。
赤ちゃんが食べられるような離乳食ケーキを用意してあげたり、記念撮影をしたり、基本的には、一般的なお誕生日会と同じことをして祝ってあげましょう。
例えば、パパとママからの「お誕生日カード」を飾ってあげたり、家族や友人からハーフバースデイのメッセージを書いてもらって飾ってあげて、一緒に写真を撮ると記念になりますね。

ポイント2:祝う日はどうやって決めるの?

生後から起算して6か月、もしくは誕生日と同じ日付で決めてもOKです。

正確には生後6か月=182日目(閏年なら183日目)をカウントして祝うものですが、堅苦しく考えなくてもOK。
1月10日に生まれたら7月10日に祝う…というように、6か月先の同じ日付で祝う方がわかりやすいかも知れません。

ポイント3:何を着せたらいいの?

ミキハウスおすすめのコーディネイトをご紹介します。

ママ友や赤ちゃんのお友だちを招いてハーフバースデイを祝うなら、やっぱりかわいいお洋服を着せてあげたいもの。
生後6か月なら70cmのお洋服がぴったりとあうはずです。
女の子なら、カバーオールやツーウェイオールにレースのスカートで女の子らしいコーディネイトがおすすめ。
重ね着風のカバーオールは性別問わず、かわいらしくまとまります。

おすすめのコーディネイトはこちら

ベビー用品について トップに戻る