安心・安全への取り組み 私達は、何よりも「安全であること」と「赤ちゃんの快適さ」を第一に考えたものづくりを続けています。

赤ちゃんの幸せを願うママとパパのお手伝いを。

「生まれてきてくれてありがとう。」

赤ちゃんが無事誕生したとき、誰もが感じる気持ちです。
その幸せな気持ちと同時に、「元気で大きくなってほしい」「幸せに育ってほしい」という願いがあふれてきます。
一方、赤ちゃんは、快適だったママのお腹から裸で生まれ出たとたん、空気に触れてさまざまな刺激を受けはじめます。
その一つひとつが、成長に欠かせないものですが、デリケートな赤ちゃんにとっては、すべてが安全とは限りません。
だからこそ、大切な赤ちゃんのために「安心なものを与えてあげたい」。
小さくて、まだ弱い赤ちゃんを守ってあげられるのは、ママとパパなのです。
そんなママやパパを、ミキハウスの安心安全なものづくりとサービスでサポートします。

安心・安全であることの大切さ

赤ちゃんがすこやかに成長できるように、お部屋の空気や粉ミルク、ミルクのお水、離乳食など、
赤ちゃんの体に入るものは、絶対に安全であってほしいと願うのは当然のこと。
一方で、着るものや肌に触れるもの、おもちゃなどはどうでしょうか。
同じように「安全」を第一に考えていますか?
ママだって自分の肌に毎日触れるものは、安心で安全なものを選びたいはず。
赤ちゃんだって同じです。

5つの安心の理由

安心の理由1.
ミキハウスは
日本製にこだわっています

世界に誇る「Made in Japan」のものづくりの姿勢が、ミキハウスのウエアにも生きています。
赤ちゃんのために本当によいものをと、ミキハウスのものづくりに対する考え方を理解し、長年ともに取り組み続けている協力工場で、一つひとつ丁寧に、心を込めてつくっています。

安心の理由2.
赤ちゃんのことを第一に考えた
素材と縫製

肌が敏感な赤ちゃんにも安心して着せていただけるよう、ウエアの主な素材として、最も上質な天然コットン素材を使用しています。なめらかでやわらかく、肌触りのよい素材をぜいたくに使ったウエアは、着心地ばつぐん。
さらに、肌あたりがなるべくないように、「タグや洗濯ネームを表に縫い付ける(新生児用肌着)」、「縫い代を表側に出す(新生児用肌着)」、「ファスナー金具部分が、赤ちゃんのアゴなどに傷つけないように、内側にフラップを付ける」、「裏側に糸が出ない『熱圧着刺繍』を採用する」など、赤ちゃんのために縫製の細部にまでこだわっています。

天使のはぐ『ピュアベール』を見る

安心の理由3.
自社独自の厳しい安全基準と
品質管理ガイドライン

ミキハウスでは、JIS規格をベースとして、さらに厳しい「ミキハウス品質管理基準」「ミキハウス縫製基準」を設け、安全管理・品質管理に取り組んでいます。
ミキハウス商品に使用されるすべての素材は、公的検査機関による「染色堅ろう度検査」、「物性検査」を事前に実施して品質の安定性を確認し、製品化しています。またベビー用品に対して「ホルムアルデヒド検査」「pH(ペーハー)検査」を実施し、化学的な安全性を確認しています。
縫製工程上では、異物が混入しないよう、専任管理者による「縫い針管理」が徹底的に行われ、さらに工場出荷時には製品全数に対する「検針」を実施して、危険物の混入を完全にシャットアウト。
強固な安全管理・品質管理体制のもと、品質管理の資格をもったスタッフが、責任を持ってみなさまに安全で安全な商品をお届けいたします。

安心の理由4.
世界各国にも通用する
ミキハウスの安全品質

ミキハウスは世界9ヶ国で店舗を展開しており、世界中のお客様にご愛用いただいています。販売されている商品は日本と共通のものですが、アメリカやEU(ヨーロッパ諸国)、中国や韓国といったアジア各国での製品に対する安全基準は、国によってそれぞれ異なります。ミキハウスでは、各国の品質・安全基準をクリアするため、常に情報の収集を行いながら「グローバルな安全品質」の確立に向けて積極的に取り組んでいます。特に化学的有害物質については、日本では規制の対象になっていないものに対しても独自の基準を設けて製品に使用しないように努め、世界中のどこでも安心してご使用いただけるような管理体制を目指しています。

子育てキャリアアドバイザー

安心の理由5.
安心して相談できる全国のショップと
子育てキャリアアドバイザー

ミキハウスのお店は、日本全国に約200店舗。
自宅からでもご実家からでも、安心してご利用いただけます。
ママやそのご家族に気軽にご相談いただけるように、ベビーとマタニティのスペシャリスト、「子育てキャリアアドバイザー」が全国に100名以上常駐。
出産準備の素朴な疑問や子育てのことなど、お店でゆっくりと座ってお話いただけます。

「子育てキャリアアドバイザーについて」を見る

ベビー用品について トップに戻る