肌着 赤ちゃんが心地よくすごせるように

どんなものをどれだけ用意すればいいの?

赤ちゃんは大人に比べてずっと汗かき。
清潔さと快適さを保つためにも、肌着は何枚あっても困ることはありません。
このページでは、肌着の必要性や、そろえ方の目安をご紹介します。

ポイント1:なぜ肌着が必要なの?

赤ちゃんをさまざまな刺激から守るためです。

ママのお腹の中で、羊水に守られて育つ赤ちゃん。
でも、はだかで生まれたとたん、外気に触れ、多くの刺激を一気に受け止めることになります。
そんな赤ちゃんをやさしく包むのが肌着の役割です。

大人の感覚では、「Tシャツの下に肌着は着ないから、なくてもいいのでは?」と感じるかもしれません。
でも、赤ちゃんは、体温が平熱でも37度くらいあり、まだからだは小さくても、大人と同じだけの汗腺を持っています。
つまりとても汗かきなのです。おっぱいを飲むときも全身を使って飲むので汗だくになります。
だから、汗取りのためにも肌着が必要なのです。
汗をかいたら、清潔な肌着に着替えさせてあげましょう。

ポイント2:どれくらい必要なの?

短肌着、コンビ肌着とも5~6枚は必要です。

汗かきな赤ちゃんをいつも清潔で気持ち良くすごさせてあげるためには、必ず着替えが必要です。
特に新生児のうちは、おっぱいを吐いたり、うんちが軟らかいためおむつから漏れて、思いがけず肌着を汚します。
そのため、1日に最低2-3回は着替える可能性があるのです。

さらに、お洗濯のことも考えると、短肌着5~6枚、コンビ肌着5~6枚が必要になります。
産後すぐには、洗濯が思うようにできない日もあるかもしれません。
そんなときに肌着のストックがなくなってしまったら大変です。

ママのストレスを軽くするためにも、できれば2日分肌着をストックしておきましょう。
仮に洗濯ができないときでも、大らかな気持ちでいられるはずです。

ポイント3:どんなものを選んだらいいの?

吸汗保湿にすぐれたものを選びましょう。

汗を取りやすいように、できるだけジャストフィットするサイズのものがおすすめです。
縫い目などの肌に当たる刺激が少なく、吸汗保湿にすぐれた綿素材のものがいいですね。
新生児は両手を上に上げて、両足は開いている状態が基本姿勢になるので、この状態にあうものを選びましょう。

各メーカーからいろいろなものが出ていますが、
首がすわらないうちは、「着物形」で「ひもを結ぶタイプ」がおすすめです。

「ひも」タイプは、体重が毎日約40gずつ増え、
どんどん大きくなる赤ちゃんのからだにもあわせやすくできています。
また、やわらかな「ひも」がついているので、肌にあたっても刺激が少ない点もポイントです。

マジックテープは、肌にあたって痛くなることがあるので、
特に新生児のうちは注意してあげましょう。
また、かぶるタイプは、着せるのが難しいので、首がすわるまではやめたほうが無難です。
着物型のものは、首を支えて抱き上げてから、広げた肌着の上に寝かせて着せられるので便利です。

子育てキャリアアドバイザーからのメッセージ

「両親とも大柄だけど、本当に50cmの肌着でいいの?」というママへ。

丈などは十分あるので、大柄なパパやママから生まれる赤ちゃんでも、50cmの肌着で大丈夫です。また肌着は汗取りや保湿の役割もあるので、ぶかぶかのものよりも、からだにフィットするもののほうが望ましいです。大きすぎると赤ちゃんの動きを妨げることもあるので、ジャストサイズで選んであげると安心です。

「義母から“赤ちゃんにはガーゼ肌着よ!”と言われたのですが…」というママへ。

お義母さまのころの子育てでは、ガーゼの肌着がよく使われていたため、そのようにアドバイスしてくださるのでしょう。でも、今は肌着の素材にもバリエーションが増えています。たとえば、「フライス」。これは伸縮性、肌触りのやさしさ、吸湿性などにすぐれています。よく伸びるため、着替えの際に肌着をひっぱって着せてあげることができ、赤ちゃんへの負担がありません。さらに、フィット性が高く、汗取りの役割をしっかりと果たします。素材や用品は、時代とともに進化し、どんどん改良され、赤ちゃんにとってさらに良いものが出ていることをご理解いただけるといいですね。

ピックアップ

ミキハウスの肌着「天使のはぐ」は、
大切な赤ちゃんのことを第一に考えてつくった肌着です。

ミキハウスの小さな肌着にはどんな想いが込められているのでしょうか。
そして、赤ちゃんにとってよい肌着とは?

ママたちの投票で選ばれる「マザーズセレクション大賞」を受賞!
安心安全の抗菌・抗ウイルス加工の肌着「天使のはぐ」について詳しくはこちらでご紹介しています。
実際に使ったママの声もご紹介中です。

ミキハウス 天使のはぐ 赤ちゃんの肌着は安心安全なものを。ママたちの投票で選ばれるマザーズセレクション大賞を受賞

ベビー用品について トップに戻る