秋生まれの赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは?(9、10、11月生まれ)

秋生まれの赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは?(9、10、11月生まれ)

妊娠・出産インフォ

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋といろいろな活動に適しているのが、9月、10月、11月の頃。残暑が厳しい日や、冬のようにグッと冷え込む日もありますが、比較的過ごしやすい季節です。秋生まれの赤ちゃんが着る肌着は、どんなものを選べばいいのでしょうか?

秋生まれベビーにあると安心な胴着

秋生まれベビーにあると安心な胴着

デリケートな肌には、綿100%の素材のものを選ぶのは当然のことですが、中でも秋生まれさんにおすすめなのは、「フライス」です。フライスは、リブ編みの生地。ふんわりやさしい手触りで、伸縮性のよさが持ち味です。大人の肌着にもよく使われ、季節を選ばない素材。通気性、保温性、吸汗性もあります。
「天竺(てんじく)」という綿素材は、肌着の素材としてメジャーですが、フライスより薄手なため、秋生まれの赤ちゃんにとっては、保温性がちょっと心配。
そのため、短肌着であれば、フライス素材のものを6枚用意しておくことをおすすめします。

肌着を買うときのポイントですが、ぜひ、ママとパパで店頭に足を運んで、実際の商品を手にとってみてください。メーカーやブランドによって、同じフライス素材でも生地の風合いに違いがあるからです。同時に、縫製がチクチクしないか、カッティングは動きやすそうか、などの違いもチェックしておくといいですね。

秋から冬にかけては、気温がどんどん下がっていくので、短肌着とコンビ肌着を重ねて着せてあげましょう。短肌着は汗取りのため、コンビ肌着は保温のためという役割の違いを理解しておきましょう。また、1枚ベスト型の「胴着」があると便利。赤ちゃんは体温調整が苦手ですから、寒い日のために保温性のある胴着を用意しておけば安心です!

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る