細川モモさん監修 美しくなる妊活レシピ(1)

細川モモさん監修 美しくなる妊活レシピ(1)

妊娠・出産インフォ

「美しくなる=妊娠できる」カラダになるためには、ふだんの食事を見直すことが大事です。実際、どんな献立を心がければよいのでしょうか? 予防医療プロジェクト「ラブテリ 東京&NY」を主宰する栄養コンサルタントの細川モモさんに、料理が苦手な人でも簡単に作ることができる「妊活レシピ」をお聞きしました! 毎日のよりよい食生活のために参考にしてみてはいかがでしょうか?
今回は、アサイーボール小松菜とキウイのスムージーチンゲン菜とひき肉のスープの3つのメニューを紹介します!

1.貧血対策メニュー【アサイーボール】
 (鉄・ビタミンC)

アサイー

  • <材料>2人分 
  • アサイー(冷凍) 100g
  • いちご 6 粒
  • ブルーベリー 16 粒
  • バナナ 1 本
  • 豆乳 80cc
  • グラノーラ 適量

  1. <作り方> 
  2. 1バナナは 1cm幅に切る。
  3. 2ミキサーに 1 のバナナの半量とアサイー、豆乳を加えて撹拌する。
  4. 32 を器に盛り、残りのバナナ、グラノーラ、いちご、ブルーベリーを彩りよくのせて完成。

【ポイント】

アサイーはブラジル原産の果実ですが、鉄分、ビタミンCなどが豊富です。鉄分はビタミンCと撮ることで吸収率がアップするので、このレシピは「貧血対策」に最適。グラノーラにも鉄分など女性に不足しがちな栄養分が入っています。朝食の栄養チャージにもおすすめ。

—————————————————————————————————
 

2.“子宝ビタミン”ドリンク【小松菜とキウイのスムージー】
 (ビタミンE・オメガ3)

スムージー

  • <材料>2人分 
  • 小松菜 2束
  • キウイフルーツ 1 個
  • 冷凍バナナ 1本
  • パセリ 少量
  • 水 300cc
  • 亜麻仁油 大さじ1

  1. <作り方> 
  2. 1小松菜はザク切りにする。パセリの葉を取る。パセリは少量を加えるだけで、後味がグッと爽やかになる。
  3. 2キウイフルーツは 6 等分程度にカットする。
  4. 3冷凍バナナはキウイフルーツと同じ大きさにカットする。(冷凍のほうが仕上がりが飲みやすい。)
  5. 4パセリの葉を取る。パセリは少量を加えるだけで、後味がグッと爽やかになる。
  6. 5全ての材料をミキサーに入れ、攪拌したら完成。

【ポイント】

小松菜はビタミンEが豊富な緑黄色野菜。ビタミンEは別名「子宝のビタミン」とも呼ばれていて、アンチエイジングの働きがあるとともに、日本では妊娠機能障害(排卵障害)治療にも使われています。亜麻仁油には卵子と精子の質を高めることが多数の研究結果から報告されている「α‐リノレン酸」(オメガ3系脂肪酸)が含まれています。

—————————————————————————————————
 

3.夕食に! 低GIおすすめメニュー【チンゲン菜とひき肉のスープ】
 (食物繊維・低GI)

スープ

  • <材料>2人分 
  • チンゲン菜 1株
  • 鶏ひき肉 30g
  • 卵 1個
  • A) 水 2カップ
  • A) 酒 大さじ1・1/2
  • A) だし 大さじ1
  • ごま油 少々
  • 塩 少々
  • コショウ 少々

  1. <作り方> 
  2. 1チンゲン菜は食べやすい大きさに切る。
  3. 2鍋にごま油を熱して鶏ひき肉をポロポロになるように炒め、チンゲン菜を加えてさらに炒める。
  4. 3Aを加えてひと煮し、塩・コショウで味を整えてスープにし、軽く沸騰したら溶き卵を加えて蓋をし火を止めて完成。

【ポイント】

豚・牛のひき肉に比べ脂肪分の少ない鶏ひき肉を使った「低GI」メニュー。チンゲン菜を入れることで、食物繊維もとれます。物足りない場合は、春雨を入れるのもおすすめ。夜食メニューにしてもOK。

第2弾【納豆のせ胚芽トースト / 鮭のアクアパツァ / ほうれん草の変り和え / カモミールミルクティー】 のレシピはこちら!

—————————————————————————————————
 

hosokawa_mini_P

【プロフィール】

細川モモ(ほそかわ・もも)
予防医療コンサルタント、栄養コンサルタント
2011~2014 ミス・ユニバ−ス・ジャパン オフィシャルトレーナー
両親の末期がん闘病がきっかけで予防医療の道へ進み、欧米の先進的な取り組みや栄養学について7年以上現地で学ぶ。東京とニューヨークに支部を構える予防医療プロジェクト「ラブテリ 東京&NY」を発足、主宰者に。国内外の医療専門家や大学・企業とともに研究・論文発表等を行う。2012年には世界規模の「卵巣年齢研究」に着手し、NHKテレビで取り上げられる。著書『タニタとつくる美人の習慣』(講談社)、『BABY BOOK』(ラブテリ)。

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る