妊娠、出産にまつわるデータ集:第1回  「小さく産んで大きく育てる」は間違い?低出生体重児のリスク

妊娠、出産にまつわるデータ集:第1回
 「小さく産んで大きく育てる」は間違い?
低出生体重児のリスク

妊娠・出産インフォ

女性の体について研究、発表するチーム「ラブテリ 東京&NY」を主宰する細川モモさんは、現在の日本でママになりたいと思っている人に、こう言っています。

「残念ながら日本は、妊娠、出産に関するリテラシーが低いという現実があります。学校でも家庭でも、きちんと教わる仕組みができていないのです。妊娠したいと思ってから、初めて自分やパートナーの体について知ることも多く、『もっと早く知っておきたかった』と思う人も少なくありません。知識があれば、ふだんの食事を変えたり、キャリアプランを真剣に考えたりなど、たくさんの準備ができるのです。ぜひ、みなさんが妊娠、出産について考える機会を増やしてくれればと思います」

これから、そのさまざまな現状を本コラム「妊娠、出産にまつわるデータ集」でご紹介していきます。

 

■第1回「低出生体重児」

teitaijyu_2

生まれたときに体重が2,500g未満の赤ちゃんを「低出生体重児」、1,000g未満の赤ちゃんを「超低出生体重児」と呼びます。厚生労働省「人口動態調査」(2012年)によると、2012年の1年間に生まれた子どもは、男の子53万1781人、女の子50万5450人で、合計103万7231人でしたが、そのうち低出生体重児は、9.6%と赤ちゃんの10人に1人がこれに該当します。男女別で見てみると、男の子が8.5%、女の子が10.7%です。

戦後の経済成長とともに増加を続けていた平均出生体重が1975年をピークに減少に転じ、2000年には戦前を下回る水準に。他の先進国で女性の体格向上に伴い出生体重もだんだんと増えているのに対し、日本では減っているというのは、異例のこと。また、全体の出生数自体は年々低下していますが、低出生体重児の割合は上昇中。これも特筆すべき点です。

「小さく産んで大きく育てる」という言葉もあるとおり、妊娠中母親の体重を増やさず、赤ちゃんを“小さく産む”ほうがよいというイメージをもっている人も多いでしょう。妊娠時、出産時ともにママの体の負担が少なく、産後の体型戻しも楽。妊婦の体重管理も産婦人科で指導されるため、“体重を増やさなければそれに越したことはない”と考えてしまうのも不思議ではないかもしれません。

けれど、健康な赤ちゃんを産み、育てたいと思うなら、妊娠中の体重増加は当たり前のこと。厚生労働省によれば、肥満の判定に用いられる指数「BMI」(*1)で18.5未満の「やせ」に分類される人は9~12kg、18.5~25.0未満の「ふつう」に分類される人は7~12kgの体重増加が目安。「肥満」の人でBMIが25をやや超えるくらいの人は、およそ5kgの増加を目安とし、著しく超える場合は、医師に相談するなどの措置をとることが求められています。

  1. *1:「BMI」(Body Mass Index)とは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計る肥満の判定に用いられる指標で、BMI22を標準とする。BMI18.5未満なら「低体重(やせ)」、18.5以上25.0未満なら「ふつう」、25.0以上なら「肥満」に分類される。

 

ママになる前に考えたい「低出生体重児」のこと

2

ひとつは、低出生体重児の赤ちゃんは「倹約型体質(Thrifty pheno-type)」をもって生まれてくると言われています。聞き慣れない言葉だと思いますが、わかりやすく言えばこれは、少ない栄養でも生きていけるように“省エネモード”を働かせる体質のこと。妊娠時にママが適正な体重を維持せず、母体が低栄養になることで、子宮内で胎児も低栄養状態に陥り、生まれた後も倹約体質になり、脂肪がつきやすくなってしまうのです。

ふたつめは、将来「生活習慣病」になってしまう危険性を高めるというもの。大人になってからも低体重で生まれたことによる影響を持ち続けるとは驚きですが、世界各国で行なわれている研究結果が成人以降の肥満、生活習慣病と出生体重との関連を相次いで報告しています。

例えば、雨期と乾期があるカンボジアで生まれた子どもの成人以降の健康状態を調査した大規模疫学調査の報告では、食べ物が少ない乾季に生まれた子どもの方が、食べ物が多い雨期に生まれた子どもよりも成人期における健康状態が良かったことがわかっています。これは、乾季の子どもたちのもつ「倹約型体質」が、食べ物が乏しいカンボジアの環境にマッチしたため、と考えられています。ただし、倹約型体質の持ち主は燃費が良いため、飽食の環境になってしまうとかえって肥満や2型糖尿病になってしまうリスクが高いと仮説されています。つまり、倹約型体質をもった赤ちゃんが日本のような飽食の国に生まれてしまうと、その子のもって生まれた「体質」と育つ「環境」がミスマッチを起こし、様々な病気を発症するリスクが高まってしまうのです。これを「ミスマッチ仮説(適応不全仮説)」といいます。

日本においても、生まれたときの体重が2,500gを下回る低出生体重児の女性は、将来妊娠をしたときに妊娠糖尿病になりやすいという調査結果を厚生労働省が発表しています。国立生育医療研究センター母性医療診断部の荒田尚子医長らが2006〜2009年にセンターを受診した363名を対象に妊娠糖尿病と生まれたときの体重の関係を調べたところ、2,500g未満で生まれた女性は2,500〜4,000g未満で生まれた女性よりも妊娠糖尿病に約6倍、なりやすかったことが報告されています。

妊娠糖尿病だけでなく、ヘルシンキ大学のJ. Erikssonらは、昔の分娩台帳を調べ、男児で2,500g未満の低出生体重児は、成人後に肥満が約2倍、女児の低出生体重児では1.7倍発症していることを報告しました(*2)。

肥満は生活習慣病の温床ですから、2型糖尿病、虚血性心疾患、本態性高血圧症、メタボリックシンドローム、脳梗塞、脂質異常症、血液凝固能の亢進などが低出生体重児と関連するとして研究が進められています。

  1. *2:Eriksson et al., Int J Obes Relat Metab Disord. ; 25:735, 2001

 

妊娠前からの食生活改善も心がけて

では、赤ちゃんが低出生体重児になるリスクを避けるためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?
「ラブテリ 東京&NY」を主宰し、管理栄養士で予防医療コンサルタントの細川モモさんに話をお聞きしました。

「まずは、妊娠前から健康な体づくりを心がけること。とくに、日本女性は“痩せ”への注意が必要です。妊娠前に痩せ型の女性は低出生体重児を産む確率が高まります。現在の日本女性の平均摂取エネルギーは、20-39歳の妊娠適齢期の女性で1日1,615~1,662kcalです(※3)。妊娠時のエネルギー摂取量が1,500kcalを下回ると胎児の発育が少し悪くなるという報告がありますが(※4)、浜松医科大学が行なった妊婦栄養調査では、初期・中期・後期すべてにおいて1日約1,600kcalしか摂っておらず、後期にいたっては35%減だったという衝撃の研究結果があります。

今日からできる妊娠準備として、きちんと三食バランス良く食べ、適正体重(BMI)を意識しましょう。妊娠中の適切なエネルギーと栄養の摂取は赤ちゃんの体重増加に必要不可欠です。妊娠前に少食だった人が妊娠を機にたくさん食べられるかというとそうではなく、朝食を食べない習慣はそのままだったり、適量がそもそも不足していたりします。妊娠時に葉酸を不足させないためにも、食べる習慣をつけておくことをおススメします。

また、BMIの把握も大切で、ハーバード大学が看護士25万人を対象に行なった「Nurses’ Health Studay」によると、BMIが20.0~24.0の値でいることが妊娠しやすいBMIであり、21が理想値であると報告しています。米国人と日本人では体格や骨格が異なりますので、そのまま日本人に当てはまるかは調査が必要ですが、適正(18.5〜25)におさまっておくことは大切なことです。そして、BMIでは体脂肪の比率がわかりませんが、体脂肪率は17%を下回ると月経が止まるリスクが高まるため、それ以下にはしないようにしましょう。また、30%以上にもならないようにしましょう。体脂肪率が高すぎると排卵性不妊のリスクが高まってしまいます(体温チェックで排卵期の確認を)。」

 

1

「また、喫煙も低出生体重児のリスク要因ですが、残念ながら若い女性でタバコを吸う人は増えています。ママの『喫煙』は低出生体重児になるリスクが増える要因のひとつと考えられています。タバコを吸うと血管が細くなってしまうので、赤ちゃんに十分な酸素と栄養が届かなくなるからです。」

さらに、「先進国の中で、日本だけが低出生体重児を増やしているのは、早産が増えていることとも関係があります」とも。早産は、出産予定日より3週以上前に赤ちゃんが生まれることですが、これは高齢出産が増えていることと無縁ではないそうです。厚生労働省が、低出生体重児を出産する割合を調査したところ、45歳以上の母親が最も多く、19.6%という結果に。以下、40~44歳は13.1%、35~39歳の11.7%と続きます。

これらは女性のライフスタイルの変化とも密接にかかわっているとも言えます。妊娠中だけでなく、妊娠するずっと前から、自分の体の仕組みを理解し、将来自分がどうありたいかを考え、まだ見ぬかわいい赤ちゃんのために、何ができるかを考えておくのも大事なことですね。

  1. ※3:国民健康・栄養調査
  2. ※4:ACOG Practice Bulletin IUGR No.12, 2000

 

hosokawa_mini_P

【プロフィール】
細川モモ(ほそかわ・もも)
予防医療コンサルタント、栄養コンサルタント
2011~2014 ミス・ユニバ−ス・ジャパン オフィシャルトレーナー
両親の末期がん闘病がきっかけで予防医療の道へ進み、欧米の先進的な取り組みや栄養学について7年以上現地で学ぶ。東京とニューヨークに支部を構える予防医療プロジェクト「ラブテリ 東京&NY」を発足、主宰者に。国内外の医療専門家や大学・企業とともに研究・論文発表等を行う。2012年には世界規模の「卵巣年齢研究」に着手し、NHKテレビで取り上げられる。著書『タニタとつくる美人の習慣』(講談社)、『BABY BOOK』(ラブテリ)。

妊娠・出産インフォ トップに戻る