森三中・ムーさんの子育て日記 Vol.4

森三中・ムーさんの子育て日記 Vol.4

妊娠・出産インフォ

生後3カ月半が経ち、赤ちゃんが可愛くてしょうがない、という村上さん。が、実はなんと、「子どもが苦手だった」との衝撃の告白が……。今では、他人のお子さんを見ても可愛いと思うようになったそうですが、そこにはどのような変化があったのでしょうか?


☆至福のとき☆

mu-san_vol4

実は子どもが苦手だったんですよね~。なんか口が達者で見たまま、オブラートに包まず感じたままを言うから、どうリアクションしていいのかわからない事もあるから近づけないというか……。

でも、結婚してしばらくすると、家族を増やしたいと思う様になって、赤ちゃんを見ると可愛いかも……と思う様になりました。

実際、我が子に会ったときは、難産というのもありましたが涙がホロリ。可愛いというのはもちろん、愛おしい感情というのは初めての感覚でした。自分がこんなに子どもを可愛いと思えるなんて……不思議です。今では他人の子を見ても可愛いと思えます。昔の私には考えられなかった事ですね~。

そんな私の至福のときは、朝イチの娘の挨拶。朝起きたときは、とにかく機嫌が良くて誰がおはようと話しかけてもニッコリ! この笑顔がヤバイですね~。「今日も一日頑張るか~!」という気にさせてくれるんですよ~。

もう一つは、娘におっぱいをあげているときに、私の人差し指をぎゅう~っと握ってもらっているとき。なんか一体感が出て、「頑張れ! もっと飲んで大っきくなれよ~!」と応援したくなります。グビグビ飲んでお腹がいっぱいになると娘はにんまり。その顔がたまりませんね~。多分食いしん坊に育つと思います!

それにしても、乳首がこんなに伸びるもんかねと思いましたね~。ドリフでばあさんの乳首を結んだりしていたのは「こういう事なのか!?」と思ったりします。

年とったら、あぁなる日も近いかも……。(村上知子)

*  *  *
かわいい笑顔がムーさんにそっくりな気がします。自分に子どもができると、他人の子までかわいく思えてくる……。こんな気持ちになるママはとても多いですよね。それにしても赤ちゃんとのふれあいで、ドリフを思い出すなんて、さすが森三中のム―さんです! 

妊娠・出産インフォ トップに戻る