“休む力”のある企業に学ぶ!(後編) 女性の働きやすさとは、一人ひとりを大切にすること

“休む力”のある企業に学ぶ!(後編) 
女性の働きやすさとは、一人ひとりを大切にすること

妊娠・出産インフォ

結婚したら仕事をやめる「寿退社」の時代から、育児休業が当たり前の世の中になっていますが、マタニティハラスメント、いわゆる“マタハラ”という言葉も聞かれる時代です。しかし、従業員の幸せを願う気持ちは、どんな業種、どんな業態の会社でも同じ。それを、先進的な取り組みとして形にしている、ある企業の事例を紹介します。


「働く意欲のある人はやめる必要がない」 名物社長のモットー

「株式会社日本レーザー」(東京都新宿区)は、理科学用・産業用のレーザー機器を扱う輸入商社。従業員は60人ほどですが、年商約40億円の会社です。2011年の第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞や、今年度の「ワークライフバランス認定企業」(東京都)の選出など、さまざまな団体から表彰されています。同社代表取締役社長の近藤宣之さんは、厚生労働省の「女性の活躍推進協議会」委員にも選ばれ、全国各地で講演することも多いそうです。

近藤さんは、それまで勤めた一部上場企業や、経営に携わったアメリカの企業で、会社の都合で社員をやめさせるリストラを目の当たりにしてきました。そして、それは企業のあり方としては正しくないと感じ、社長になって21年間、自社のモットーを「人を大切にする会社」とし、それを実践しています。

yasumu3_02

株式会社日本レーザー 代表取締役社長 近藤宣之さん

「現在も日本では60%くらいの女性が、子どもの出産で仕事をやめてしまいますが、働く意欲がある人はやめる必要はありません。うちの会社では、来年初めに30代後半と40代の女性課長が産休に入る予定です。二人ともベテランですが、一人は新卒で入って、18年ほどたっていますから、そこまで育つのに相当な時間がかかっているわけです。だから、せっかくの能力のある社員を退職させるより、結婚して、子どもを産んで休んで、また会社に復帰してもらうほうがいいのです。これまで4年連続で育休産休が出ています」

出産、育児でやめる人を会社が出さないことは、さまざまなメリットがあるそうです。

「子どもを育て、仕事もするということは、妻として、母として、社会人として3つの仕事をするということ。それはとても大変なことです。だけど、女性の生きがい、働きがいが満たされます。そして、その人たちの会社への感謝や忠誠心、会社に貢献しようという気持ちは、会社にとって無形の財産なんです」。また、「そういう人たちがいると、他の社員にもいい影響が出るんです」と近藤さん。「会社には目に見えない社風とか企業文化がありますが、それが育まれるのです」。


“オンリーワン”として輝くことを認めてくれる企業

yasumu3_03

子どものいる女性が仕事で輝く同社の特徴に、「ダブル・アサインメント」という仕組みがあります。これは、社員がペアを組み、ふだんから情報を共有しながら仕事を進めていくこと。メインとサブという役割で得意先を担当し、育児で時間に制約がある社員がいた場合などは、ペアを組んだ社員がバックアップ。フォローし合う体制ができています。もちろん、子育てだけでなく、自分や家族の病気療養のために休まなくてはいけない人なども利用でき、休みを取りやすく、仕事を効率的に行えるようになったそうです。二人で意見交換ができ、視野が広くなるなど、助け合いの効果は多方面にわたっています。

実はもともと、この制度は育休で休む社員のためにつくられたもの。きっかけになった女性社員は、いまも責任のあるポジションで職務を全うしています。

「女性が仕事で輝くにはいろいろな人たちの理解が必要です。夫や両親、女性の勤務先はもちろんのこと、夫の勤務する企業の理解もないとダメ。つまり、社会全体の問題。女性の活躍には、保育園だけつくればいいという話ではないんですね」(近藤さん)。

また、勤務体系が多岐にわたっているのもこの会社ならでは。子育て中の女性だけでなく、定年後の再雇用、再再雇用の人がいたり、持病の治療のための短時間勤務の正社員がいたり、パートの人がいたり。それぞれのライフスタイルに応じた、働き方を認めています。近藤さんは、最後にこう話してくれました。

「新卒一括採用の会社だと学歴別、年次別に人事を管理しますが、これからの時代は、そのような集団管理では社員はやる気が出ません。“オンリーワンになれ”という歌があるけれど、オンリーワンになるのは大変なこと。そして、人を大切にするということは究極的に一人一人のことを考えて、努力したことをきちんと評価することでしょ?だから、待遇が嫌でやめた社員はこの15年一人もいないのです」

一人一人と向き合い、その存在を認め、正当に評価すること。“休む力のある企業”は、多様性を認め、理想を現実に変える意志のある会社と言いかえてもいいかもしれません。

ママとパパが笑顔でいられれば、子どもやその周囲の人たちももっと幸せになれるはず。そのための企業の取り組みは、たとえ今は小さくても、明るい未来をつくり出していく原動力になります。そして、前編、中編、後編とこれまでフォーカスしてきた会社のように、日本の企業全体が“休む力”を備える時代が来ることを願いたいですね。

■株式会社日本レーザー
http://info.japanlaser.co.jp/

妊娠・出産インフォ トップに戻る