【座談会】「私はこうやって職場復帰しました!」 現役ワーキングママの“復帰報告”座談会  part2

【座談会】「私はこうやって職場復帰しました!」
現役ワーキングママの“復帰報告”座談会  part2

妊娠・出産インフォ

昨年11月に当サイトに掲載した「【座談会】先輩ママに聞きました!上手な職場復帰は、産休への入り方から始まっている?」。その続編ともいうべき今回は、産前産後休暇(以下、産休)と育児休業(以下、育休)を経て職場に復帰した先輩ママたちに、そこに至るまでの苦労や工夫についてうかがいました。
保育所選びの難しさが浮き彫りになったpart1に続き、part2で話題に上がったのは、「旦那さんの協力体制」について。“イクメン”とあえて言う必要もないほど、パパたちが自然体で子育てに参加している様子が明らかになりました。


■“イクメン”という言葉はもう古い? 自然体で子育てするパパが増加中!

――職場復帰にあたって子育てと仕事を両立していくうえで、パートナーである旦那さんの存在は欠かせないものだと思います。保育所の送り迎えをはじめとする子育てを、パパとどのように分担していますか?

北見さん:私は、10時からと少し遅めの勤務体系を取っていて、保育所への送りは基本は主人が担当してくれるので、2人が家を出てから自分が出社するまでの時間に、夕飯の下ごしらえや掃除、洗濯などをまとめて行うという感じです。彼は家事が苦手なのですが、娘を保育所に送ること、休日はお風呂に入れることと、娘と遊ぶことについては頑張ってくれています。あとは、私が夜、友人と会う約束ができたときは、快く送り出してくれます。

2-1

松尾さん:夫と同じ会社に勤めていることもあり、ある程度私の仕事の内容も理解してくれているので、役割分担をしやすかったですね。私は現在、平日は早番勤務なので保育園への送りは主人、お迎えは私が行くという流れができています。また、サービス業なので土日祝日も出勤、遅番の日は帰宅も21時を過ぎることもあるので、ご飯を食べさせてもらったり、お風呂にも入れてもらったり、最後の寝かしつけまで、パパ一人でもできるようにしてもらうことが不可欠でした。でもありがたいことに、子育ての経験は絵本製作を担当している彼の仕事の参考になっているようで、喜んで手伝ってくれます。子どもが生まれる前と比べても、「こういう絵本を作りたい!」というようなモチベーションが大きくなっているようです。

2-2

小嶋さん:会社が近くなって私の通勤時間が短くなった分、保育所への送り迎えは私が担当しています。ただ、主人は外資系の企業に勤めているのでほかのパパたちよりも時間に融通が利くため早く帰宅したときは代わりにお迎えに行ってくれたり、私がどうしても会社の行事で帰宅が遅くなるときは半休をとってくれたりすることも。また、娘が生後2か月の頃から自主的にお風呂を入れてくれて、寝かしつけまでやってくれています。私が娘と一緒にお風呂に入ることは少なく、ちょっと寂しい面もあるのですが(笑)。

一同:すごい、優しい〜!!

――小嶋さんの旦那さんのように子育てに積極的な男性を称して“イクメン”と呼ぶことがありますが、ご主人はそういった意識はお持ちですか?

2-3

小嶋さん(ご主人):“イクメン”という言葉には今いちピンとこなくて、定義されている感じもあって実はそんなに好きではありません。子どもはかわいいし、自分のできることはなんでもしてあげたいという気持ちが、意識せずに自然と行動に表れているだけだと思っています。


■子育てと仕事、自分の中での折り合いのつけ方が一番の悩み……

――パパの子育て参加はもはや特別なものではなく、それぞれの個性や状況のなかで、自然体で取り組むものになりつつあるのかもしれません。皆さんのお話をお聞きしていると、旦那さんとの協力体制は十分に整っているようですが、その他職場復帰にあたって不安だったり、悩んだりしたことはありますか?

2-4

北見さん:主人の協力をはじめ、保育所やその他色々なサポートなどの環境は整っていて、確かに恵まれていると思います。ただ、自分のなかの折り合いをどうやってつければいいのかが一番不安というか、今も抱えている悩みです。ずっと働き続けたいという気持ちは強く持っていますが、今は子どもを1日11時間、保育所に預けている状況です。そのなかで、自分が満足できる仕事をできているかと言われると、「イエス」と言い難いところがあって……。

2-5

松尾さん:共感します。できればフルタイムで働きたい気持ちがあるのですが、今の状況ではどうしても時短で働かざるを得ません。今までの「店長」という立場から「スタッフ」に替わって、今後限られた時間内でどのような役割を果たしていけばいいのか考えてしまうこともあります。でも、キャリアはあるし、“出産した主婦”というお客様に近い立場である自分が、どこまでできるかということを追求したいという気持ちもあります。今の私にやれるのは、物理的にここまでというもどかしい思いもありますが、子育てが落ち着いたらこうしていきたいなぁというイメージを今は深めています。

――小嶋さんは会社が変わり、新しい環境で復帰したという意味で、二重の大変さがあったと思うのですが。

2-6

小嶋さん:今の会社では、“ママ”であることを前提に採用いただいたので、子どもが急に熱を出したときなども理解していただき、とても感謝しています。ただ、お二人と同じように、これまでのキャリアを活かせると思って入社したところもあったのに、時間を気にして存分に働けない、子育てという軸があるなかで、なかなか外部に対して思うようにお役に立てていないのではないか、という思いがあります。一方で、自分の内部では、子育てと仕事を両立するなかで、思ったよりも色々なことができるんだということに気づきました。女性って、同時に色々なことができるって言うじゃないですか。出産して仕事に戻って、想定していなかった自分に出会えたことは、とても大きなことでした。

part3に続く)

——————————–
子育てと仕事を両立する環境が次第に整ってきているなかで、仕事に復帰したワーキングママの大きな悩みは、自分の中での“折り合いのつけ方”なのかもしれません。
最後のpart3では、様々な困難があっても「仕事を続ける理由」について聞いてみました。


【座談会メンバー】

kitami

北見梢(きたみ・こずえ)さん/32歳、マスコミ勤務。報道部在籍中に妊娠し、産休・育休を取得。2014年8月に復帰。現在は10時〜18時の勤務体系で、1歳3か月の長女を子育て中。

kojima

小嶋陽子(こじま・ようこ)さん/41歳、不動産会社勤務。情報サービス系企業に在籍中、2013年2月に出産し、育休を取得。職場復帰直前、会社売却に伴い所属部署の閉鎖を経験。すぐに求職活動を行い、自宅近くの不動産会社に再就職した。現在はフルタイム・残業なしの勤務体系で、1歳9か月の長女を子育て中。今回は、外資系企業に勤務する旦那さんも座談会に飛び入り参加。父親としての立場から、“イクメン”という言葉に対する違和感を語る一幕も。

matsuo

松尾久美子(まつお・くみこ)さん/39歳、ミキハウス勤務。3か所での店長職を経て、池袋東武店長兼エリアマネージャーに。2010年、同社の出版部門で働く旦那さんと結婚。2012年11月から産休・育休を取得し、2014年4月に復帰。現在は役職なしで、時短の7時間勤務で1歳10か月の長男を子育て中。

妊娠・出産インフォ トップに戻る