赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(1) 名前を決めて出生届を出す

赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(1) 
名前を決めて出生届を出す

妊娠・出産インフォ

赤ちゃんが生まれると、パパ、ママがやらなくてはいけないことは意外とたくさんあります。今回は、いちばん最初に取りかかりたい「出生(しゅっしょう)届」についてです。

名前を決めて準備! 生まれたら14日以内に出生届

「ひとつの新しい命が誕生しました!」。このことを役所に届けるのが出生届です。戸籍法で定められているもので、届けを出すことが義務付けられています。

赤ちゃんが生まれたら、生まれた日を含む14日以内に届け出ること。これにより、戸籍がつくられ、住民登録がなされます。

では、出生届を見てみましょう。いろいろな項目に記入しますが、まずは「子の氏名」を記します。届け出の期限に追われるように、あわてて子どもの名前を決めるのは避けたいもの。ある程度、名づけの準備はしておきましょう。

出生届(提出用)

その他、用紙の左側には「生まれたとき」「生まれたところ」などの「生まれた子」に関する情報と、父母の氏名、生年月日、本籍などを記入します。

右側は「出生証明書」にあてられています。出生したところの種類(病院、診療所、助産所、自宅など)や施設名のほか、体重や身長、多胎(双子、三つ子など)であったかどうかの記載も必要です。この出生証明書は、通常、医師や助産師に書いてもらう必要があります。

 

自分で「出生届」を持ち込む場合は、必ず入院荷物に入れて

「出生届」は、各地方自治体(市区町村)の役所の窓口(戸籍課)でももらえます。また、最近は「ご当地出生届」をホームページからダウンロードできる自治体もあります。

出生証明書は、医師や助産師に書いてもらわねばなりませんが、通常、届出用紙は病院や産院が用意し、退院時には出生証明書ができあがっていることが多いです。そのため、持ち込んだ出生届に記入してもらいたい場合は、忘れずに入院の荷物に入れ、事前に「生まれたらこの出生届に記入してください」とお願いしておくほうがよいでしょう。

 

時間外、休日受付では“受理”されない?

すべての項目の記入が済んだら、役所に届け出ましょう。出生地、父母の本籍地や住んでいる地域(住民登録をしている住所)のうち、いずれかの役所に届け出ます。

母子健康手帳、印鑑も忘れずに。また、届け出る市区町村の国民健康保険に加入している人は保険証も持参しましょう。生まれた子どもを扶養にいれる場合や、出産育児一時金の請求手続き時に必要となります。

届け出る人は、原則的に父または母。どちらも難しい場合は、同居者、お産に立ち会った医師、助産師の順で届け出ることが可能です。

役所の受付時間内でなく、時間外や休日窓口でも、出生届は受け取ってもらえます。ただし、これは受理されたことにはなりません。改めて戸籍係などの人が内容を確認し問題がなければ、届けが出された日にさかのぼって、受理されます。内容に不備がある場合など、出生届が戻ってきて、再度届け出を求められることもあるので、注意しましょう。

 

出生届を手元に残して思い出にしませんか?

出生届は、まさに赤ちゃんの第一歩を証明するもの。ふつうは届け出を済ませたら、その用紙は手元に残りませんが、「新たな家族の始まりの証として残しておきたい」と思う人もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、ミキハウスではオリジナルの出生届を作成しました。1枚は役所に正式に届け出ることができる用紙、もう1枚はずっと手元に残しておける“メモリアル出生届”です。赤ちゃんの写真を貼付したり、パパ、ママのそのときの想いを書きとめたりできるスペースも設けました。ぜひ、かけがえのない思い出のためにこの出生届を活用してみませんか?

出生届(保存用)

妊娠・出産インフォ トップに戻る