遊んでいるとき、ねんねのとき…… はじめての夏の着こなし、どうすればいい?

遊んでいるとき、ねんねのとき……
はじめての夏の着こなし、どうすればいい?

妊娠・出産インフォ

夏をはじめて経験する赤ちゃんに「何を着せればいいのだろう?」と思っているママ、パパも多いはずです。日中といっても、室内、外出先では環境が異なり、月齢による違いもあるでしょう。

そこで、子育て経験のある、ミキハウスの子育てキャリアアドバイザー(KCA)・木内智子(きないともこ)さんに赤ちゃんの夏の着こなし、そして1歳までの夏に着せたい、かわいらしい装いについてうかがいました!

 

赤ちゃんは汗っかき「寝返りしない赤ちゃんも同じです」

体温調節が苦手で、体温が大人よりも高い赤ちゃん。本当にたくさん汗をかくことに、最初はママもパパも驚くことと思います。寝ているときも、おっぱいを飲んでいるときも、きげんよく手足を動かしているときも、エネルギーを使っているときは汗をかきます。これは、寝返りをうてないくらい小さな赤ちゃんでも、同じなんです。

ノースリーブメッシュ

基本的に夏の赤ちゃんには、肌着を2枚着せることをおすすめしています。素材は天竺やメッシュといった、さらっとした肌触りのものがいいですね。なぜなら、通気性と吸湿性にすぐれているから。最近人気があるのは、メッシュでノースリーブタイプの肌着。袖がない分すっきりしていて、重ね着にも便利です。生後3か月くらいになったら、ノースリーブタイプをインナーにして、股下のところでパチパチととめることのできる、ボディシャツタイプの肌着を着せるといいと思います。

お部屋で過ごすときは、風通しがいいなら窓を開けるのもいいでしょうし、冷房を入れて快適な温度に調節するのもいいでしょう。どちらの場合も、赤ちゃんの様子をよく見ることが大切です。

summer01

子育てキャリアアドバイザーの木内智子さん

「赤ちゃんが快適に過ごしているかどうか、どうやって見たらいいのですか?」と質問されることがありますが、手や足を触ってみたり、顔色を見たりすればわかります。また、背中に手を入れて汗ばんでいるかチェックするのもいいと思います。つい大人向けの室温にしてしまいがちですが、自分で調節できない赤ちゃんのことをいちばんに考えてあげてほしいですね。冷房の温度設定は26~28度の間で、冷気が直接あたらないようにしてあげるのがいいと一般的に言われています。

汗ばんでいたら、室温を調節するだけでなく、お着替えもさせてあげてくださいね。夏以外のシーズンの赤ちゃんでも、だいたい1日3回は着替えをしますから、それよりも回数は多くなります。だいたい、プラス1、2回だと思っておいてください。あせもやおむつかぶれ対策のために、着替えだけでなく日中に沐浴の回数を増やすのもいいでしょう。

夏は大判ガーゼを! 1枚は用意したい
正方形の「ガーゼバスタオル」、「マルチケット」

タオルとケット

肌着は「天竺の素材がいい」と申し上げましたが、もう一つ、夏の赤ちゃんに特に向いている素材が「ガーゼ」です。ふんわりしていて、やわらかで、通気性、吸水性、速乾性にすぐれています。なかでも、1枚あると便利なのが「マルチケット」や「ガーゼバスタオル」。大判なのでおくるみにしたり、お昼寝のときにかけてあげたり、下に敷いたり。お出かけのときには、ベビーカーやベビーキャリアにかけて紫外線対策に、また冷えた室内では冷房対策としても活用することができます。

デリケートな肌の赤ちゃんにとっては、タオルより目があらく肌触りのよい、やわらかなガーゼがおすすめ。お出かけにもクルクル小さくして持っていけて、かさばらず軽いです。洗濯した後、すぐに乾くのもよいですね。

私は息子が赤ちゃんのとき、表面がガーゼ、裏面がタオル地になっている「ガーゼバスタオル」を使っていました。おくるみにしたり、ねんねのときにかけたり、さらにお風呂上りにも。タオル地のほうで水分をしっかりとれるのが気に入っていました。本当に便利で3歳くらいまで使いましたよ。

summer02

ふわふわの肌触りが特徴の五重織ガーゼスリーパーは、寝冷え対策に

今年新しく登場した「五重織ガーゼ」は、その名のとおりガーゼが5層になっていて、よりいっそうふんわりとしたやわらかさを感じていただけると思います。スリーパーとケットのタイプをご用意しています。

ねんねの赤ちゃんにケットをかけていても、ママやパパが気づいたときには「何もかかっていなかった」ということがよくあります。赤ちゃんは寝ているときも手足を動かすので、かけているものから体が出てしまいがちです。「寝冷えしたんじゃないかしら」と大人はヒヤッとしてしまいますが、スリーパーならそんな心配はいりません。肩や脇のところにホックがついていて、ベストのような感じで赤ちゃんを挟んで使うものなので「何もかけていなかった!」ということを防ぐことができます。

夏のお出かけ 男の子は「甚平」 女の子は「スカート付ブルマ」で!

summer03

店頭には夏らしいガーゼ素材の「甚平オール」も

夏の赤ちゃんに、私がぜひ着てもらいたいと思っているアイテムをご紹介してもいいですか? ひとつは「甚平」です。生まれたばかりの赤ちゃんから、1歳くらいまでの赤ちゃんが着られるように3種のサイズ展開をしていて、形はカバーオールタイプ。素材はガーゼとサッカーで、夏を快適におしゃれに過ごしていただけるお洋服です。男の子用はかぶとむし、女の子はあじさいなどをあしらって、さらに季節感を演出しています。

summer04

ボディシャツにスカート付ブルマを合わせたコーディネート

もうひとつは、女の子用になりますが、「スカート付ブルマ」。チュチュのようなふわっとした素材のスカートがついたブルマです。ボディシャツと組み合わせて着ていただけます。特にママさんたちが「かわいいー!」とおっしゃってくださいます。

グッズ類

また、夏のお出かけには、帽子が必需品ですね。すべての商品にUV加工が施されていて、首の日よけがついたものもあります。また、紫外線や冷房対策のためのレッグウォーマーや、背中に挿入して使う汗とりパッドも用意しておくと安心です。こちらはガーゼパイルという、ガーゼとタオルのいいところをあわせもった素材でつくられていて、肌にやさしく吸水性もばっちりです。

夏の赤ちゃんは注意しなくてはいけないことが多いなと思うかもしれませんが、ぜひ、夏ならではの装いも楽しんで、赤ちゃんとはじめての季節を快適に元気に過ごしてくださいね。

 

kinai

【プロフィール】
木内智子(きない・ともこ)
子育てキャリアアドバイザー/ミキハウス 横浜高島屋店勤務

思春期まっただなかの中学3年生の男の子の母。出産で一時同社を離れるものの、産後再び販売員として職場復帰。子育てキャリアアドバイザー(KCA)となり、現在に至る。

妊娠・出産インフォ トップに戻る