やすのり先生のなんでも相談室  入院から退院まで「産婦人科」のギモン(前編)

やすのり先生のなんでも相談室 
入院から退院まで「産婦人科」のギモン(前編)

妊娠・出産インフォ

入院してから、出産、退院するまで、産婦人科ではどのようなことが行われるのでしょうか。産婦人科にまつわる、プレママ・プレパパから出てきた疑問を慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師にお聞きしました! LDR室、初乳、カンガルーケアなどの気になるキーワードも出てきました。さっそく先生にうかがいましょう。

 

Q.妻が秋に子どもを産む予定です。入院するのは「出産予定日」と思えばいいでしょうか?

これは間違いです。出産予定日はあくまでも予定日で、必ずしも分娩すると決まっているわけではないことを認識しておきましょう。前回もお話しましたが、予定日は最終月経日を0日とし、妊娠期間を280日間として計算したものです(「“妊娠”の素朴なギモン(男性編)」)。妊娠週数でいうと40週と0日で、37週から41週のお産であれば正常ということになります。

昔は42週を越えても、陣痛がなければ分娩を待つこともありました。ところが今は、医療機器が進歩し、お腹の中の赤ちゃんの大きさがわかるようになりました。そのため、妊娠7週から8週、つまり2か月の終わりから3か月にかけて赤ちゃんの大きさを見て、予定日を設定しなおす医師が増えました。出産予定日が以前よりも正確になったわけです。

sanhujinka_1_02

ただ、それでも予定日当日にきっちり生まれてくる赤ちゃんは、1~2割ほど。妊婦さんに子宮筋腫があったり、赤ちゃんがとても小さいなど、妊娠中から経腟分娩が難しいと考えられる場合は、予め手術日を決めて実施する “予定帝王切開”が行われます。手術の前に破水したりしてしまわないよう、だいたい37、8週にお産することが多いです。

最近は、立会い出産が増えているので、前もって予定を立てたいと思う旦那さんもいるでしょう。でも、こればっかりは赤ちゃんしだいなのです。

Q.陣痛がきたら、入院するように言われていますが、せっかく病院に行ったのに、一度家に帰されたという先輩ママの話を聞きました。ベストのタイミングで病院に行きたいと思いますが、それはいつごろでしょうか?

Q.先日、病院に行ったら、階段を上り下りしている妊婦さんを見ました。出産のために入院した方でしたが、これは何のためですか?

入院する目安は、基本的に陣痛がきてからですね。おしるし(産徴)があって陣痛に進むことが多いですが、産徴(さんちょう:おしるし)が起こってから陣痛がすぐにくる人とこない人がいます。また、痛みが弱く不規則な「前駆陣痛」の場合には、そこから分娩まで一気に進むということはありません(陣痛については「やすのり先生のキーワード解説(4)」も参考に)。

10~15分おきに規則的にやってくる陣痛が、1時間くらい続いたら病院に来てください。と私は妊婦さんにいっています。1時間に6~8回陣痛がきたら、ということです。すでに出産の経験がある経産婦の場合はお産の進みが速いので、陣痛が15分間隔にくるタイミングで、病院に向かったほうが安心ですね。

ただ、お産は人によって違うので、質問にあるようなベストのタイミングを知るのはとても難しいことです。妊婦さんが病院に来られたら、陣痛計で痛みを測定したり、赤ちゃんの心音を聞いたりして、その後どうするかを医師は判断します。まだ、お産までに時間がかかると判断した場合、病院にいるよりも、家にいるほうがリラックスできると思うので、自宅に帰るようにすすめるケースも多いですよ。

sanhujinka_1_03

その後、再度病院に来るまでの時間の目安ですが、これも、人によって違うので、なんともいえないんです。たとえば、夕方病院に来て一度帰されて、明け方にまた来る人もいれば、3~4日後に来る人もいます。「さっき帰されたのに、また来ちゃった」という妊婦さんも実際にいらっしゃいます。

入院したけれど、まだ分娩まで時間がかかる場合は、階段を上り下りしてもらうことがあります。妊婦さんが体を動かしたり、立っていたりすると、お腹の赤ちゃんの頭の位置が重力によって下がります。そうすると子宮頸管が開き、お産の進行をうながすことができるからです。上り下りでなく、散歩やただ立っているだけでも効果はあります。

生まれるタイミングは、本当に赤ちゃんによってそれぞれ違います。何度も病院に来ることになり、大変な人もいるかと思いますが、やっぱり自然経過をみるのがいちばん大切です。

Q.陣痛室、分娩室のほかに、LDR室という部屋があることを知りましたが、それはどんなところなのでしょうか。

通常は、入院したら陣痛室に入っていただきます。分娩までは陣痛計と心音計をずっとつけておいて、モニターでいつでも見られるようにしておきます。大学病院などの大きな病院なら、陣痛室に3~4人の妊婦さんがいて、助産師さんが24時間つくことが多いですね。それほど大きくない病院なら、陣痛室は個室のこともありますが、陣痛計と心音計をつけるのは同じです。分娩のタイミングになったら、分娩室に移動します。

LDR室なら、これらすべてが一つの部屋でできるんです。LDRというのは、Labor(陣痛)、Delivery(分娩)、Recovery(回復)の こと。部屋を移動せずにすむだけでなく、家族もいっしょに泊まることができます。妊婦さんの心地よさを重視して作られています。

 

Q.「分娩30分以内に母乳をあげるとよい」と聞きました。これはなぜですか?

sanhujinka_1_04

できる限り早く、産後1時間くらいまでに母乳を与えるのはとてもよいことです。その理由は「初乳(しょにゅう)」と大きく関わっています。

初乳とは、赤ちゃんが生まれてから3日目くらいまでに出るお乳のこと。これがとても大事なのです。なぜかというと、「免疫グロブリン」が多く含まれるから。もっと詳しくいうと、免疫グロブリンの中の「イムノグロブリンA」(IgA)と呼ばれるものです。

赤ちゃんはお母さんのお乳からもらった免疫グロブリンで、感染に対して抵抗力を作っていきます。また、初乳は脂肪と糖が少なく、たんぱく質が多いのも特徴。これらが、生後2~3日の間に出るので、赤ちゃんにぜひ与えたいのです。4日目あたりからは成乳(せいにゅう)になります。

免疫グロブリンは、生まれて1か月くらいたつと自分で作り出すことができるようになりますが、それまではお母さんのお乳からもらったものを使えるのがベストです。

では、なぜ産後すぐに母乳をあげるのがいいのか。それは、赤ちゃんがお母さんの乳首を吸うことによって、「プロラクチン」というホルモンが出てくるからです。これは、別名「催乳ホルモン」といい、お乳の出をよくする働きがあります。赤ちゃんは生まれながらに、口の中に入ってきたものを強く吸う反射、「吸てつ反射」を持っていて、これが作用し、プロラクチンの分泌を促し、母乳がどんどん出る仕組みになっているのです。うまくできているでしょ?

Q.「カンガルーケア」とは、分娩後に赤ちゃんをすぐ抱くという意味ですか? 私の姉に聞いたら昔はなかったというのですが、最近注目されている理由を教えてください。

sanhujinka_1_05

カンガルーケアが生まれたのは、南米・コロンビアのボゴタという街。1970年代後半に産院で保育器が足りず、産後のお母さんに抱っこしてもらい、人肌で赤ちゃんを温めておきなさいということから始まりました。裸の肌に抱かせることを、カンガルーがおなかに子どもを入れていることに見立て、この名がつきました。

生まれてすぐに肌と肌を触れ合わせることで、親子の絆が生まれ、その後の子育てによい影響を与えるといわれています。また、そのときに乳首を吸わせて、先ほどお話した初乳の分泌を促すこともできるため、カンガルーケアは今や世界中に広まっています。

ただ、赤ちゃんへのリスクがあることも考えておかなければなりません。どういうことかというと、お母さんが抱いている間に赤ちゃんの呼吸が止まり、それに気づかないと、重い呼吸障害や脳性麻痺を引き起こす可能性があるからです。

産後のお母さんは体力を消耗しているので、赤ちゃんを抱っこしていても自然に眠ってしまうことがあります。そんな状況で、赤ちゃんの呼吸が止まり、そのことを誰も気づかないと大変不幸な事態に陥ってしまいます。赤ちゃんは元気そうに生まれても、様子が急変することがあります。これは、お母さんが注意するというよりも、助産師などの医療関係者が注意を怠らずに、カンガルーケアをしている母児をしっかりと見ておかなければならないということです。

*  *  *

ありがとうございました。次回は、産後の入院生活などについてお聞きします。

妊娠・出産インフォ トップに戻る