やすのり先生のなんでも相談室  入院から退院まで「産婦人科」のギモン(後編)

やすのり先生のなんでも相談室 
入院から退院まで「産婦人科」のギモン(後編)

妊娠・出産インフォ

出産から退院まで、だいたい5日間。この期間、どんなことをママは経験するのでしょうか。授乳指導、会陰切開の痛み、母児同室など、産後の入院生活に関する疑問のほか、産院と助産院の違いについても、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師にお聞きしました!

 

Q.産後どれくらいで授乳指導は始まるのでしょうか。私の母が授乳に苦労したらしく、それを聞いていたら私も不安になってきました。また、妊娠中から授乳がうまくいくように準備できることはありますか?

授乳指導はほとんどの病院で行われ、だいたい出産の翌日から本格的に始まるというところが多いですね。

この方は、お母さまがご苦労されたということですが、母乳が出やすいかどうかについて、遺伝は関係ないと思います。ただ、本当に出にくいという人はいて、涙を流しながら授乳される方もいますね。

母乳は先ほども申し上げたように、初乳がとても大事なので、なるべく早く授乳してもらいたいのですが、うまくいかない人も中にはいます。熱血タイプの助産師は、そういう人に「絶対に出るからがんばりましょう」といってしまいがちですが、その言葉がプレッシャーになり、あせってしまってますます出にくくなるケースも。

最初のうちは、お母さんも赤ちゃんも慣れていないから仕方ない、くらいの気持ちでいることをおすすめしたいです。いざとなれば、人工栄養(粉ミルク)を使ってもいいので、産後を少しでも楽に過ごしてもらいたいです。

妊娠中の準備ですが、妊娠中期になった頃に、乳首のケアをしておきましょう。乳頭を指ではさんで2~3回引っ張ってみたり、乳頭部をつまんで回すようにマッサージしてみたり。お風呂上りなどに行うとよいですね。こうしておくことで乳首がやわらかくなり、赤ちゃんがお乳を吸いやすくなります。

ただし、妊娠後期になったらやめましょう。乳首を刺激すると子宮の収縮が起こる場合があり、早産につながる可能性があるからです。

 

Q.分娩後の母親は、興奮して眠れないと聞きました。これは本当ですか?

sanhujinka_2_02

はい、本当です。眠れない状態になる人のほうが圧倒的に多いです。疲れているのに眠れない、頭がさえてきてしまう。子どもを産んだことで一種の興奮状態に陥るからです。そういう場合は、眠剤を服用するなどして体を休ませるようにしましょう。

Q.会陰切開の傷は痛むのでしょうか?

会陰切開は、みなさんもうご存知でしょうか。簡単に説明しておくと、分娩時に腟の入り口から肛門の間の部分を切ること。これは、赤ちゃんの頭が出てくるときに、会陰が裂けてしまわないように、あらかじめ腟口を広げるために行うものです。麻酔をしてハサミで切ります。分娩後は、その傷を縫合(ほうごう)します。

傷は、やはりある程度の期間は痛みますね。その長さも痛みの度合いも人によってさまざまです。痛くてしばらくイスやベッドに座れない人は多いので、円座(ドーナツクッション)を使いましょう。病院にも用意してあります。

寝ているときも立っているときも、ずっと痛いという人もいます。痛くてしょうがいないときは、看護師さんや助産師さんに傷口を見てもらいましょう。また、あまりにも痛みがひどかったら、医師に鎮痛剤をもらうとよいでしょう。

退院時には痛みがおさまっている人、産後1か月くらいまで痛みが続く人など、人によって違いますが、だんだんとおさまってくるので、あまり心配しなくて大丈夫です。

 

Q.病院によって、母児(母子)同室だったり、母児別室だったりするようですが、それぞれのメリットを教えてください。

sanhujinka_2_03

最近は母児同室を好むお母さんが多くなってきましたね。そのため、大きな病院の、個室でない病室でも、昼間だけは同室というところが増えています。逆に、個人病院では、24時間母児同室というところも結構あります。

同室のメリットは、愛情や絆が生まれるということでしょうね。カンガルーケアと同じです。赤ちゃんの顔って、やっぱりかわいいじゃないですか。ずっと見ていたいですよね。そんなお母さんの気持ちを尊重できるところです。

慶應病院では、個室は基本的に母児同室、2人部屋や4人部屋は同室はなしということにしています。自分の子どもが泣いているときは「よしよし」と対応できますが、他人の赤ちゃんが泣くと、気になる場合も多いので。

別室のメリットは、産後のお母さんがゆっくり体を休めることができる点。夜、ちゃんと眠ることができます。だから、母児同室でも夜だけは新生児室で預かるところも多いです。

Q.産院では、分娩後どのようなことを経験して、退院という流れになるのでしょうか。

sanhujinka_2_04

授乳指導から始まり、調乳指導、沐浴(もくよく)指導、産褥(さんじょく)指導があります。おむつ替えや着替えの指導もありますね。

入院中のお母さんって、本当に忙しいのです。もう産後2日目には始まります。

調乳指導というのは、人工栄養の作り方です。哺乳瓶の消毒から、粉ミルクにお湯を入れて、それを冷ますやり方を学びます。沐浴指導では、バスタブを使って赤ちゃんを実際に入れてみます。

産褥指導というのは、主に産褥体操を教えることですね。赤ちゃんを産んだ後、女性の骨盤はゆるんだ状態になっています。また、腟が開くことによって膀胱も下がっているので、尿漏れが起きやすい状態なのです。そのため、腟を締めるような運動をしなくてはいけません。それが産褥体操です。

入院している間は、助産師や看護師などのスタッフが常に近くにいますので、わからないことがあれば、どんどん質問するといいと思います。通常は、だいたい産後5日目に母児の健康をチェックし、問題がなければその日に退院となります。

Q.「産後の肥立ちがいい」という言葉がありますが、これはどういう状態のことをいいますか?

簡単にいえば子宮が元の状態に戻ること、いわゆる「復古(ふっこ)」の過程がいいもののことです。

産後は、後陣痛が起こり、子宮が収縮する痛みがあります。これは長い人でも1週間くらいで治まってきます。あとは、会陰の痛みがなくなり、骨盤のゆるみが矯正され、尿漏れが治まってくるなど、妊娠前の状況に戻ってくるのです。

150~200年前までは「衛生」という概念がまったくなかったので、感染症が大変多かったんですね。いわゆる「産褥熱」というものを引き起こし、産後の肥立ちを悪くさせていました。

けれど、今は衛生状況がいいし、抗生物質があるので状況が違います。だから、正常分娩なら産後の肥立ちがいい方が非常に多い。

今の時代、悪くなる可能性があるのは、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気を患っている人や、妊娠高血圧症候群、前置胎盤や胎盤の早期剥離といった合併症になった人。これらの方は、子宮の復古が遅くなることがあります。

 

Q.妊娠がわかったばかりで、これから出産する医院を探すつもりです。万が一のことを考えて、新生児集中治療室(NICU)のあるような病院にしたほうがいいのでしょうか?

合併症がなく、妊娠経過に何ら異常がない場合なら、NICUがある病院でなくてもいいと私は思います。

ただ、やっぱり分娩というのは何が起こるかわからないところがあります。予測のつかないことが結構多いのです。

ですから、たとえば、開業医でのお産を予定されているなら、もし緊急事態が発生したら、どのように対応してもらえるのかということは事前に確認しておいたほうがいいですね。どういう時に帝王切開ができるのか、大きな病院との連携はちゃんとできているのか。そういうことはちゃんと知っておいたほうがいいです。

また、妊婦さんが40歳以上の高齢出産の場合は、リスクを考えてNICUのある病院にするのもいいでしょう。赤ちゃんが未熟児になる可能性、早産になる可能性が20代、30代の妊婦さんに比べると高いからです。

それから、内科系の病気、つまり糖尿病、肝機能障害、高血圧などを患っている人も、同様にリスクの高い出産になるので、NICUのある病院のほうが安心でしょう。

 

Q.病院での出産と、助産院での出産での違いは、医療行為をするかどうかだと聞きました。これは正しいですか? 

sanhujinka_2_05

はい、その通りです。ここでいう医療行為は具体的にいうと、帝王切開や会陰切開のことです。だから、NICUの話と重なりますが、リスクのあるお産になりそうな方は、助産院でなく病院を選択したほうがよいといえます。

そのような心配がない場合は、助産院にするか、病院にするかはご本人の選択の自由でいいと思います。助産院の場合は、自然の経過を非常に重視しますから、管理された病院でのお産は好まないという人は、助産院を選んでもいいかもしれませんね。けれど、助産院に決めた場合でも、もしもの時のことを考えて、病院との連携がきちんとできていることをぜひ確認してください。

なぜ、日本の妊産婦死亡率、周産期死亡率が世界一低いかというと、それは病院でのお産が増え、管理が十分にされているからです。こういう恵まれた状況だと、それが当たり前のことのように思えてしまうかもしれませんが、本当は出産というのは、思っても見なかったようなことが起こる危険性をはらんでいます。今の日本の周産期医療は、それに緊急対応できる高い技術を備えています。だから、とても危険な状態に陥った低出生体重児や妊産婦でも、命が救えるのです。

今、「院内助産」という形があります。これは、施設は病院だけれども分娩は助産師が行うもの。会陰切開は医師が行うことが多いですが、分娩自体は助産師が担当します。

産婦人科医がとても減っているという現実問題の解決になり、また助産師の活躍の場を広げられるということで、大変いいシステムだと思います。緊急事態には、医師がかけつければいいわけですし。

助産師さんは、妊婦さんに寄り添って話を聞いてくれたり、アドバイスをしてくれたりしますよね。痛みがあるときは背中をさすってくれたり、励ましてくれたり。これを私のような医者がやると、やっぱり変な感じじゃないですか(笑)。

これからの日本のお産は、院内助産というハイブリッドな形が増えていくといいと思います。

*  *  *

赤ちゃんが無事誕生した後も、病院ではいろいろなことが行われるのですね。入院前にはおなかの中にいた赤ちゃんが、退院するときは腕の中に――。その日を幸せな気分で迎えましょう!

 

合わせてこちらもおすすめ

やすのり先生のなんでも相談室 入院から退院まで「産婦人科」のギモン(前編)

妊娠・出産インフォ トップに戻る