パパが育休をとった! 主夫になった! ニューヨークに行った! ――NTTドコモ小野さんの“はじめての150日”(前編)

パパが育休をとった! 主夫になった!
ニューヨークに行った!
――NTTドコモ小野さんの“はじめての150日”(前編)

妊娠・出産インフォ

育児休業制度を利用して仕事を休み、生まれたばかりのわが子を育てたい――。そう思う男性は増えているようです。しかし、厚生労働省が2015年8月に公表した2014年度雇用均等基本調査によると、育児休業取得者の割合は女性86.6%に対して男性は2.3%。この数字には1日だけ育休をとった人も含まれるので、育児参加というよりは、出産したパートナーをサポートする意味で取得した男性も多くカウントされています。

01

そんな日本の子育て事情のなか、2015年8月1日から1年間の育休を取得した男性がいます。しかも、奥さまが海外留学することになり、それについていく形で渡米。はじめての子育て、はじめての主夫生活、はじめての海外生活を一度に始めることとなりました。

それが、NTTドコモを育児休業中の小野俊樹(35歳)さん。ニューヨークのご自宅で、8か月になるはるおくん(仮名)との生活について、奥さまの春奈さんも交えてお話をうかがいました。

子どもが生まれるという実感がわいてはじめて、育休をとることを考えはじめた

――はじめての子育てが“いきなり海外”ということになった小野さんですが、もともと「育休をとる」という考えは、小野さんのなかにはあったのでしょうか。

小野さん:子どもを授かる前から妻は留学する予定だったのですが、「育休をとる」ことをはじめて意識したのは、妻の留学が正式に決定したことがきっかけですね。妻の妊娠が分かったときは、まだ子ども持つ実感がなく、夫婦の会話の中で、私が育休を取得してアメリカに帯同することを一度断っています。今思えば、そのときは漠然とした不安が大きかった気がします。

その後、妻の妊婦検診についていき、エコーでわが子を見たり、妻が別の検診でもらってきたエコー写真の顔つきが自分たちに似ていたり、妻のお腹が動くのを見たりしているうちに、子どもが生まれるという実感が徐々に湧いてきました。その頃からだんだん「子どもがかわいい」と思う気持ちが強くなっていきました。

同時に、漠然としていた不安を「キャリアに対する不安」「お金に対する不安」「周囲に対する申し訳なさ」と言葉にしていきました。それぞれついて一つひとつ考えているうちに、漠然とした不安から、かわいい子どもと一緒にいるために“必要なもの”“必要なコスト”と捉えられるようになりました。“かわいいわが子と一緒にいたい”という気持ちと“必要なもの”“必要なコスト”を比べると、わが子と一緒にいたいという気持ちが勝り、育児休業を取ってみたいとはじめてそこで思ったんです。

 

子育ては肉体労働 育休は本当に“育児のための休業”だと実感! 

――子育て、主夫、海外生活と、まさに“はじめてづくし”だと思いますが、どの部分がいちばん大変だと感じますか?

02

小野さん:家事がやっぱり大変ですね。子どものペースに合わせてやらなくてはいけないので、まるで計画どおりにいきません。

午前中は洗濯をして、ゴミ捨てをして、と考えていても、妻が学校に行っている間、子どものいる部屋を離れるわけにはいかなかったり、子どもをおんぶしながら家事をやったりして、どうしても予定が狂います。子どもが起きているからこれをやろう、寝ているからこれをやろうと、その場その場で臨機応変にやらなければいけない点は、思い描いていた生活と違うところでした。勉強もしたい、本も読みたいと思っていたのに、なかなかそうはいかない。育休は本当に“育児のための休職”なんだとつくづく実感しています。

春奈さん:私が育休をとるといっても、誰も“何をする”かは聞きませんが、夫が育休をとるというと、「じゃあ、旦那さんは何をするの?」と聞かれます。“子育てのほかに何かできる時間があるのかな?”と思っていましたが、男性の育休と聞くと、人は子育て以外の目的を想定するのだなと驚きました。

小野さん:やってみてわかったのですが“子育ては肉体労働”。本当に体力がいります。ずっとおんぶして過ごさなくてはいけなかったり、子どもが「遊んで、遊んで」とせがんできたり。そんなときは思い切り遊んであげないと不機嫌になって、後で苦労します。だから、子どもをハイハイで追いかけたり、かくれんぼや肩車をしたり、けっこう体力を使いますね。会社で仕事をしているときは、走りまわるなんてことはなく、ほぼデスクに向かっていたので、今は真逆の生活です。

春奈さん:最初のうちは、私が授業から帰ってくるとものすごく夫が疲れていて(笑)。けれど、そんな顔をしているのに「夕ご飯つくったよ」と料理して待っていてくれて。はじめの1週間は私が夕食の下ごしらえをして学校に出かけていたのですが、勉強が忙しくなってそれどころではなくなってしまって。今では手際よくなっているし、食事もとてもおいしい。だからいつも褒めています(笑)。

小野さん:日本ではあまり料理はやっていなかったのですが、今はレシピサイトなどを参考にしながらつくります。こちらでも白菜や大根は売っていますが、小分けでは買えないので、ひとつの食材をいろいろな料理にアレンジすることが多いですね。

どれだけ毎日一緒に過ごしても「おっぱいがあるのは強い」

――いつぐらいから小野さんに安心して、はるおくんを任せられるようになりましたか?

春奈さん:授業が始まって1週間くらいで、もう大丈夫だなと思いました。母乳以外のことなら何でもできるし、こちらが何かいわなくても自分からできるようになりました。それだけでなく、お昼寝に関していえば夫のほうが上ですね。夫が留守中に私が昼寝をさせようとどんなにがんばっても、はるおは寝てくれません(笑)。

――小野さんは、だいたい何時頃に寝ていますか?

小野さん:子どもを21時半くらいに寝かしつけて、その後読書やブログの更新作業をやったりして、寝るのは24時過ぎですね。日中、体力を使うのであまり長く起きていられない。育休取得前の自分の一日を振り返ってみると、会社で22時まで仕事して帰ってくるのとそんなに変わらないなと思いました。仕事より、子育てのほうがへとへとになるので、よっぽど仕事を定時で終えて帰ったほうが、自分の時間がもてます。育休中にいろいろとしたいことをするイメージを持っていたのですが、その考えは甘かったです(苦笑)。

小野さんの1日のスケジュール例。朝7時半に起きてはるおくんが夜寝るまでの間、おしめをかえたり、寝かしつけたり、遊び相手になったり。その合間に掃除、洗濯、食事の準備などをこなす

小野さんの1日のスケジュール例。朝7時半に起きてはるおくんが夜寝るまでの間、おしめをかえたり、寝かしつけたり、遊び相手になったり。その合間に掃除、洗濯、食事の準備などをこなす

――春奈さんは、逆に子どもをもつ働き盛りのパパの気持ちがわかるのではないですか?

04

春奈さん:そうなんですよ。子どもと触れ合う時間が圧倒的に少なくて、はじめてつかまり立ちをするところを見たのも夫でしたし、朝起きて学校に行くときに、子どもが泣いていたらすごく後ろ髪を引かれる思いがします。働くお母さんは、子どもが風邪をひいたときに病児保育に預けて仕事に行くということもあると思うのですが、そういうときの気持ちがすごくわかるようになりました。

――はるおくんは、パパとママ、どちらに甘えますか? 

春奈さん:やっぱり、私のほうに甘えます。

小野さん:やはり、おっぱいがあるというのは強いです。

春奈さん:私はごはんをあげて、おむつを替えてという、ある意味“生命維持”を重視した世話を担当するわけですが、夫を見ていると、いかに子どもを笑わせようか、どうやって興味を引き出そうかと、とてもクリエイティブにお世話しています。子どもの世話以上のプラスアルファの部分をやってくれているなと感じますね。

小野さん:生後8か月になって体もずいぶんしっかりしてきたので、これからはもっといろいろな遊びをしたいなと思います。言葉を覚えるし、脳や心も育っていくフェーズに入ってくると思うので。

“パパと赤ちゃんだけ”の健診もアメリカでは当たり前

――はじめての子育てなので、なかなか答えるのは難しいかもしれませんが、日本とアメリカの違いを感じることはありますか?

小野さん:そうですね、まわりが寛容ということはあるかもしれません。実際に僕らが日本でいやな目にあったわけではないのですが、ニューヨークだと地下鉄の中で子どもが泣いていても何もいわれないですし、冷たい視線も感じたことはありません。まあ、こちらの地下鉄は音が大きいので、この子が泣いていても聞こえにくいということはあるかもしれませんが。あとは、ベビーカーを一人で押していると手伝ってくれる人が多いですね。

――パパがベビーカーを押していても、手伝ってくれる?

05

小野さん:そうです。階段をベビーカーで上りたいなと思っていると、たまたま階段の上にいた人が振り返って下りてきてくれたこともあります。こちらからいわなくても、まず手伝おうかという姿勢を感じます。

少し子どもが大きくなったからというのもあると思いますが、声をかけられることも多いです。日本だと「かわいいわねー」と年配の女性から声をかけられましたが、こちらでは年代も幅広く、男女関係なく話かけられます。「Cute(かわいい)」といわれることが多いですが、「Beautiful(きれいね)」「Adorable(愛らしいわ)」などの言葉も。日本人だとわかると「Future Samurai!(未来のサムライくん!)」という人もいて、表現力があるなと思いました。

春奈さん:あとは、乳幼児健診に行くと、お父さんが赤ちゃんを連れてきている人がけっこういます。日本だったらほとんど見ないと思いますが、待合室の半分くらいはそんな、お父さんと赤ちゃんだけで来ている人たちでした。

保育所探しのためのフェアに参加したときも、やっぱり参加者の半分くらいはお父さん。日本だと保育所探しはお母さんの仕事になっていることが多いでしょうが、お父さんたちが当然の義務というか、責任だと思っていて、当事者意識をもっているなと思いました。

*   *   *
おっぱいがあれば、ママと同じだけのパフォーマンスを発揮できそうな小野さん。お二人を見ていると、パパとママが子育てで力を合わせることが自然なことなのだなと感じます。後編は、日本とアメリカの子育て事情の違いをさらに詳しく教えていただきます。小野さんがパパ友イベントに参加した様子もお聞きします!
>>後編はこちら http://baby.mikihouse.co.jp/information/post-5122.html

【関連リンク】
小野俊樹さんのブログ『Appreciation of Life(人生をフルコースで深く味わう日)』
https://medium.com/appreciation-of-life

妊娠・出産インフォ トップに戻る