赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(20) 卒乳

赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(20)
卒乳

妊娠・出産インフォ

ママの腕の中でコクコクとおっぱいやミルクを飲む赤ちゃん。授乳は赤ちゃんとの強いきずなを実感させてくれる時間ですね。でも、赤ちゃんの成長とともにおっぱいを卒業する日がやってきます。

卒乳とは、赤ちゃんがおっぱいやミルクを欲しがらなくなり、ママが授乳をやめることです。「卒乳のタイミングの目安」「卒乳への準備」「卒乳後の寝かしつけ」などについてまとめました。

 

卒乳のタイミングは赤ちゃんによって違う

以前は授乳をやめることを「断乳」と呼び、離乳食が進んだら大人が時期を決めておっぱいやミルクを与えるのをやめるのが普通でした。最近では、赤ちゃんがおっぱいや哺乳瓶から離れていくのを待つ「卒乳」という形が広まっています。

生まれて数か月は、成長に必要なすべての栄養をおっぱいやミルクからとっていた赤ちゃん。離乳食が進んでも、授乳はスキンシップとして大きな意味をもっています。赤ちゃんは大好きなママからおっぱいやミルクをもらうことで安心感や満足感を得ているのです。

01

そのため、卒乳に最適な時期は赤ちゃんによってまちまち。1歳前に卒乳する赤ちゃんがいるかと思えば、3歳を過ぎてからやめる子もいます。早いから優れている、長く飲んだほうがいいというものではありません。

赤ちゃんがストレスなくおっぱいや哺乳瓶から離れることができ、赤ちゃんもママもハッピーに卒乳するにはどうしたらいいのでしょうか。卒乳をはじめるタイミングとそのための準備を紹介します。

卒乳の準備ができているかをチェック

赤ちゃんの卒乳の準備ができているかは、次の3つのポイントで判断します。

  • 離乳食を1日3回食べて、おっぱい・ミルク以外から栄養がとれている
  • 赤ちゃんがストローやコップを使って水分をとることができる
  • 赤ちゃんの体調がよく、ママも授乳をやめる心の準備ができている

先輩ママたちはこんなきっかけで、そろそろ卒乳のタイミングかな?と感じたようです。

「母乳が以前ほど出なくなってきて、子どももおっぱいを飲むというより乳首をくわえて遊んでいるようだったので」(20代ママ)

「子どもが離乳食をお腹いっぱい食べるようになり、ミルクを欲しがらなくなりました」(30代ママ)

「3回食になっても添い乳がやめられなかったのですが、職場復帰したら夜中に起きるのがつらくて卒乳を考えました」(20代ママ)

「歯が生えてきて、おっぱいを噛まれると乳首にキズができることがたびたびあり、このままでは乳腺炎になるおそれがあるといわれたので」(30代ママ)

こうやって見てみると、赤ちゃんは乳離れの準備ができたことをいろいろな形でママに伝え、ママも赤ちゃんの成長を実感して授乳の必要がなくなってきたことを感じるようです。

 

目標を立てて生活習慣を整えましょう

卒乳は赤ちゃんにもママにも無理がないように、1か月ぐらいはかけるつもりで、あせらずゆっくり進めていきます。まずは赤ちゃんにいつかは卒乳することを伝え、そのための生活習慣を整えましょう。

1歳前後になると、赤ちゃんは大人のいうことをだいたい理解できるようです。そろそろ卒乳できそうだと思ったら、突然授乳をやめるのではなく「大きくなったら、みんなおっぱい(哺乳瓶)とバイバイするんだよ。○○ちゃんもできるかな」などと言い聞かせてみましょう。「あと○回寝たらバイバイね」と親子で目標を立てるのもいいですね。

また、卒乳のためにはおっぱいやミルクに頼らないで眠る練習も必要です。就寝時間の30分ぐらい前からママ、パパとお布団に入ってスキンシップを楽しみ、絵本や子守歌で穏やかな時間を過ごす習慣をつけましょう。

昼間に思いっきり体を動かして遊ぶこと、生活リズムを整えておくことも大事です。

 

卒乳の日は「欲しがっても与えない」が基本

卒乳への準備は次のように進めていきましょう

1.まず離乳食の後の授乳の時間を短くしていきましょう。それまで10分あげていたら、8分で切り上げる。それで大丈夫なら次の日は7分、その次の日は6分という具合に。授乳量が減ると母乳の分泌量が減ってくるママもいます。ミルクの子は作る量を少しずつ減らしていきましょう。

2.食後の授乳時間を短くしても赤ちゃんが気にせず、おっぱいや哺乳瓶をすんなり離すようなら、その他の授乳時間も同じように減らしていきます。

3.授乳時間が短くなったら、一日の授乳回数も減らしましょう。昼間の授乳ならおやつや飲み物をあげたりすることで比較的簡単にやめることができるでしょう。だいたい1週間から10日ぐらいできたら、いよいよ夜の授乳もやめることを考えましょう。

4.夜の授乳をやめて完全に卒乳すると決めた日は、「欲しがっても与えない」が原則です。でもどうしても、おっぱいや哺乳瓶があきらめられずに泣くようなら、まだ赤ちゃんの準備ができていないということ。無理をせず、2~3か月開けて再チャレンジするのがおすすめです。

先輩ママからは、こんな経験談を聞きました。

02

「卒乳の日を決めましたが、泣きじゃくっておっぱいを欲しがる子どもを見て、ついつい与えてしまいました。そして、翌日に『今日こそは!』と思って臨みましたが、この日も断念。結局3か月くらいたってから再度トライしました」(30代ママ)

「うちはミルクだったのですが、ミルクは哺乳瓶で、ほかの飲み物はマグでというふうに使い分けるようになりました。マグに抵抗がないようだったので、ミルクもマグに入れて飲ませようとしたところ、断固拒否。哺乳瓶がこの子にとっては、おっぱい代わりだったのだなと思いました」(40代ママ)

母乳の子もミルクの子も、苦労があるのですね。卒乳のときにはスキンシップ不足にならないように、抱っこしたり、一緒に遊んだりすることを心がけて「ママはあなたが大好きよ」と愛情をいっぱい伝えてあげましょう。

卒乳は赤ちゃんにとって大きな変化になるだけでなく、授乳をやめたママの体はホルモンバランスが大きく崩れるため、疲れやすくなるなど不調をきたすこともあります。そのため、パパの協力も欠かせません。あせらずよいタイミングを見計らってはじめてみましょう。また、引っ越しや保育園などへの入園で環境が変わる時期はストレスが大きいので、卒乳を避けたほうがいいでしょう。

仕事復帰のためなどママの事情で卒乳しなくてはいけない赤ちゃんもいます。そんな場合でも、いきなり授乳をやめるのではなく、少しずつ進めていくと楽にできるでしょう。

卒乳後の寝かしつけはルーティーンで

「卒乳したらどうやって寝かしつけるの?」と心配なママもいるでしょう。先輩ママたちはこんな寝かしつけを実践しています。

03

「卒乳してから、眠る前には必ず絵本を読んであげるようにしています。子どもに本を選ばせてお布団の中で読み聞かせをすると満足するのか、すっと寝入ってしまいます」(30代ママ)

「一緒に寝転んで童謡を聞きながら、ハグしたり、チュッチュしたり、いっぱい愛情を表現したら、額の真ん中をクルクルと軽くなでます。母に教えてもらった方法ですが、毎日これをすると自然と眠たくなるようです」(20代ママ)

「抱きしめて『おやすみ』をいった後はしばらく背中をトントン。5分ぐらいしたら手を止めてひたすら寝たふりをします。子どもが起きて遊びはじめてもとにかく寝たふり。そのうちあきらめて寝てしまうようですが、私のほうが先に眠ってしまうこともしばしばです(笑)」(30代ママ)

気持ちが落ち着くように、寝る前にいつも同じことをするとすんなり寝てくれることが多いようです。

赤ちゃんの卒乳はパパにとってもうれしい成長です。

「卒乳したので、ママに代わって寝かしつけをするようになりました。僕の手を握って眠る姿がかわいくてたまりません。ママも楽になったと喜んでいます」(20代パパ)

「私とお風呂に入るとおっぱいが恋しくなるようだったので、卒乳の時期は入浴から寝かしつけまでパパが面倒をみてくれました。もともと育児に積極的なパパなので、子どもがいっそうパパっ子になりました」(30代ママ)

「ママのおっぱいを感じてしまうと卒乳が遠ざかると思い、卒乳する少し前から、風呂に入れるのはもちろん、風呂上がりに麦茶をやるのも僕の役目にしました。卒乳したことによって、おっぱいがない僕もやっと妻と対等に親として子どもに向き合えるようになった気がして、うれしくなりました」(30代パパ)
パパと赤ちゃんのコミュニケーションがより深くなるのが、卒乳後なのですね。

ママ、パパの愛情をいっぱい浴びて絵本を読んでもらったり、遊んだり。おっぱいがなくても安心でき、穏やかに過ごせれば、赤ちゃんは泣かずにすむでしょう。ママは赤ちゃんのお世話がちょっぴり楽になります。

 

ママの心の準備はOK?

思っていたとおりに卒乳ができないケースには、どんなことが考えられるでしょうか。まずは苦い経験のあるママに話を聞きました。

「夜中に目を覚ましておっぱいを欲しがって泣くわが子を見ていたら、かわいそうになって授乳してしまいました。すると次の夜も泣かれてしまい、夜中の授乳だけはやめられませんでした。結局2歳半まで授乳を続けました」(30代ママ)

「わが子におっぱいをあげている時間が大好きだったので、きっぱりやめることができず、幼稚園に入園するまで授乳しました。3歳になると子どもなりに恥ずかしかったようで、お友だちの前では絶対に欲しがりませんでした。今思うと、卒乳が遅くなってかわいそうなことをしたかもしれません」(40代ママ)

共通しているのは、ママの心の準備ができていなかった点のようです。

また、母乳のママはおっぱいが張って我慢できなかったということもあるようです。授乳の量を減らすと母乳の分泌も少なくなることが多いのですが、おっぱいがパンパンになってしまう場合は、お風呂の時間に搾乳しましょう。一日に何度も搾乳するとそれが刺激になってまた母乳が作られてしまうので、搾乳しすぎないように気をつけることも大切です。

卒乳後、おっぱいにしこりができて痛いようであれば、乳腺炎のおそれがあります。病院で母乳マッサージをしてもらうなど治療を受けましょう。乳腺が詰まりやすくなる乳製品や糖分、油分の多い食品を控えることも忘れないで。

授乳は、ママにとっても至福の時間。どんなママでも、おっぱいやミルクをあげられなくなって寂しくなる気持ちは同じです。そこを子どもの成長と思って納得し、喜んで卒乳することがママには必要です。

卒乳する時期、卒乳までにかかる時間は赤ちゃんによって違います。無理のないときに、無理のない方法で進め、一回で卒乳が完了しなくても、またトライすればいいと思って、その子のペースを大切にし、気長に取り組みましょう。

卒乳は成長の大きな節目です。ママ、パパの愛情をいっぱい感じて、日々すくすくと成長している赤ちゃんの背中をそっと押してあげられるといいですね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る