2人目のタイミングっていろいろ悩む? パパ座談会

2人目のタイミングっていろいろ悩む? 
パパ座談会

妊娠・出産インフォ

日本から少子化問題をなくしたいという想いのもと「夫婦の出産意識調査」を2013年から実施している一般財団法人1more Baby応援団(理事長:森まさこ)が、今年も全国の結婚14年以下の既婚者(男女)2,958人を調査し、その結果をまとめました。

「子どもは2人以上が理想」と回答した夫婦は過去最高の81.1%となり、2013年の調査開始以来、増加し続けていることがわかりました。その一方で、73.5%の夫婦が経済的、年齢的、仕事上の理由などで「2人目の壁」の高さを感じていることも明らかになりました。2人目が欲しいと思いながらも、育児の環境やママの仕事のキャリアを考えて、迷ってしまうパパ、ママも多いようです。

また、子どもが2人以上いるパパ、ママの98.2%が「現在の家庭に幸福を感じている」との回答も。子どもたちに囲まれた生活に、ほとんどの夫婦がたしかな幸せを実感しているようです。

62_01

一般財団法人1more Baby応援団「夫婦の出産意識調査2016」より
※クリックで大きく表示されます

そこで今回は、2人目が欲しい新米パパ、すでに子どもが2人いる先輩パパ、各2名計4名のパパに集まっていただき「2人目のタイミング」について、ざっくばらんに話し合っていただきました。

【座談会メンバー】
◆ 2人目が欲しいパパ ◆
Iさん/39歳、東京都世田谷区在住。会社員。9か月の女の子のパパ。妻はデザイナーで最近職場復帰。二人目を考えているが、いつがいいか悩んでいる。

Aさん/38歳、東京都練馬区在住。書店員。3年の不妊治療で授かった1歳9か月の女の子のパパ。妻は職場復帰し、フルタイムで勤務中。

◆ 先輩パパ ◆
Kさん/36歳、東京都国分寺市在住。会社員。5歳の女の子と2歳の男の子のパパ。11月には三人目が生まれる予定。フルタイムで働いている妻は9月から産休に入る。Kさん自身も1か月の育休を取るつもりでいる。毎朝、保育園に子どもを送るのはKさんの担当。

Tさん/30歳、東京都目黒区在住。外資系保険会社勤務。2歳の女の子と、11か月の女の子のパパ。妻は2人目の出産を機に専業主婦に。仕事が忙しく、子どもたちとの時間がなかなか取れないのが悩み。

 

パパが2人目、3人目の子どもを欲しいと願う理由

Iさん:僕は自分が3人兄弟で、ケンカもしたけど、毎日楽しかった。大人になってお互いに家庭を持っても、遠くに住んでいても、兄弟の関係って変わらない。今9か月の娘にもそんな人間関係を与えてやりたいんです。僕(39歳)と妻(37歳)の年齢を考えると、早く2人目が欲しいです。

62_02

Aさん:僕はもともと子どもが大好きなんです。とくに赤ちゃんってかわいくて、いとおしい。でも、1人目を不妊治療で授かったことを考えると、2人は無理かもと思ったりもします。娘が赤ちゃんのころ、仕事が忙しくて何もしてあげられなかったので、もし2人目に恵まれることがあれば、もっと手をかけて育てたい。できれば今度は男の子を育ててみたいですね。

先輩パパKさん:5歳の女の子と2歳の男の子がいます。上の子が生まれて、子どもが一人の人間として成長するためにも、兄弟姉妹がいたほうがいいかなと思ったんですよね。現在、フルタイムで働いている妻は今3人目を妊娠していて、11月に出産の予定です。

先輩パパTさん:うちの場合は、娘2人は年子で15か月しか離れていません。下の子の妊娠がわかったのは、妻がまだ上の子に授乳していたときでしたから、まさかとびっくりでした(笑)。2歳児と0歳児の世話で、妻は毎日大変そうなんですが、成長していく子どもたちを見ているのは楽しいです。僕も妻も3人兄弟なので、もう一人欲しいかな。

ずばり、金銭的な問題の悩みはどう解決する?

62_03

先輩パパKさん:僕と子どもたちの一日は、朝6時45分に起きて出勤する妻を見送ることから始まります。それから3人でお風呂に入り、朝ごはんを作って食べさせて、保育園に送っていくのが日課。僕はそれから出社します。はじめのうちは大変でしたが、慣れれば何とかやれるものです。
最近は子どもたちをキャンプに連れていくこともあります。自然の中で、大人には考えもつかないような遊び方をしたり、予想外の反応をする姿が面白い。子どもの成長につれて、家族の時間がどんどん楽しくなるんですよね。

Iさん:それはすごい! うらやましい! 僕なんて朝、出勤前のわずかな時間を娘と過ごすだけです。
Kさんの奥様はフルタイムで働いておられるそうですね。3人目を作ることに迷いはなかったんですか?

先輩パパKさん:いや3人目は偶然です。妻がひそかに計画したというのでなければ(笑)。僕と妻との関係は最初の子どもが生まれる前と後では、ずいぶん変わりました。僕は僕なりに頑張っているつもりだけど、ママになった妻にはかなわない。3人目の子どもがお腹にいても、朝は4時半に起きて家事をこなしてから、仕事に行きますから。たくましいし、立派です。

先輩パパTさん:たしかに女性って、ママとしてどんどん進化するような気がします。娘たちがすくすく育って、僕が家族といる幸せを感じていられるのは妻のおかげ。妻から僕は娘たちをほめる役でいてほしいって言われています。しつけは自分がするからと。僕は娘たちと過ごす時間が短いのでありがたいです。

先輩パパKさん:実は妻の育休明けに合わせて、僕も1か月の育休を取ろうと考えています。もう一人増えると、3歳違いの子どもが3人。うちの中は今以上に、にぎやかになるんでしょうね。

Aさん:あの、子どもが増えるにあたって、ずばり経済的な負担って気にしませんでしたか?

先輩パパKさん:今のところ、1人が2人になったら、保育園代は2倍になりましたけど、それ以外の部分でお金がかかるという実感はないです。将来の教育費とかはちゃんと考えておかなければいけないでしょうけど。

happy children study in the classroom

先輩パパTさん:たしかに、子どもの数が増えれば、将来的に塾や習い事、そして「私立の学校に行かせたりするのかな?」とか考えると負担を感じないわけではありません。とくにこの不景気で、私が勤める会社もいつどうなるかわかりませんし、絶対安心とも言い切れません。

今は、妻は子育てに専念してもらっていますが、子どものために世帯収入を増やす必要があれば働いてもらいたいし、妻も働きたいと思っています。しかし、私の住むところも保活激戦区なので、娘たちが小学生に上がってから、妻も働くことを夫婦で話し合って決めました。なので、私たち夫婦の場合は、2人目をすぐに授かったのはよかったのかなと。逆に本当に3人目を望むのであれば、あまり間を空けてしまうと、また妻が仕事ができなくなるので、ここは家族計画を夫婦でしっかり話し合う必要がある。ですので、IさんとAさんも2人目が欲しいのであれば、早いほうがいいんじゃないかなとは個人的に思いますね。

Iさん:子どもが2人以上いる友人や知り合いは、口をそろえて「子どもが多いのは経済的にも、精神的にも大変だけど、でもやっぱり楽しいよ」って言うんです。僕も大変でも楽しいほうがいいというタイプの人間。子どもにも、いろいろ我慢させることがあるかもしれないけど、それも家族というチームで一緒に乗り越えられたらいいかな。そんな中で生きていく力とか、知恵とかを身につけていってくれるといいなと思います。

ママの幸せがパパの幸せ まずはママの気持ちに耳を傾けて

Iさん:仕事で思うように育児参加ができていない僕ですが、仕事の充実感と子育ての充実感って、また違いますよね。子どもの寝顔を見るだけで、じわーっと幸せ感がわいてくる。ところが子どもを2、3人欲しいと思っても、最近、妻は娘の世話で精一杯。「2人目どうする?」という話をしたくても、なんとなくきっかけがつかめない。妻の本音はどうなのか、どうしたらいいのか、ちょっと困っています。

先輩パパTさん:「そろそろ2人目が欲しいね」って夫婦で話をすることがきっかけになりませんか。

先輩パパKさん:私の妻は1人目が生まれて、すぐに2人目が欲しかったけど、仕事も続けたかったし、自分から言いだせなくて悩んだと言っていました。でも産むことを決めたから、僕は朝の子どもの世話を担当できたし、最近は上の子が下の子を世話したり、一緒に遊んだりと大きな戦力になってきました。何だか「家族」になってきたぞって感じなんですよね。

先輩パパTさん:わかりますよ。みんなで支え合うのが「家族」だと思うし、妻の望みを叶えるのも夫の幸せ。とにかく悩んでいるより、いつがよさそうかとか、夫婦ふたりで考えたらいいんじゃないかな。

62_05

Iさん:ふたりで考えること…たしかに、それをまずきちんと口に出してお互いの本音を言い合わないといけないと思うのですが、子どもを寝かしつけて、次の日も仕事がある妻との間になかなか夫婦だけの時間がないというか。妻も疲れているなぁと思うと、夜の営みもしづらいというとか…。

先輩パパKさん:もし、仕事を早く切り上げて帰宅時間を早めることができれば、寝かしつけはIさんがやってあげると、奥さんにも精神的な余裕ができるんじゃないかな。うちの場合は、お互いの職場の事情や仕事上のスケジュールをすり合わせて、今のところは火曜と木曜は私が仕事を早く切り上げて、子どもたちのお風呂から寝かしつけを担当することにしています。その日は逆に妻の帰宅が遅いのですが、こうやって「夫もちゃんとサポートしてくれる」という姿を妻に見せないと現実的に「もう一人子どもが欲しい」という気持ちには、奥さんもなれないかもしれませんね。

先輩パパTさん:たしかにうちの職場の女性は、わりとキャリア志向の社員が多くて、子育ての期間に時短勤務にするだけでもわだかまりを抱えたり、「もっと本当は最前線で仕事をしたい」というジレンマに悩みながら仕事をしている同僚が多かったりします。そういう意識だと、なかなか2人目を産み育てる、という気持ちになれないですよね。

でもこれは彼女たちだけの問題ではなくて、身近なところでいうと夫のサポートがあるかないか、そしてその夫のサポートを得られやすくするためには、夫が勤める会社や職場の環境が子育てに理解があることが重要になってきますし、日本全体でいうと、男性が育児参加できる職場環境づくりを国として進めないと、日本の少子化は止まらないですよね。

62_06

Aさん:不妊治療でやっと子どもを授かった僕は、みなさんとは事情が違うけれど、娘が2歳を過ぎたら、次の子のことを考えたいと思っています。不妊治療って身も心も疲れ切ってしまうので、妻がかわいそうと思う気持ちと、子どもには兄弟がいたほうがいいという思いで複雑です。でも、妻もできれば2人目が欲しいと言っているので、希望は捨てずに、あまり思いつめずという感じで、取り組んでいけたらと。でも、今日のみなさんのお話を聞いて、もっと私も妻の負担を減らしてあげないとなと思いました。そのために、今の自分ができることから始めようかと。まだまだ家事はできると思うので、まずはそこから始めようと思います。

*    *    *

今回「2人目のタイミング」というちょっとデリケートなテーマを話し合ってくださった4人のパパたち。子どもたちと寝起きをともにするパパ、もっと子どもと一緒にいたいと願う残業続きのパパ、不妊治療を乗り越えたパパと子育て事情はそれぞれでも、その話からはママへの思いやりとわが子の健やかな成長を願い、「今も幸せだけれど、できればもう1人欲しい」という気持ちがひしひしと伝わってきます。

前出の意識調査の中でも、子ども1人の家庭のうち65%以上が「できれば子どもは2人以上がいい」と答えています。「もう1人子どもがいたら、もっと楽しいだろうな」そんなパパ、ママの素直な気持ちを大切にして、2人目のタイミングを話しあってみるのもいいかもしれませんね。

 

【参考資料】 夫婦の出産意識調査2016/一般財団法人1 more baby 応援団
http://www.1morebaby.jp/release/2016/0530.pdf

妊娠・出産インフォ トップに戻る