<妊娠後期の方へ>やすのり先生のなんでも相談室 妊娠中の体のギモンにお答えします!

<妊娠後期の方へ>
やすのり先生のなんでも相談室 
妊娠中の体のギモンにお答えします!

妊娠・出産インフォ

妊娠後期はママの体重が増加し、貧血にもなりやすい時期。体が大きくなると普段できていたことができなくなったりと、生活に不安を感じることも少なくありません。そこで今回も、ミキハウスの会員限定コンテンツより慶應義塾大学名誉教授の吉村泰典医師のインタビューを一部抜粋。妊娠後期に抱きがちな疑問について、先生の解説を紹介します。

*  *  *

赤ちゃんの低体重ってどうして起こるんですか?

Q.理想の体重増加量を教えてください。

もともとのお母さんの体重にも左右されますが、痩せ型の方ですと妊娠前から分娩まで+10~12kgほどでしょう。そうでない方であれば、+6~7kgと考えていいと思います。

Q.低体重の赤ちゃんが増えているのはなぜですか?

ひとつにはお母さんの体重の問題があります。最近では痩せ型の妊婦さんが非常に増えてきていますが、お母さんの体重が増えないと、赤ちゃんは低体重になる傾向があります。例えば妊娠経過中に体重が5kgしか増えないと、赤ちゃんが非常に小さくなってしまうんです。

ちなみに、20~30年前に比べると赤ちゃんは平均で200gほど小さくなっています。低体重で生まれると、未熟児が多くなることになり、産まれてから病気に感染しやすかったり、発育に障害をきたすことも考えられます。

Q.赤ちゃんが低体重にならないため、気をつけるべきことは何ですか?

やはり妊婦さん自身が食事、カロリーをしっかりとることでしょう。最近はもともと食事の摂取カロリーが少ない女性が多く、その食生活のまま妊娠するケースが少なくありません。普段からバランスの良い食事を心がけながら、しっかりとカロリーをとってくださいね。

 

妊婦さんが貧血になりやすい理由

Q.妊婦さんはなぜ貧血になりやすいのですか?

妊娠末期になると血液量がおよそ1.4倍になると言われているように、妊婦さんは血液量がどんどん増えます。するとどうしても血液中に水分が多くなって、「水血症」という血が非常に薄い状態になってしまうのです。こうなると鉄分を普通にとっていても、鉄分不足になることがよくあります。

つまり、ほとんどの妊婦さんは貧血状態になりやすいのです。ですからほうれん草やレバーといった鉄分が豊富なものを積極的に食べるなど食事に気をつけることが必要です。あまりに貧血がひどい場合は鉄剤を飲むことも大切。

また分娩時は一般的に500mlほど出血するのですが、貧血の方はより出血が多く、分娩時にさらに貧血が重症化することもあります。ですので、分娩前にはできる限り貧血にならないよう心掛ける必要があるでしょう。

 

妊婦さんにとっての適度な運動とは?

Q.してもよい運動としてはいけない運動を教えてください。また、家事はしても大丈夫ですか?

01

軽めの運動はどんな運動でも問題ないと思いますし、一般的に妊娠後期には積極的に動いた方がいいとされています。20週目頃からマタニティービクスや妊婦水泳をされる方も多いです。ですが、瞬発力を要求されるような激しい運動や、飛んだり跳ねるものは避けましょう。

ただし運動する際には、必ず胎盤の位置や子宮収縮の様子を病院で診てもらってから行うことをおすすめします。38~39週目頃の分娩前は、お腹が大きくてなかなか動けないものです。そういった時には、1時間前後のゆっくりとした散歩がいいと思います。とは言っても、その時期には例えば転んでしまったり、交通事故に遭うことも考えられないわけではありませんので、ご主人など誰かと一緒に散歩することをおすすめします。

もちろん家事や掃除も、全く問題ありませんよ。

Q.お腹が張るのは、どういう状況ですか?

これは子宮が収縮しているサインです。極端に言えば、「赤ちゃんを出したい」という体の合図で、早産などの場合はよく張ると言われているんです。

早産かどうかを見極めるポイントですが、妊娠時に妊娠陣痛という言葉があるように軽い痛みを感じることがあります。これは5~10秒ほどで落ち着くもので、少しいすに座って休むと痛みは和らぎますが、もし痛みが止まず子宮収縮が持続的にやってくると早産になりやすくなるんです。

そういった場合には、病院で赤ちゃんが出てくる子宮の頸管が開いていないかなど診てもらい、開いている場合には点滴などで治療の必要があります。目安は、座っていても痛みが30秒以上続く場合は、受診をおすすめします。

002

大切なのは妊婦さんを見守るという空気

Q.職場や家庭でお腹が張っている人がいた場合、周りはどのようなことに気をつければいいですか?

例えば30秒以上張りがある場合は、職場で働いていても一旦仕事を辞めて病院にかかった方がいいでしょう。妊婦さんが周囲にいる場合には、注意を払う必要がありますし、協力する環境が不可欠です。上司の理解を含め、職場全体でしっかり見守ろうという空気が欠かせないでしょう。

*  *  *

体が大きくなる妊娠後期は、これまで以上にママの体の健康が大切です。バランスの良い食事や適度な運動をはじめ、ストレスをため込まないことなど、自分自身の体を一番に考える生活を心がけてくださいね!

 

03

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。産婦人科医、慶應義塾大学医学部教授。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次・第3次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。

妊娠・出産インフォ トップに戻る