《絵本特集 第2弾》 「赤ちゃん絵本からはじめよう」 “読み聞かせのプロ”が語る絵本の親しみ方

《絵本特集 第2弾》
「赤ちゃん絵本からはじめよう」
“読み聞かせのプロ”が語る絵本の親しみ方

妊娠・出産インフォ

絵本の読み聞かせの効能について東京大学の研究者に話を伺った前回(http://baby.mikihouse.co.jp/information/post-8153.html)。読み聞かせは、子どもの言語習得や読解力の育成はもちろん、親と子のコミュニケーションにおいて重要な役割を果たしているということが分かりました。

特集第2弾は、絵本の読み聞かせを職業とされている“プロ”にインタビュー。子どもたちのリアルな反応を知っている方に、特に乳幼児期における「読み聞かせのコツ」をお聞きしました。プロの実演動画も掲載しているので、ご家庭での読み聞かせのヒントにぜひご活用ください!

 

服のサイズが変わるように”ぴったり”の絵本も変わる

今回、お話を伺うのは「聞かせ屋」のけいたろうさん。元ストリートミュージシャンで、保育士経験もあるプロの絵本読みです。夜の路上で大人に絵本を読み始めたのをきっかけに、現在は子どもへの読み聞かせ、絵本講座、保育者研修などを全国各地で開催されています。ご自身も一児の娘さんのパパであり、公私ともに絵本の読み聞かせの現場を熟知されています。

そんなけいたろうさんのもとには全国のパパやママから日々、絵本の読み聞かせについての相談が届くのだそう。

中でも多いのが、“ブックスタート”と呼ばれる、赤ちゃんと絵本の最初の接触の時期の「うちの子、どうやら絵本にまったく関心がないみたいなんです」という親御さんのお悩み。親としては絵本が好きな子に育ってほしいという強い思いがあるのに、赤ちゃんが反応を示さないことを残念に感じているようです。

それに対して、けいたろうさんは「その絵本自体が、赤ちゃん向けではない可能性があります」と指摘します。

「子どもが大きくなるにつれて服のサイズを変えるように、 “ぴったりの”絵本も変わっていきます。しっかりとした物語を楽しめるようになるのは、3〜4歳ぐらいから。それ以前の乳児期の赤ちゃんにとって絵本は、親とのコミュニケーションツールとしての側面が大きいと思います。ですから、『赤ちゃん絵本』と呼ばれている乳児を対象にした絵本は、物語というよりも、親と子の触れ合いが生まれるような絵本が多いんですよね。小さなお子さんは、まずはこういった赤ちゃん絵本から、本というものに親しんでいってほしいと思います」

うちの子は絵本が好きじゃないのではないか。そう心配されるママやパパもいるそうですが、そうした場合には、「『赤ちゃん絵本』を試してみられたら、また違う反応が返ってくるかもしれませんよ」とけいたろうさんは言います。

「赤ちゃん絵本はいろいろなところから出ていますが、たとえば『0歳からのあかちゃん絵本』というシリーズに、目を覆っている猫が表紙の『だあれだ だれだ?』(ポプラ社)という作品があります。有名な『いないいないばあ』(童心社)とお話の構造は似ていますが、こちらの方がよりシンプル。大人が読むと“たったこれだけ?”って思われるかもしれませんが、赤ちゃんに読むと反応がいい絵本なんです。こういう赤ちゃん絵本を読み聞かせすることで、まずは親子のコミュニケーションを深めていってほしいですね」

86_01

小さな赤ちゃんへの読み聞かせで大切なのは選書だけでなく、読み聞かせ方も同じ。例えば、先に挙げた『だあれだ だれだ?』には「だあれだ だれだ? ねこさんだよ。ねこさん おさかな だあいすき。あむ あむ あむ。」というような一節があります。こうした箇所を例に、けいたろうさんはこう説明します。

「ここの一節は、ふつうに読み上げるだけでも、言葉のリズムが良くて楽しいですよね。赤ちゃん絵本は、リズムの良い絵本が多くあるので、(絵本を)読んであげるというよりも歌を唄ってあげるという意識で臨むのがいいかもしれません」

けいたろうさんによると、人気の高い「赤ちゃん絵本」には、必ず “おいしい音”(=赤ちゃんが喜ぶような音)が入っているのだそうです。「まみむめも」、「パピプペポ」、「バビブベボ」のように上下の唇をくっつけて発する音がそれにあたります。

『まんまん ぱっ』(童心社)は1歳9ヶ月のうちの娘も大好きな絵本なのですが、おいしい音がたくさん含まれています。また、『いろいろ ばあ』(えほんの社)は色への興味を促しながら、同時に『ばぁ!』、『ぶにゅ!』、『ぷくーっ』など、これもおいしい音がいっぱいです。言葉の意味は分からなくても、親子で一緒に音や言葉のシャワーを浴びるというような感覚で読み聞かせするのがいいのではないでしょうか」

 

「繰り返し」ながら子どもの個性に合うテーマを選んで

86_02

今回、けいたろうさんがオススメしてくださった絵本の数々

続いて伺ったのは「赤ちゃん絵本」の次のステップ。徐々に言葉を覚え始めた子どもには、どういった本を読み聞かせしたらよいのでしょうか?

「リズムや語感の良さは引き続き大事にしつつ、次第にその子どもの個性に沿った絵本を読み聞かせてあげるといいかもしれません。例えば、散歩好きのうちの娘は『いちにのさんぽ』(アリス館)という絵本に夢中です。女の子が散歩しながら色んな動物に出会うことを繰り返すお話なのですが、読んだ後は電柱に向かって『こんにちは』と挨拶したりしてします」

つまり動物に興味のある子どもには動物に関する絵本を、乗り物に興味のある子どもには乗り物が出てくる絵本を、といったように子どもの趣味趣向にあわせた本を選び、読み聞かせるときもリズムや語感の良さを意識してあげることがポイントのようです。

86_03

けいたろうさんが保育士として保育園の1歳児クラスを担当していたときのこと。クラスにはすでに電車に強い興味を示す男の子がおり『しゅっしゅぽっぽ』(教育画劇)という汽車の絵本をよく読んであげたそうです。



このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Pleae enable JavaScript to watch this content.

「あの本は電車好きの子には“鉄板”でしたね。『読んで、読んで』と泣き崩れる子もいるぐらい(笑)。ちなみに、『しゅっしゅぽっぽ』はアメリカ公演をしたときも、外国人の子どもたちにウケがよかったんですよ。日本語なんてわからないのに、描かれている絵のトーンや音の響きが楽しかったんだと思います。僕は思うんですけど、本当にいい絵本って、性別や言葉を超えて届いていくものなんですよね」

この章で挙げた、『いちにのさんぽ』と『しゅっしゅぽっぽ』にはある共通項があるとけいたろうさんは言います。それはいずれも、物語が基本的に「繰り返し」の構造だという点。同じ言葉や内容が繰り返されて展開するこれらの絵本。音や響きがより重視される「赤ちゃん絵本」の次は、同じ展開が繰り返される絵本がオススメなんだそうですよ。

「名作『おおきなかぶ』が分かりやすいですが、繰り返しの絵本というのは、その時その時で“楽しみ”が来るようになっています。展開が毎回同じなので、子どもにもとても分かりやすい。僕が文章を担当して2014年に出版した『どうぶつしんちょうそくてい』『どうぶつたいじゅうそくてい』(いずれも、アリス館)も繰り返しのモチーフを大切にしていますよ」

絵本選びに迷われるパパ、ママがいらっしゃったら、「繰り返し」の構造を守りながら、かつ子どもの興味や関心に合ったテーマの絵本を選んであげるといいかもしれませんね。

 

親と子がお互いに楽しんで読むのが一番大事

86_04

実体験に基づきながら、絵本の読み聞かせの現場について語ってくれたけいたろうさん。ただ、家庭での読み聞かせの場合は、あまり細かい点に神経質になりすぎる必要はないということも強調されました。

「読み聞かせ方について、子育て中のパパやママによく質問されることがあるのですが、何よりもパパやママが楽しく読むのが大事だと思います。パパやママが読み聞かせしてくれるだけで、十分子どもは喜んでくれます。絵本の読み聞かせにおいても『○○しなきゃいけない』という決まりごとは一切ありません。ご両親にはぜひお子さんと一緒に自分も楽しみながら、自由な気持ちで読み聞かせしていただきたいです」

けいたろうさんによると、家庭での赤ちゃんへの読み書かせの様子を観察していると、子どもは絵本よりもママ、パパの顔をうれしそうに見上げていることも多いのだとか。あまり肩肘張らずにリラックスして、そして考えすぎずに親子で楽しみながら絵本をたくさん読んであげるのが一番なのかもしれませんね。

 

《プロフィール》
聞かせ屋。けいたろう
夜の路上で、大人に絵本を読み始めた、聞かせ屋。延べ4ヶ月の渡米公演を経て、読み聞かせ、絵本講座、保育者研修会で日本全国を駆け抜けている。絵本作家として、絵本の文章も担当している。元保育士。一児の父。
著書に『どうぶつしんちょうそくてい』(アリス館)「絵本カルボナーラ」(フレーベル館)ほか。
[ホームページ]http://kikaseya.jp

【著書絵本】
『どうぶつしんちょうそくてい』(アリス館)
『どうぶつたいじゅうそくてい』(アリス館)
【絵本ガイドブック】
「絵本カルボナーラ~おいしい絵本を召し上がれ~」(フレーベル館)

妊娠・出産インフォ トップに戻る