風邪は? お熱は? 肌荒れは? 赤ちゃんとすごす「初めての冬」

風邪は? お熱は? 肌荒れは?
赤ちゃんとすごす「初めての冬」

妊娠・出産インフォ

初めての冬を迎える赤ちゃん。外は寒いので、まだ小さな赤ちゃんは、ほとんどの時間をお部屋ですごしていることでしょう。そんな暮らしの中でも、お熱を出したり、鼻水が出たりということは、よくあること。

また、外気が乾いているうえに、暖房でお部屋の空気も乾燥しているこの季節は、赤ちゃんのお肌も荒れがちで、スキンケアは欠かせませんね。

01

小児医療の最先端の現場で、多くの子どもたちの治療にあたる阪下和美先生は、家に帰ると、3人のお子さんを育てる超多忙な先輩ママ

そこでミキハウス「出産準備サイト」は、冬の赤ちゃんに起こりがちな健康上のトラブルとその対処法について、国立成育医療研究センターの小児科医・阪下和美先生に教えていただきました。

 

お外に出ない小さな赤ちゃんでも、油断しないで

インフルエンザを代表とする冬の感染症。大人でもつらい症状が出るものですが、小さな赤ちゃんがかかってしまうと、なおさら大変です。ウィルスや菌から赤ちゃんを守るためにママ・パパは何ができるのでしょうか。

一般的に赤ちゃんはママから抗体をもらっていて、生後6か月までは風邪をひきにくいと聞きますが、阪下先生はこう言います。

「たしかに赤ちゃんには、おなかの中にいる時にママからもらった抗体があり、生後数カ月間は赤ちゃんを守る効果が持続します。しかしママがすべてのウィルスや細菌に対する抗体を持っているとはわけではないので、生後1か月でも2か月でも、感染症にかかるリスクはあります。冬に流行しやすい感染症には、インフルエンザ、RSウィルス、ノロウィルスなどがあります。お兄ちゃん、お姉ちゃんが保育園に通っていたり、おじいちゃん、おばあちゃんや家族以外の人もよく出入りする家だと、ウィルスや細菌が家の中に持ち込まれる可能性が高まるので、小さい赤ちゃんでも風邪をひいてしまうことはあります。“まだ6か月になっていないから”、“外に出していないから大丈夫”と油断しないでくださいね」(阪下先生)

なお、生後3か月未満の赤ちゃんの場合は、38度以上の熱が出たら病院を受診し熱の原因を検査する必要があるとのことです。

「RSウィルスにかかると、赤ちゃんの肺の中の小さな気管支に炎症が起こるので、痰が増えたり、息がぜいぜいしたりします。特に月齢3ヶ月未満の赤ちゃんでは、呼吸困難になり入院治療が必要になることもあります。胃腸かぜのウィルスで赤ちゃんがかかると重症化しやすいものに、ノロウィルス、ロタウィルスがあります。ロタウィルス感染症は、特に冬に流行りやすいというわけではないのですが、月齢の小さい赤ちゃんがかかると下痢・嘔吐をくり返すことで脱水症状を起こすリスクがあります」(阪下先生)

言葉をしゃべれない赤ちゃんは、自分で不調を訴えることができないので、突然の高熱や嘔吐などにママ・パパが気づいて、感染が分かることがほとんどのようです。感染症が流行る時期になったら、体調管理に特に気を配りつつ、おっぱいやミルクの飲み方、機嫌の良し悪しなども注意して見ておきましょう。

 

赤ちゃんが感染症にかかったかもと思ったら

2

お熱や機嫌の悪さなど、赤ちゃんの様子に異常を感じた時、ママ・パパはすぐに病院に行くべきか、しばらく様子を見るべきか、迷ってしまいます。先ほどのお話ですと、生後1~2か月の赤ちゃんは38度以上の熱が出たら、まず病院に行くべきということですが、月齢の高い赤ちゃんについては、どうしたらいいのでしょうか。

「ウィルス感染症にかかった場合に出る症状は、風邪の原因となったウィルスの種類と、その赤ちゃんの中で起こる免疫反応の強さで異なります。熱の高さではなく、熱と一緒に他の症状があるかどうかが判断基準となります。例えば、呼吸がおかしい、機嫌が悪すぎる、ぐったりしている、おっぱいやミルクが飲めない、おしっこの量が少ない、下痢がひどいなどの症状があれば、病院に行ってください。また熱が5日間以上続く場合は受診してください」(阪下先生)

続いて伺ったのは感染症にかかった後にすべきこと。ママ・パパはどんな点に気をつけて看病したらいいのでしょうか。

「インフルエンザには抗インフルエンザウィルス剤がありますが、一般的な風邪のウィルスには治療薬がないので、症状を和らげる対処療法しながら、回復を待つことになります。熱が出ても機嫌よくニコニコしているようなら、基本的に薬は要りません。熱があり、おっぱいやミルクが飲めない、機嫌が悪いという時には、解熱剤を使ってもいいです。熱が下がって、気分が良くなれば、水分や栄養を取りやすくなるので脱水を防ぐこともできます。また、月齢の小さい赤ちゃんは鼻呼吸しかできません。鼻づまりがあるとおっぱいやミルクが飲みづらくなるので市販の鼻吸い器で鼻水をしっかり吸ってあげてください。胃腸風邪で嘔吐しているときは、一度にたくさんあげると吐いてしまうので、おっぱいやミルクを少量ずつ何度もあげましょう。ぐったりしている、おしっこが出ない、涙が出ない、など脱水を疑う症状があらわれたら、病院に連れていってください」(阪下先生)

お医者さんにかかるときに気をつけたいこと。例えば阪下先生は、「お薬をもらうために病院に行くと考えているママ・パパは多いです」とおっしゃいます。しかしこうしたスタンスは赤ちゃんのためにはあまりよくないようです。

医師に赤ちゃんの様子を診てもらうのは、診断を受けて適切なアドバイスをもらうためと考えていただきたいです。医師は必要のない薬は出さないものです。でも『お薬をもらえないから』とあちこちの病院に行くと、『そんなに治らないなら細菌性の病気かも知れない』と抗菌薬(抗生物質)を処方されてしまうこともあります。必要がないのに抗菌薬を服用するとお腹の中の常在菌が死んでしまって、下痢になってしまったり、赤ちゃんの回復が遅れたりすることもあります。もちろん、抗菌薬が必要な病気もありますので、その点を医師に見極めてもらう必要があります。病院はかかりつけを決めて、できれば小児科専門の先生に診てもらうことをおすすめします。大人と赤ちゃんでは同じ感染症でも症状が違いますし、いつもの赤ちゃんの様子を知っている先生に診てもらうのがベストです」(阪下先生)

赤ちゃんにお熱や咳、鼻水などの症状が出ると、すぐにでも治してあげたいと思うのが親心。その場合、都度、ネットなどでお医者さんを探して、あちこち病院を渡り歩くより、かかりつけの先生を決めたら、気になることは何でも相談できる信頼関係を築いた方が、いざという時に頼れて安心ですね。

 

赤ちゃんへの感染を防ぐために、ママ・パパができること

3

続いては、小さい赤ちゃんの感染症を予防する方法について、基本的なことを教えていただきましょう。

「日常生活の中でできることは、ママ・パパやお兄ちゃん、お姉ちゃんなど家族が、外から帰ったら、うがい、手洗いを徹底して、自分たちも感染症にかからないようにすることです。家族がインフルエンザやRSウィルス、胃腸風邪などの感染症にかかると、高い確率で赤ちゃんにうつってしまいます。感染した人の唾やくしゃみにはウィルスが潜んでいて、それを触ることで感染してしまうので、感染症にかかっている人がマスクをして唾を飛ばさないようにすることと、おもちゃやタオルや食器などを赤ちゃんと共有しないことが大切です」(阪下先生)

日常生活でできる最も効果的でシンプルな感染症予防策は、やはり手洗いとうがい。特に手洗いは、トイレの後、オムツ交換の後 、料理の前後、病気の人の看病の前後、ごみをさわった後、咳を手で覆った後、鼻をかんだ後などは必ず行いましょう。

ここで、病院でも推奨されている「正しい手の洗い方」をご紹介します。

【正しい手の洗い方】
1.流水で手を濡らして、水洗いする。
2.水を止めて、石鹸をつける。
3.手の甲、手のひら、指、爪もこすり合わせながら、しっかり石鹸で洗う。
  短くても20秒間。ハッピーバースデーの歌を一回歌うと約20秒です。
4.流水で石鹸をしっかり洗い流す。
5.きれいなタオルで拭くか、空気乾燥させる。
★きれいに手を洗ったら、保湿も忘れないでください。

「慌ただしい子育て生活の中で20秒の手洗いは、なかなか大変」と阪下先生。でも、感染症を赤ちゃんにうつさないためなら、20秒間の手洗いをぜひ頑張って実行したいですね。

続いてはインフルエンザの予防接種。正直、赤ちゃんへの効果はどれほどなのでしょうか。

「もちろん効果はあります。インフルエンザの予防接種は、赤ちゃんがいるご家庭では、ママ・パパ、お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんまで、家に出入りする全員の方にしていただきたいと思います。赤ちゃんも生後6か月になったら打つことができます。

その他の予防接種もぜひ受けてください。たくさんの種類があるのでかかりつけ医と相談しながらスケジュールをたててくださいね。ロタウィルスワクチンは任意予防接種ですが、季節にかかわらず生後6週間から受けられます。ロタウィルスによる下痢や嘔吐の症状から赤ちゃんを守るために、必ず受けてください。ロタウィルスは接種できる期間が決まっているので、早めにすませておきましょう。あらかじめ予防接種を受けておけば、万が一感染しても症状は軽くてすみます」(阪下先生)

予防接種は、自分自身のためだけでなく、家族や周りの人に感染が広がらないようにするためにも有効な手段ですから、早めにすませておきたいものですね。

 

乾燥肌対策は、食物アレルギーの予防にも有効と考えられています

4 pixta_31108478_S

ママ・パパのもう一つの悩みは、赤ちゃんの未熟でデリケートなお肌が、冬の乾いた空気でカサカサに乾燥してしまうこと。乾燥肌に有効な対策はどういったものでしょう。

「とにかく徹底した保湿です。乾燥肌や湿疹に悩んで外来に来られる赤ちゃんたちのほとんどは保湿が足りていません。頭からつま先まで体中に保湿クリームなどをベタベタと、1日何回も塗ることが必要です。市販の赤ちゃん用のローションやクリーム、ワセリンで十分。医師が処方する保湿剤である必要はありません。また、高級なオーガニック商品にこだわってもいいのですが、大切なのはたっぷり塗るということ。こだわって高価なものを買うと、つい少しずつ使ってしまうこともあるので、惜しげなく使えるものを選んでください。ワセリンは石油が原料だからと気にするママ・パパもいますが、問題ありませんので、ぜひ使ってください」(阪下先生)

こまめな保湿を忘れないために、朝起きた時、授乳やお風呂の後、お散歩から帰った時など、保湿のタイミングを決めて続けたいものですね。先生がすすめてくださったワセリンの安全性については、厚生労働省の資料(※1)にも掲載されています。

肌がカサカサするくらい別に気にしなくてもいいのでは……と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、乾燥が原因で肌の状態が悪くなると食物アレルギーのリスクが高まる可能性もあるといいます。

「空気中にはアレルギーのもとになる抗原が浮遊しているのですが、その中には食物抗原もあります。乾燥して皮膚のバリアがこわれた肌から食物抗原が体内に入ると、食物アレルギーの原因になることが、最近の研究(※2)で分かってきました。だから、乾燥肌を防ぎ、肌のバリアを守ることは、将来的な食物アレルギーを抑えることにも有効と考えられています」(阪下先生)

食物アレルギーの予防にもなるという保湿。特に乾燥が激しいお肌のお子さんなら、赤ちゃんを卒業してからも、ずっと続けておくのがよいとのことです。

「少し大きくなると嫌がるお子さんもいるでしょうが、自分でちゃんと塗れるようになる10歳ぐらいまでは、捕まえてでもクリームを塗ってあげて欲しい」と阪下先生は言います。それぐらい保湿は大切なことなのですね。

「ちなみに乾燥肌がひどくなって、湿疹やかぶれのような症状になると、ステロイド外用薬を処方されることもあります。ステロイドは湿疹やかぶれを治すお薬ですが、肌の乾燥を防ぐものではありません。ステロイド外用薬で一旦は治ったようでも、乾燥肌がまた悪くなると、また湿疹ができてしまいます。保湿を徹底して、乾燥肌を治しましょう。また、乾燥肌対策で覚えておいていただきたいのは、手洗いの後の保湿。日常の手洗いはとても大切な習慣ですが、石鹸やアルコールで手の皮脂が減りすぎてしまうこともあります。手洗いの後は保湿も忘れないでくださいね」(阪下先生)

わが子がアトピーやアレルギーによるトラブルで将来悩むことがないように、新生児からの徹底したスキンケアを心がけたいですね。

※  ※  ※  ※  ※

冬だからと言って、赤ちゃんが必ず感染症にかかるわけではありません。でも、家族みんなで予防法を実行すれば、赤ちゃんが感染症にかかりにくくなるだけでなく、みんなが健康でいられそうです。乾燥肌も、こまめな保湿をするだけで防げるものなので、是非実践してみてください。

赤ちゃんとはじめてすごす冬。親子ともども健康に気をつけて、楽しくすごせるといいですね。

 

《参考資料》
(※1)第5回厚生科学審議会 医薬品販売制度改正検討部会 医薬品のリスク程度の評価と情報提供の内容等に関する専門委員会議事録
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0117-9.html

(※2)
Lack G. Epidemiologic risks for food allergy. J Allergy Clin Immunol. 2008;121:1331.
Brough HA, et al. Distribution of peanut protein in the home environment. J Allergy Clin Immunol. 2013;132:623-9.

妊娠・出産インフォ トップに戻る