世界の子育て Vol.1 オランダが“世界一幸せな子どもの国”と言われる理由(後編)

世界の子育て Vol.1
オランダが“世界一幸せな子どもの国”
と言われる理由(後編)

妊娠・出産インフォ

オランダの子育てについて書かれた書籍『世界一幸せな子どもに親がしていること』(日経BP社)の翻訳者であり、現在オランダで6歳の娘さんを育てている吉見・ホフストラ・真紀子さんのインタビュー後編。

前編ではオランダの“働き方改革”が子育て環境を改善したこと、パパの子育て・家事への貢献度の高さについてご紹介していきました。後編では、赤ちゃんの育て方に関する親のスタンス、子育てについての社会の考え方などを伺っていきます。

 

赤ちゃんを尊重するということ

オランダは大人だけでなく子どもも社会を構成する一員だという意識が徹底されていると吉見さんは言います。言い方を変えれば、子どもを子どもとして扱っていない、むしろひとりの人間として大人と同等に見るということ。

それは赤ちゃんに対しても似ているところがあり、例えばオランダではママとパパは赤ちゃんと同じ部屋で寝ないということも割と普通。そして夜泣きをした時も、ママやパパはベビーベッドで泣いている赤ちゃんに声をかけるだけで、抱き上げることはしないそうです。

「日本とは住宅事情も違うけれど、赤ちゃんがゆっくり眠れるような場所を作って、夜泣きで赤ちゃんが泣き叫んだら部屋まで行って『ママたちは隣の部屋にいるから、大丈夫よ。ママたちも眠らないといけないからね。おやすみ』などと、声をかけます。それで静かになったら部屋を出て、もしまた泣いたら、戻って声をかける。それを何回でも繰り返すんです。そして子どもは親との話し合いの余地がないことをちゃんと学び、やがて朝まで寝られるようになります。うちの娘も1歳すぎぐらいに夜泣きが始まって、半年ぐらい続いたかな。どんなに泣かれても絶対に抱き上げずに話しかけていたら、そのうち自然に泣かなくなりました」(吉見さん)

105_01

またオランダ人は“赤ちゃん言葉”を使わないそうです。それは、赤ちゃんをひとりの人間として尊重しているから。

「オランダでは、親は子どもが思い通りにならない時にすぐに『ダメ』と言わずに、子どもの言い分をしっかり聞いてあげることが多い。我が家でもそうですね。自分のやったことに責任を持ちなさいとか、人に迷惑をかけないとか、そういう基本は親がしっかり教育しています。それはどんなに幼い子であっても、向かい合って教えます。子どもには子どもなりの考えや思いがあるはずですし、親がそれを理解することで、親と子の信頼関係は強くなっていくのではないでしょうか」(吉見さん)

子どもの考えを尊重するという親のスタンスは、幼少時からの教育にも反映されています。例えば、何かを教えたい時。親が先回りをして、「これはやるべき」、「これは危ないからやめて」と指示することはオランダではないそうです。

「象徴的なのは川に柵がないこと。オランダには町中にたくさん運河があり、子どもがたまに運河に落ちることもあるのですが、柵を作るという話にはなりません。柵を作るのではなく、小さい頃から着衣水泳を教えて、自分で身を守れるようにするんです。自転車もそう。転んだら痛いと身をもって知るべきと大人たちは考えています。それは幼少時から徹底されていますね。自分に自信が持てたら子どもは自立できるし、親も安心して、距離を置いて冷静にわが子を見ていられるようになります」(吉見さん)

子どもたちが自立した人間になって楽しい人生を送れるように、今、わが子とどう向き合うべきか。そのことをオランダのママとパパは常に考えているようです。

 

オランダは、人も街も子育てに優しい

オランダの街はインフラ面でも、子育てに優しいところが多いと吉見さんは言います。

「街中に段差が少ないので、ベビーカーでも外出に不自由を感じることはありません。逆に日本に帰ってきたときに思うのが、街中に段差が多く周囲の人があまり手助けをしてくれないので、ベビーカーで外出するのがとても難しいこと。私が暮らしているユトレヒトなどは、人が親切に手を差し伸べてくれて本当に子育てがしやすい街なので、その昔、東京に来た時にちょっと電車に乗るだけでも大変な思いをしました」(吉見さん)

105_02

また、オランダ人は「人懐っこい」と吉見さん。そして街で困っていたら、すぐに声をかけてくれると言います。こうした人と人の密なコミュニケーションが、オランダの子育てママやパパを助けてくれているのかもしれません。

「昔、私はフランスに住んでいましたが、個人的にはフランスよりオランダの方が暮らしやすいと思っています。なんでかなと思ったら、やっぱり人なんですよね。フランス時代はパリ在住だったというのもあるかも知れませんが、『人は人』というスタンスが徹底されていて、どこか冷たい感じがあった(そこは東京も似ているかもしれません)。その点、オランダは、アムステルダムでも私が住んでいるユトレヒトでも、どこであれ、皆さんいろいろ関わってくれる。要はおせっかいなんですけれど、だからこそ子育てもしやすいのかなと思います」(吉見さん)

社会全体として、子育てに対して寛容な雰囲気があるというオランダ。レストランなどでも、子どもを遊ばせるスペースを設置しているところが多く、周りのお客さんも子どもが騒ぐことには比較的寛容だとか。
「もちろん、すごく騒いでいる子どもがいたら、うるさいと思う人はいると思いますよ(笑)。ただフランスではそもそも子どもNGのレストランもたくさんありますが、オランダは子どもが一人の人間として扱われる国なので、家族一緒にレストランで食事をするのは当たり前と考えられています。そういう“社会の雰囲気”もあって、子育て中のママやパパにとってはすごしやすい国と言えるかもしれません」(吉見さん)

105_03

オランダで子育てをしている吉見さんですが、ママになってからも何度か日本で長期滞在をしているそう。今年は1月末から3月末まで約2か月間、香川県高松市に滞在し、日本での子育てを経験されています。そんな吉見さんに日本の子育て事情について聞いてみました。

「高松はとても暮らしやすいですね。市内中心部は整備されているので、ベビーカーで移動するのもまったく大変ではありません。もちろん日本だと大変だな、苦労するなと思うこともあるのですけど、逆に子育てしながら感じる日本の良さっていっぱいあるんですよ。まずはホスピタリティの高さ。公共機関でも、スーパーでもみんな笑顔で対応してくれますよね。安全性という面でも素晴らしい。そういう細かいところなんですけれども、日本の良さっていうのはいろいろあると思います。そしてこんな国で子育てできるということはとてもステキなこと。またオランダであれ日本であれ、ママとパパが幸せで、いつも笑顔でいれば、それだけで子どもは幸せなはずです。皆さんも無理しないで、肩の力を抜いて、前向きに子育てをしていってくださいね」
(吉見さん)

 

※    ※    ※

オランダの子育て、いかがでしたでしょうか。文化も歴史的背景も日本とは全く違う国の子育てを、今すぐ日本のママ・パパが真似するのは無理があるとは思います。しかし「世界一幸せな子ども」はどうやって育つのかを知って、出来る範囲で自身の子育てに取り入れてみれば、わが子が自分らしく輝くためのヒントが見つかるかもしれませんよ。

 

〈参考文献〉
ユニセフ イノチェンティ研究所・阿部彩・竹沢純子(2013)
『イノチェンティレポートカード 11 先進国における子どもの幸福度―日本 との比較 特別編集版』、公益財団法人 日本ユニセフ協会(東京)
https://www.unicef.or.jp/library/pdf/labo_rc11ja.pdf

 

04

【プロフィール】
吉見・ホフストラ・真紀子 
翻訳家・通訳

大学でフランス語文学言語学を専攻。インターネットを使ったコミュニケーションに興味を持ち、大手通信会社に入社。フランスでMBA取得後、フランス・オランダ・日本の国際企業でIT通信関連の商品開発マーケティング・ビジネス戦略に携わる。結婚を機に2003年、オランダへ移住。現在は多岐にわたる企業通訳および翻訳を本業とするかたわら、難民に対するオランダ語支援やフェアトレードビジネスなどNGO団体でのボランティア活動にも従事し、忙しい日々を送っている。翻訳を手がけた「世界一幸せな子どもに親がしていること」(リナ・マエ・アコスタ&ミッシェル・ハッチソン 日経BP社 https://www.amazon.co.jp/dp/4822255530)が今年1月に日本で出版された。

妊娠・出産インフォ トップに戻る