パパ・ママのもとに舞い降りた「天使」に 着てほしい肌着 ――天使のはぐ「ピュアベール」 開発担当・上田泰三さんインタビュー

パパ・ママのもとに舞い降りた「天使」に 着てほしい肌着 ――天使のはぐ「ピュアベール」 開発担当・上田泰三さんインタビュー

妊娠・出産インフォ

赤ちゃんに出会う日のためにパパ・ママはいろいろな準備をしていきますが、まず考えるのは赤ちゃんが最初に着る「肌着」のことかもしれません。生まれたての赤ちゃんには、とびきり着心地がよくて、やわらかい素材のものを用意したいから……。

このたび、新生児向けのブランド「ミキハウスファースト」の新生児用肌着「天使のはぐ」に新しいシリーズ「ピュアベール」が加わることになりました。そこで開発者のひとりである、ミキハウス企画本部の上田泰三さんにお話をうかがいました。長年培ってきた技術と思いが新しい技術と出会うことで実を結び、現代のパパ・ママのニーズにあった肌着が誕生したそうです―――――――――

light_2_KHR9063

今から25年前の1989年7月に「ミキハウスファースト」が新しいブランドとしてスタートを切りましたが、これはほぼ私の入社年度と同じ。そして10年間ほど商品企画にも携わっていましたので、ミキハウスファーストにはとても思い入れが強いのです。

どんどんお母さんたちは世代が変わっていくので、今のお母さんたちの感性に訴える部分、つまり「かわいらしいデザイン」や「バランスのいい配色」などを考えるのは、若手社員に任せます。けれど、お客さまが私たちに求めている品質への要求や信頼はとてもレベルが高く、また変わらないものであると思います。ものすごくベーシックなところにある要望を感じて、それを形にするということはずっと続けていくべきこと。私はそのお手伝いができたらと思っています。

赤ちゃんを安全に安心して育てていくための肌着を……

ミキハウスファーストは、出産準備から役立つアイテムを取り揃えています。中でも肌着はこのブランドを象徴する存在といってもいいかもしれません。赤ちゃんが誕生していちばん最初に肌に直接身につけるものですから、安心、安全を追求しています。「天然繊維の王様」とも呼ばれるコットンの中から、ぬくもりのある風合いを保ち、吸水性、耐久性にすぐれた最高のものだけを厳選して使用しています。

もちろん、縫製にもこだわり、すべて最高レベルの縫製技術をもつ日本国内の工場にお願いしています。赤ちゃんの肌に刺激を与えないようにタグを表につけたり、縫い目をすべて表側にしたりなどのほか、高い技術が要求される肌着ならではの特徴もあります。たとえば、袖の縫い合わせを平面的な縫製にしてゴロつきのないものにしたり、脇下に特殊なカッティングと縫製を施し、赤ちゃんが腕をスムーズに動かせるように立体的な構造にするなどです。伸縮性の高さにより、赤ちゃんの自然な動きを妨げず、無理なく着替えさせることができるので、赤ちゃんとお母さんの負担も軽減します。

高い抗菌性と安全性をもつ新シリーズ「ピュアベール」

light_new_KHR9217

神経質になりすぎる必要はありませんが、実は赤ちゃんの身のまわりには、健康をおびやかすリスクが案外いろいろと存在しています。近頃は以前にも増して、お客さまが赤ちゃんを安全に安心して育てたいという気持ちが強くなっているようです。そんなお客さまの要望に応えられるような“付加価値”を肌着につけられないかと考え、「抗菌」「抗ウイルス」機能に着目しました。そして出会ったのが、永らくおつき合いさせていただいている繊維メーカー「クラボウ」様から提案いただいた「抗菌」「抗ウイルス」の繊維加工技術でした。

ベースとなっているのは「Etak®(イータック)」という成分で、もともと口の中を治療したり、洗浄したりする目的で開発されたものです。口内で用いられるものなら、安全性の高さも期待できるのではないかとのクラボウ様の意見に賛同。その後安全性のデータと効果を裏付ける研究を入念に行ってもらいました。同時にミキハウス基準で、色柄の落ちにくさや、洗濯による形状変化のしにくさなど、ベビー用品としての製品品質チェックを行い、先行して赤ちゃん用布団カバーに、抗菌・抗ウイルス加工を施したシリーズを開発。そして今回ミキハウスとして初めての抗菌・抗ウイルス肌着「天使のはぐ・ピュアベールシリーズ」の誕生へとつながっていったのです。

100回洗濯しても変わらない効能・高機能でも風合いはそのままに

3_KHR9107

お母さん、お父さんの中には、「赤ちゃんの肌着は毎日洗濯するもの。せっかくの抗菌、抗ウイルス加工も何度も洗濯を繰り返すうちに薄れていってしまうのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。けれど、その点はご安心ください。100回洗濯しても、効果が持続することを確認しています。すくすくと育つ赤ちゃんは、3ヶ月くらいで肌着のサイズが変わるのでその頃に買い替えるのが普通です。使用期間を考えれば、十分に効果を実感しつづけていただけると思います。白もの、柄ものともに効果の持続力は同じです。

また、綿という素材は洗濯すると、徐々に目が詰まって、ごわついていくものなのですが、品質の高い原綿を使っていますので、そういった心配もありません。しなやかで繊維の目づらが美しく、毛羽立ちが少ないという特徴があります。

それは、まさにミキハウスファーストの特徴で、「ミキハウスファースト『天使のはぐ』は、やわらかでふっくらとした肌触りがいいよね」と言われることが多いのですが、そのよさは抗菌、抗ウイルス加工を施した新しい肌着シリーズ「ピュアベールシリーズ」でもまったく変わりがありません。この「風合い」を守れるかどうかが、安全性に次いで、今回の大きなポイントでした。

結果として、優れた風合い、通気性、吸汗性、保温性などを兼ね備えながら、抗菌・抗ウイルス性能を加えた究極の肌着ができました。赤ちゃんの着心地はそのままに、赤ちゃんを守る機能が高まったと考えていただければいいと思います。

「天使のはぐ ピュアベールシリーズ」にこめられた想い

私たち開発の人間が、お客さまの声を直接聞くことはあまりないのですが、全国の直営店で働くFA(長期ショップスタッフ)を通して、商品に対するご意見や感想をいただきます。「これからもいいものづくりしてくださいね」「使ってみていいと思ったので、友人への出産祝いに贈りました」などという声を聞くと、本当にうれしいです。自分たちの関わったものがお客さまの喜びにつながり、少しでも社会に貢献できているということが、次の仕事へのやりがいになっていると思います。

今回も自信をもっておすすめできる商品ができましたので、ぜひ、一度使っていただきたいです。「天使のはぐ」という名前は、お母さん、お父さんのもとに舞い降りてきた天使をやさしく抱きしめるというイメージで、やさしさが表現できているのでは? よさを実感していただき、子育てを楽しんでいただけたらうれしいです。さらに、ピュアベールシリーズの肌着で、小さな赤ちゃんに毎日を安心・安全に、そして健やかに過ごしてもらえたら、開発者冥利につきますね。

天使のはぐ『ピュアベール』についてさらにくわしくはこちら
http://baby.mikihouse.co.jp/baby-goods/our-message/hadagi.html

light_new5_prof_KHR9283_yoko

プロフィール】

上田泰三さん
ミキハウス 企画本部 品質管理部
1965年生まれ。1988年ミキハウス入社。入社以来、主に新生児向けブランド「ミキハウスファースト」の開発に携わる。妻と高校生の長男、中学生の長女をもつ。趣味は映画観賞。

妊娠・出産インフォ トップに戻る