赤ちゃんの肌着

肌着の選びかたの基礎知識をやさしく解説します

生まれてすぐの赤ちゃんの肌を優しく包み込むもの
ーそれが「肌着」です。

ママやパパ、ご家族のために、肌着についてやさしく解説します。

赤ちゃんの肌着はどうして大切なの?

赤ちゃんの肌はとても薄くてデリケート。
ママのお腹の中で、羊水に守られて育つ赤ちゃんは、
生まれたとたん、外気に触れ、多くの刺激を一気に受け止めることになります。
そんな赤ちゃんのデリケートな肌をさまざまな刺激から守り、やさしく包むのが肌着の役割です。

赤ちゃんの肌は、とても薄く、大人の半分くらいの厚さしかありません。
赤ちゃんは、体温が平熱でも37度くらいあり、また水分量も多く、からだは小さくても、大人と同じだけの汗腺を持っているので、とても汗かきです。
おっぱいやミルクを飲むときも全身を使って飲むので汗だくになります。汗をそのままにしておくことは、
赤ちゃんにとって不快なだけでなく、肌表面の湿度が高くなることで不快になり、ご機嫌が悪くなることもあります。

だから、汗をしっかりと吸い取り、保温の役割もしてくれる、そして肌触りのやさしい、綿100%を選んであげましょう。

大人の肌 赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌着にはどんな種類があるの?

赤ちゃんの肌着には、大きく3つの種類があります。
短肌着(たんはだぎ)、コンビ肌着、長肌着(ながはだぎ)です。
短肌着の上に、コンビ肌着または長肌着を重ねて着せるのが、基本の着せ方です。

短肌着
短肌着は汗取りのための肌着です。
吸湿性とやわらかい肌触りで
赤ちゃんの肌を守ります。
コンビ肌着
短肌着の上に重ねて着せる、
保温や体温調節のための肌着です。
股スナップがついているので、
赤ちゃんの足の動きが活発になっても
はだけません。
長肌着
短肌着の上に重ねて着せる、
保温や体温調節のための肌着です。
足をあまり動かさず、頻繁におむつ替えをする
新生児期にとても便利です。

赤ちゃんの肌着選びの基本ポイントは?

デリケートな赤ちゃんのために、生地や縫製はもちろん、
赤ちゃんの着心地にこだわった肌着を選びましょう。

  1. 1. 綿100%のものを選ぶ

    赤ちゃんにとって肌にやさしく、吸湿性、通気性、保温性にすぐれた
    綿100%の肌着を選びましょう。

  2. 2. タグが表側についているものを選ぶ

    肌に刺激を与えないように、洗濯表示やブランドのタグが
    表側についているか確認しましょう。

  3. 3. 縫い目が表側になっているものを選ぶ

    デリケートな赤ちゃんの肌にはできるだけ刺激を与えないよう、
    縫い目が表側になっているものを選びましょう。

  4. 4. 成長に合わせてひもで調整できる

    毎日どんどん成長する赤ちゃんの身体にフィットするよう、
    ひもで調整できる肌着がおすすめです。
    深いうちあわせになっているものは、はだけにくく安心です。

  5. 5. 季節に合わせた素材を選ぶ

    同じ綿100%でも、編み方によっていろいろな素材があります。
    一年中使えるふんわりとやわらかい「フライス」素材、夏にはさらっと薄手で涼しい「天竺(てんじく)」素材や「メッシュ」素材、
    寒い季節には、ふんわりやわらかで保温性が高い「ニットガーゼ」素材など、
    赤ちゃんが着る季節や気候に合わせて、選びましょう。

ミキハウスの肌着のこだわりを教えて!

デリケートな赤ちゃんの肌のことを考えておつくりしている、ミキハウスの肌着のこだわりポイントをご紹介します。
画像のclick!マークをクリック(タップ)してみてください。

  1. POINT 1. ほつれにくく、よれにくいひも

    一日に何度も結んだりほどいたりするひも。
    先端をステッチでしっかり補強し、
    ほつれにくいようにしています。

  2. POINT 2. はだけにくい深いうちあわせ

    身頃のうちあわせが深いので、はだけにくく、
    毎日大きくなる赤ちゃんの成長に合わせて
    調整することができます。

  3. POINT 3. 脇に縫い目がない生地一枚仕立て

    赤ちゃんの肌あたりのよさを考え、
    脇の縫い目をなくした贅沢な
    「生地一枚仕立て」でおつくりしています。

  4. POINT 4. タグ類はすべて表側

    赤ちゃんの肌に刺激を与えないように、
    ネームタグは表側につけています。

  5. POINT 5. 腕を自由に動かしやすい立体構造

    赤ちゃんの腕の動きを妨げないように、
    脇下に特殊な縫製を施しているので、
    立体的な構造になっています。

  6. POINT 6. 着心地を考えた平面縫製

    袖と身頃の縫いあわせは、
    平面的な縫製をしているので、
    ゴロつきがありません。

  7. POINT 7. 胸元・首元にぴったりフィット

    ネックラインは、赤ちゃんの首もとに
    やさしくフィットするように
    おつくりしています。

  8. POINT 8. 縫い目はすべて表側に

    赤ちゃんのデリケートな肌に
    直接触れないように、
    縫い目はすべて表側にしています。

大切な赤ちゃんのために、素材から縫製まで、赤ちゃんの着心地を第一に考えてつくられる肌着。
その一枚、一枚はどのようにつくられるのでしょうか。
ミキハウスの肌着が綿花から糸になり、生地となり、赤ちゃんのための一枚が仕上がっていく様子をご紹介しています。
ぜひごらんください。

ミキハウスの肌着にはどんなものがあるの?

ミキハウスの肌着は赤ちゃんの肌のことを第一に考え、着心地がよく、安心、安全な日本製肌着をご用意しています。
また毎日のお洗濯にも型くずれしないよう細かな縫製にもこだわっています。

ミキハウスの肌着「天使のはぐ」

赤ちゃんが生まれる季節に合わせて選びましょう。

生まれの赤ちゃん向け

春生まれの赤ちゃんには、通気性と伸縮性にすぐれ、
ふんわりとやさしいフライス素材がおすすめです。

夏生まれの赤ちゃん向け

夏生まれの赤ちゃんには、暑いときにもさらっと気持ちよく、
通気性にすぐれた天竺やメッシュ、ガーゼがおすすめです。

秋生まれの赤ちゃん向け

通気性と伸縮性にすぐれたふんわりやさしいフライスや
ニットガーゼがおすすめです。

冬生まれの赤ちゃん向け

冬生まれの赤ちゃんには、保温性が高く、
ふんわりやさしい着心地のニットガーゼの肌着がおすすめです。

聞かせて!先輩ママはどんな肌着を選んだの?

肌着って何枚用意すればいいの?赤ちゃんに優しい肌着ってどんなもの?

赤ちゃんの肌に直接触れるものだからこそしっかり選びたいあなたへ。先輩ママたちはこんなふうに肌着を準備していました。
ドクターからの肌着選びのポイント解説付きです。

ミキハウスの肌着は、ママたちの投票で選ばれる
2015年 第7回マザーズセレクション大賞を受賞しました。
ミキハウスの肌着は、2014年度 第8回キッズデザイン賞を
受賞しました。

出産準備サイト

肌着の選び方に迷ったら出産準備サイトをご覧ください