特集「産前産後のママのからだ」(第2部)ママになっても、輝く女性でいるために

特集「産前産後のママのからだ」(第2部)
ママになっても、輝く女性でいるために

妊娠・出産インフォ

最近、街中にはベビーカーを押してさっそうと歩くスタイルのいいママたちの姿が目立ちます。育児、家事、仕事と、忙しい日々を送りながら、自分の事もちゃんと気にしている姿はとても素敵。でもママたちは、いったいどうやって、妊娠中に増やした体重を戻して、スッキリとしたからだを取り戻すことができたのでしょう。

特集「産前産後のママのからだ」第2部は、「産後に体型を戻す方法」にスポットを当ててお届けします。お話を伺ったのは、東京医療保健大学大学院医療保健学研究科教授の米山万里枝先生。先生は、長年多くのプレママやママたちに寄り添い、助言し、女性たちを支えてきました。

また記事後半では、2人の先輩ママに登場していただき、それぞれが持つ産後の体型に悩みについて聞きました。妊娠・出産を経験し、育児にもちょっぴり余裕が出てきた先輩ママたちの本音トークから学ぶこともありそうですよ。

 

妊娠・出産で変わる女性のからだ まずは、その現実を受けとめて

01

約10か月の妊娠期間の後、出産を終えた直後のママのからだには、大きな変化が起きています。妊娠や出産のために分泌されていたホルモンは、体を回復させ、授乳をうながすものへと変わっていき、ママのからだは6~8週間かけて、内側から癒やされ、妊娠前の機能を取り戻すことになります。

助産師としての経験も豊かな米山先生は、「産後は、とにかく無理をしないことです。ママのからだには経験したことのない変化や不調が起きることもあり、赤ちゃんのお世話に戸惑っていることも重なって、大変だなあと感じることがあると思いますが、少しずつ体調は戻っていくものです」と言います。

そうして、いつの間にか育児がちょっぴり楽になってきたママは、妊娠前にはなかったお腹のたるみが気になり始めます。ただ、これも自然なこと。米山先生によると、「妊娠で大きくなったおなかに引っ張られていた骨盤まわりのじん帯や筋肉は、出産でゆるんでしまいます。でも血液が循環して栄養が届くことで、少しずつ元に戻るのです」とのこと。

「母乳育児のママは妊娠期以上のエネルギーが必要なので、授乳しているだけでやせていく人もいます。それだけで妊娠前よりやせる方もいるくらい。またミルクで育てていても、慣れない育児は体力を使いますから、ママのからだは自然に引き締まっていくもの。それでもより体型を意識される方は、産じょく体操や腹筋を刺激して引き締める上体そらし、上体横曲げなどの運動をしたり、赤ちゃんを抱きあげる時に腹筋を使うなど、日常生活の中で気をつけてみてはいかがでしょうか」(米山先生)

産前産後の体型変化として、気になるのはやはり胸の部分。先生は、「母乳育児をすると胸の形が悪くなるのは、ある程度仕方がない」としつつも、「おっぱいの土台は大胸筋の上にあります。授乳のたびに引っ張られると、筋肉も一緒にゆるんでしまうので、胸や脇の筋肉を鍛えるといいようですよ」とアドバイスしてくださいます。

「『こうあるべき』、『こうでなくてはいけない』と自分を縛らないで、毎日を元気にすごすことが、産後の体型を戻すための基本」と米山先生。

子育てをしながら自分の体型を元に戻す余裕を持つためには、本人の努力だけでなく、パパや家族のサポートも必要になってきますね。

続いての章では、先輩ママのエピソードから、産前産後の体型について見ていきたいと思います。

先輩ママ2名の産後ダイエット 「私はこんな努力をしました」

02

子どもの頃からすらっとした体型が自慢だったというKさん(32歳、9か月の男の子のママ)は、妊娠して徐々にふっくらと丸みをおびてきた自分のからだがちょっぴり残念だったと振り返ります。

「赤ちゃんのためにある程度は必要だと分かっていても、出産までに12㎏の体重増を目指すように産科で指導され『3㎏の赤ちゃんを産むために、そんなに増やすの?』と驚きました」(Kさん)

そのことを助産師さんに尋ねると、「赤ちゃんが3㎏、胎盤と羊水を合わせて2㎏ぐらい。あと7㎏は赤ちゃんに栄養を運ぶために必要な血液と乳腺が発達して大きくなる胸と授乳に必要なエネルギーのための皮下脂肪の分」と教えられ、「元気な赤ちゃんを産むために必要なこと」と諭されたそうです。

当初は助産師さんの指示に戸惑いながらも、安定期になったら食欲が抑えられなくて、たくさん食事を摂ってしまい「結局14㎏増で出産しました」とKさん。予定より体重は増えたものの、無事に出産。3210gの元気な赤ちゃんだったそうです。

毎日、子育てに奔走しているKさんですが、目下の気がかりは、「まだたるみが残るおなかのこと」。

「少しずつ妊娠前に戻ってきた気はするけど、完全に元通りではないし、離乳食が進む息子は最近おっぱいを飲む量が減ったようなので、“授乳ダイエット”もあまり望めない……。だから最近ダイエットを始めました」(Kさん)

最近のママらしく、スタイルを気にしながら子育てをしているKさん。胸の形についても、いろいろと気をお使いのようですよ。

「母乳育児のママは脇に向かって胸が広がってしまうと聞いていたので、授乳用のブラはちゃんとバストをサポートしてくれるタイプを選びました」(Kさん)

一方、2歳の女の子と11か月の男の子を持つMさん(35歳)は、二児のママとは思えないほどスタイル抜群。自身のインスタグラムには、オシャレで素敵な日常の様子を日々アップしています。

Mさん本人は「それなりに努力しているんです」とポツリ。

授乳期は、母乳がうまくいかなくて、子どもたちにはミルクをあげたというMさん。同じ時期に出産した友だちより体の戻りが遅い気がしたので、2人目の時は妊娠中から「骨盤のズレを防ぐ」と産院ですすめられた骨盤ベルトをつけ、産後もつい最近までウエストシェイパーを着けていたそうです。

「夏は暑いんですけど、がんばって外しませんでした。慣れるとからだがシャンとする感じで、私は好きです」(Mさん)

すでに職場復帰を果たしたMさんは、「妊娠前の服を着て出社するのは、ひそかな喜び」と体型戻しの成果を語ってくれました。

子育てをしながら、自分磨きにも気を使うKさんとMさん。お二人に共通するのは、ママでも素敵であろうと楽しく努力しているところ、前向きな気持ちがあるところかもしれません。

もちろん妊娠・出産を経ながら、年齢を重ねていくママの体型が変わってしまうのは、ある程度は自然なこと……という“前提”は受け止める必要があるかと思います。その中でも「きれいでいたい」という気持ちを忘れず、焦らないで取り組めば、スッキリとしたからだも夢ではないようです。

 

03

【プロフィール】
米山 万里枝(よねやま・まりえ)

東京医療保健大学大学院医療保健学研究科 医療保健学部 看護学科/助産学専攻科 教授。医療福祉経営学博士。大学で看護師や助産師教育を実践するかたわら、大学内に産後ケア研究センターを設置し、キャンパスのある品川区との官学連携による産後ケア事業を行い、大学院の修了生たちと産後のママへの支援を行っている。後進の教育にも力を入れ、日本母性衛生学会などの理事も務める。研究課協力者として、「健やか21の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究」にもかかわっている。

妊娠・出産インフォ トップに戻る