特集「産前産後のママのからだ」(第4部)出産で変わった体型はママの“勲章” でも、ちょっとでも戻したい人に

特集「産前産後のママのからだ」(第4部)
出産で変わった体型はママの“勲章”
でも、ちょっとでも戻したい人に

妊娠・出産インフォ

太古の昔から、ママたちは自分のからだの中に芽生えた小さな命を育て、出産し、成長を見守って、次の世代をこの世に送り出してきました。

特集「産前産後のママのからだ」の最終回となる第4部は、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師にこれまでの内容を総括していただきます。妊娠中のママのからだはどうあるべきか、出産による変化やダメージを最小限にするためにできることなど、日本を代表する産科医のお話を伺いましょう。

 

妊娠中は適切な体重増を目指して、適度に太ってください

1

厚生労働省が発表した平成29年度国民健康・栄養調査結果(※1)よると、BMI(体重÷身長÷身長であらわされる体格指数)が18.5以下の「やせ」の女性は、20代で21.7%、30代で13.4%となっています。昭和58年のデータでは、20代が13.4%、30代になると7.7%でしたから、この40年弱の間に女性のやせ傾向は顕著になっているようです。

「昔の産科医は、妊娠して太りすぎるプレママが高血圧や糖尿病になることを心配したものです。ところが最近はもともとやせている上に、妊娠しても太りたくないという女性が多くなっている。その結果、赤ちゃんの成長に影響が出ているという研究も発表されています」(吉村先生)

(第1部「妊娠中の体重はしっかり増やすのが『正解』 その理由とは」) 

おなかの赤ちゃんの成長とともに、ママの子宮は大きくなり、羊水も増え、赤ちゃんに栄養を届けるための血液量も妊娠前に比べて40~50%増えていくそうです。胸も授乳に備えて乳腺などが発達し、大きく重たくなってきます。普通の体格のプレママなら、出産までに体重が7〜12㎏増えるのは当たり前のことのようです。

そして出産。ママのからだはかつてない変化を経験することになります。「赤ちゃんが3㎏、子宮は1㎏、胎盤や出血でだいたい1㎏ぐらいなので、出産直後の体重は出産前より5~6㎏減っているでしょう」と吉村先生。

その上、母乳を与えはじめたママは、赤ちゃんの分もエネルギーを摂らなくてはなりません。厚生労働省が策定した基準(※2)でも、普通に活動する18〜49歳の女性の摂取カロリーは一日1950〜2000㎉ですが、授乳中はそれに350㎉をプラスする必要があるとされています。ミルクの場合でも、赤ちゃんのお世話で体力を使うので、妊娠前と同じように食べていると体重は増えていきません

吉村先生によると、「産後6〜8週の産褥期が過ぎると、ママのからだは医学的には妊娠前の状態に戻っていく」ということですが、わずか10か月で体重が7~12㎏も増えて、腹部を中心に大きくふくらんでいたママのからだは、腹筋も皮膚もすぐに元に戻るというわけにはいかないようです。

産後の体型を戻すためには、適度な運動で筋力をつけましょう

2

赤ちゃんは、ママの狭くてまがりくねった産道を複雑に回転しながら通り抜けて、この世に誕生すると言われています。この時、ママのからだは、骨盤が開いて、陣痛とともに少しずつ赤ちゃんを押し出すのです。

「出産直後は、大きくなった子宮をつっていたじん帯はゆるんでいるし、腹筋も皮膚も伸びています。骨盤だって出産のために開いてしまう」と吉村先生。それらを元に戻すためのポイントは“筋力”とのこと。腹筋をつけると骨盤の戻りもよくなるそうです。

「産褥体操や骨盤体操に少しずつ取り組むのもいいと思いますよ。体が回復してきたら、肛門や腟を締める運動もするといいでしょう」(吉村先生)

(第2部「ママになっても、輝く女性でいるために」)

出産後は赤ちゃんの世話が最優先になるママ。自分のからだのことは後回しになりがちです。吉村先生は、こうアドバイスされます。

「産後のママたちは赤ちゃんの世話に追われて、運動不足気味のことが多いですが、適度な運動というのは、体を回復させるために大切なこと。1日3回、1回10〜15分でいいから、生活の中に体操を取り入れて、筋肉を戻していくと、子宮や膀胱の位置が下がってしまうような病気も予防できますし、体型の戻りにも寄与するのではないでしょうか」(吉村先生)

規則正しい生活と栄養のある食事が産後のママのからだを作ります

3

体型戻しの効果(特に下半身まわり)を謳われることの多い骨盤ベルト。吉村先生は産前の使用がママのからだを楽にするという点にも着目しています

「骨盤を支えれば、大きくなったおなかが安定するので妊婦は楽になるもの。簡単に着けられるベルトや妊婦用ボトム(妊婦帯)も、きちっと着ければ、前かがみの姿勢が矯正されて、妊婦が動きやすくなるんですよ。僕が一番いいと思うのはさらしの腹帯ですが、巻くのも洗濯するのも大変だから、今のプレママに使うことをオススメするのは難しいとは思いますが(苦笑)」(吉村先生)

産後は骨盤の開きを戻すような体操、さらには適度な運動で腹筋まわりを鍛えれば、骨盤のゆるんだ骨盤を締められると吉村先生。

また、母乳育児にともなう胸の“崩れ”についてもこう言います。

授乳すれば胸の形が崩れることもあります。僕は、それはママとしての“勲章”だと思います。母乳が出る、赤ちゃんもそれを求めているなら、いっぱい母乳をあげてください。その結果、胸の形が崩れた場合は、下着などをうまく活用するのも良いですね」(吉村先生)

今では妊娠中や産後のブラにもいろいろなタイプのものがあります。今の自分には授乳しやすいものが必要か、すっきりと形を整えるものがいいのか、生活やからだの状態に合わせて選ぶといいようですね。

(第3部 ワコールさんに聞きました 下着ひとつでこんなに違うの? 産前産後のママを助ける「やさしい下着」【PR】)

最後に吉村先生が教えてくださったのは、「充分な睡眠と栄養は産前産後のママの健康ばかりでなく、体型の戻りにもかかわってくる」ということ。初めての赤ちゃんのお世話で、毎日大変だと思いますが、「できるかぎり睡眠を摂り、しっかり食事をする」そういう毎日を送っていれば、自然と筋力が復活し、骨格も戻りやすくなるようです。

特に産後は、昼夜なく赤ちゃんのお世話をするママが睡眠不足にならないように、パパは積極的にサポートしてあげたいもの。パパだって、ママがいつも疲れていて、その上に体型の悩みまで抱えてしまうのは心配なはず。妊娠前から二人で赤ちゃんが生まれた後の役割分担を話し合っておきたいものですね。

さて、4回に分けてお送りした特集「産前産後のママのからだ」。体型についてプレママやママが持つ不安や悩みに何らかの答えを見つけたいと、さまざまな角度から、各専門家にお話を伺い、先輩ママたちの体験談も紹介してまいりましたが、みなさんのお役に立てたでしょうか。

ミキハウス「出産準備サイト」では、出産や子育てに奔走しているみなさんの気持ちに寄り添った記事をこれからもお届けしていきます。次回の特集もお楽しみに!

 

※1 平成29年度国民健康・栄養調査結果の概要(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000351576.pdf

※2 日本人の食事摂取基準(2015年度版)策定検討会報告書 (厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る