連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 特別編(前編) 「子育てはなるようにしかならない… だったら楽しみましょう」

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
特別編(前編) 
「子育てはなるようにしかならない… 
だったら楽しみましょう」

妊娠・出産インフォ

ミキハウス出産準備サイト「高橋たかお先生の何でも相談室」でおなじみの、慶應義塾大学医学部の高橋孝雄先生のはじめての著書『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』(マガジンハウス刊)が話題を呼んでいます。

そこで今回は、本を書かれたきっかけや思いなどについて先生に伺いました。前編では、子どもやママ・パパの代弁者である小児科医としての本づくりや読者の方々から寄せられた声などを紹介していきます。

 

子どもたち、ママ・パパ、そして小児科医の代弁者として

担当編集I(以下、I):まずは本書を出されるに至った経緯からお伺いできますでしょうか。

高橋先生:実はこちらで掲載された連載記事「子ども時代の『環境要因‐教育』について」がきっかけなんですよ。あの記事をきっかけに、数社の出版社からお声掛けいただいて、その中からご縁があった一社と本を作ることになったと。やはりあの記事の影響はすごく大きかった。こうして本にもなりましたし、それ以外にも様々なメディアの取材を受けることになりました。雑誌やラジオで著名人の方と対談するなんて、以前では考えられませんでした(笑)。

I:当サイトがきっかけになったのは、我々としてもすごくうれしいです。ちなみにあの記事はいまだによく読まれています。

高橋先生:それはよかった。実は、自分の考えていることを“一般の方々”に広くお話する機会は、出産準備サイトで連載を始めるまでは、まったくと言っていいほどなかったんです。もちろん医学者向けの本や論文はいくつも書いていますし、医学的なことについて講演会などでお話ししたりはしていました。それこそ、この世界に身を置いて36年間、ひとりの教育者として、後輩医師たちに経験を伝えていくことは自分の職務だと思っていました。一方、医学界以外の人、つまり一般のみなさまに「何か」を伝えられるなんて考えたこともなかったんです。

I:そうだったんですか。でも、先生の経験を「お医者さんだけのもの」にしているのはもったいないですよ(笑)。

高橋先生:ただ、自分の子育ては「父親として最低ランク」ですよ(苦笑)。そんなぼくが、医師の立場から、病気のことではなく、子育ての話を書かせていただいたわけですからね。そんなものが受け入れられるのだろうかという不安もありましたが、結果的に非常に多くの読者の方があの記事を好意的に受け取ってくださった。これはものすごい自信になりました。記事がネット上で広がり、それを見た出版社の方から本の話があった時、「ぼくも世の中に何か発信できるんじゃないか」と考えるようになったんですね。

02

I:そして今ではいろいろなメディアで発信をされていると…素晴らしいですね。さて、ご著書を読ませていただいて、私も含めて子育て中のママ・パパには非常に学びの多い一冊だと思いました。先生としてはどんな目的で本をまとめられたのでしょうか?

高橋:物言えぬものの“代弁者”であろうと思い、まとめました。医学界では「小児科医は子どもの代弁者たれ」と、よく言われます。日本の医学界ばかりでなく、アメリカでも言われている言葉です。結局、医師はみんな患者さんから学んでいます。ぼく自身、36年間小児科医をやってきて、一番多くのものを教えてくれたのは、病気の子どもたちや、その子どもたちを不安そうに見守るママの存在でした。だから、医師は物言わぬ子どもたちとママ、パパのための代弁者でなくてはならない。彼らから学ばせてもらったことを発信したいというのがまずありました。

I:なるほど。

高橋:悩みや思いがあっても、大人ですら、それをみんなに伝わる言葉で表現できる人って少ないですよね。その気持ちを引き出すのが、汲み取るのが代弁者だと思うんですよ。子どもにとっては、どこがどう痛いのかを伝えることだって難しい。虐待を受けていても、何か辛くて何が怖いのか、実感がないので言葉にできないものなんですよ。

I:「言葉は心を越えない」って、有名なアーティストの歌の歌詞にありますけど、自分の気持を思っている通りに伝えることは本当に難しいですよね。子どもなら、なおさらです。

高橋:小児科医はそういう子どもに寄り添って、「痛くて泣いているんじゃないよね、ママに近くにいてもらいたいんだよね」とか「手術が怖いんじゃなくて、大人たちが自分そっちのけで相談しているのが悔しいよね」とか、気持ちを汲み取り分かり易いことばに翻訳して、まずは本人に返してみるんです。それで子ども自身が「そうなんだ!」と思ってくれたら、次は本人の代わりにママに伝えてあげることだってできる。そうやって本人すら言葉にできない、もしかしたらしっかり捉えきれていない本当の気持ちをつかんで、それを他者に伝えること…それが本当の代弁者だと思うんです。

I:よくわかります。

高橋:また僕は、小児科医の代弁者にもなろうとも思いました。とかく小児科医は誤解されがちです。「小児科医は忙しいのに実入りが少なくて大変ですね」「少子高齢化でなり手も少ないですよね」という人もいるけれど、実際に小児科を生業にしているぼくらからすると、まったくそんな風には感じていません。小児科医は、世の中の役に立っていると実感できる素晴らしい職業です。そんな小児科医たちの思いを代弁者として伝えたいと考えたんです。

子育てにプレッシャーを感じている母親が多すぎる

I:読者の皆様からの反響などは先生のところにも届いているのでしょうか?

高橋:はい。実際に買って読んでくださった方から、ネットやお手紙でご意見をいただいています。そのほとんどが「肩の力が抜けて楽になりました」というものでした。「こうすればよかった」とか「ここをがんばる」ではなくて、「あ、気にしなくてよかったんだ」とか「救われた」と言うコメントが多かったんです。

I:そうなんですね。

高橋:裏を返すと、ママたちは肩に力が入っているんでしょう。がんばりすぎているというか、子育てを重荷に感じている。失敗は許されないと思っている。そして、ママは往々にして子育てについて、いつも反省している。少子化もあり、子どもは大事、大事と言いすぎている社会的風潮もある。大事に育てろというのは、逆に言うと責任を母親に押し付けていることにもなると思うんです。「少子化なんだから、子どもを産みましょう。産んだら、しっかり責任をもって育ててね」という社会の圧力があるというか…。

I:たしかに、子育てにプレッシャーを感じているママは多いかもしれないですね。

高橋:あとね、ネットを中心に医療や子育てに関する情報が溢れていますよね。ああいう情報はぼくが見る限り基本的に正しいです。ぼくのところに相談に来るママたちも、昔と比べて正しい情報を身につけているから、説明しても理解が早かったりする。ただ、ネットの情報が正しいからと言って、それらがすべてあなたの役に立つわけではないということも知っておいて欲しい。ぼくには、正しい情報に振り回されているママが多いような気がするんです。

I:それはそうかもしれないですね。あとSNSが一般化して、他人と比較しやすい社会になっているのも、ママたちの肩に力が入る原因かもしれません。他人のSNSって、気にしないと思っても、気になりますし…。

高橋:成功談も失敗談もみんな入ってくるけど、そこで自分の“位置”というのが自ずとわかってくる。当然、ママはよりよい子育てをしようとがんばるわけですが、これがプレッシャーの源泉になっている。ぼくが何度でも言いたいのは、そんなにがんばる必要なんて本当はないんだということ。子どもの個性や能力は、人類が何万年、何億年という単位で進化させてきた遺伝子が支配している部分が大きい。つまり「なるようにしかならない」わけです。

I:はい、常に先生が仰ってますね。

高橋:そうそう。世の中にはたくさんの育児書があります。何冊か読んでいただいたとして、その中にぼくが言っている「どうでもいいじゃん」「なるようにしかならないよ」「結果はあなたのお子さんの結果であって、あなたの育児の結果じゃないよ」という本が一冊ぐらいあってもいいじゃないですか(笑)。

I:そして、その本が売れているのは、子育てに前向きになりたいという方、もうこれ以上プレシャーを感じたくないという方が多いからなのかもしれませんね。

高橋:本当にそうですよね。子育てに責任を感じすぎる傾向は、本当によくないと思います。心から楽しんで子育てをしてほしいです。

※         ※         ※

続くインタビューの後編では、本の内容から、そこに込められた先生の思いを伺っていきたいと思います。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶応義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る