連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 特別編(後編) 親が子どもに与えてほしい「3つのこと」

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
特別編(後編) 
親が子どもに与えてほしい「3つのこと」

妊娠・出産インフォ

本サイトの連載陣でもある小児科医の高橋孝雄医師のはじめての著書『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』(マガジンハウス刊)が、子育て中のママ・パパばかりでなく、祖父母世代にも大きな反響を呼んでいます。そこでミキハウス出産準備サイトでは高橋先生に書籍インタビューを実施。前編では、出版のきっかけ、子どもやママたちの代弁者を目指しての本づくりや、読者の方々の声から浮かび上がる子育ての現実を紹介しました。後編となる今回は、本の内容を取り上げて、お話を伺います。

 

子育てに大切な「3つのこと」とは

I:ご著書は4つの章で構成されていますが、先生が読者の方に一番読んでもらいたいと考えたのは、どのあたりなのでしょうか。

高橋:第1章「子どもの個性、能力は親から受け継いでいる」は、遺伝子が子どもを守ってくれているという話です。医学的にも正しいし、事実が書いてあります。次の第2章「悩める子育て、いったいどうすればいい?」では、お母さんたちから寄せられる悩みに、「こうしたらいいんじゃないですか」と、ちょっと具体的に応えた形です。その中で、ぼくが一番時間をかけて大切に書いた部分は、第3章なんですよ。

I:第3章は「親が心がけたい、子育てに一番大切なこと」というタイトルがつけられていますね。

高橋:ここで、子どものために育んであげて欲しいものを3つ挙げました。「誰かの気持ちに寄り添える『共感力』、あらゆるシーンで自分のことを自分で決める『意思決定力』。さらに生まれてきてよかった、自分は自分でいい、と感じる『自己肯定感』。これらが、ひとのしあわせを守る3つの勾玉(まがたま)のようなもので、これさえあれば子どもたちはどんな苦境にも、さまざまな困難にも立ち向かっていけるだろうと思っています。

1

I:「共感力」と「意思決定力」に「自己肯定感」ですね。なぜこの章が“オススメ”なのでしょうか?

高橋:理由は単純です。“こうやるのが正しい”という答えがここには書いてないからです。いくつかのケースを挙げて、「ぼくはこう思う」と書いただけ。自己肯定感にしても、共感力にしても、意志決定力にしても、客観的に数値化できるものかと言えば、全然そうではないし、そんなものが本当にあるのかどうかすら証明はできません。ただ、そういうものがあると考えると、子育ての原則とか、良い/悪い、やっていい/やっていけない、ということがすごく理解しやすくなると思うんです。もっと言うと、この章を読んだお父さん、お母さんが自分たちの家庭の状況に合わせて、想像力を働かせて“応用”してくれたらいいなと。

統計や科学的な正しさよりも、人の心に響くこと

I:ところで、最後の第4章「病児とのかけがえのない出会いがおしえてくれたこと」では、過去に出会った患者さんたちのエピソードをいつくか書かれていますね。別の章とは若干毛色が違いますが、これはどのような意図で書かれたのでしょうか?

高橋:患者さんのことを本に書くことについては、ものすごく迷いました。一歩間違えば、彼らの尊厳にかかわることですから。でも“たとえ話の力”ってあると思うんですよ。世の中で、特に医学、医療に関わることで正しいと主張するためには統計や科学的な裏付けが必要で、“正確”であることが大前提のように思われているじゃないですか。でも本当に役に立つことって、「正しい」「正しくない」ではない。科学的でも正確でなくてもいい。読んだ人が心に感じるものがあるってことが大切じゃないですか。たとえばこんな子どもがいました。それって強い説得力があって、誰かの役に立つんじゃないかと思ったんです。

I:たしかにどのエピソードも心に響きました。

高橋:たとえば、子どもへの愛情を感じることができないという精神的問題を抱える母親に育てられ、脳が委縮するほどのダメージを負った男の子の話。病院に保護され、母親と長く離れて暮らすことになった。病院にいる間も施設にいる間も完全面会禁止。そして数年の治療を経て彼の心は回復し、いよいよ数年ぶりに母親と再開しました。彼はまだ6歳の子どもでしたが、「お母さん、病気治ったんだ、よかったね」と母親に言葉をかけたのです。実は退院の時に我々医師はその子に嘘をついていたのです。「お母さんは重い病気なんだ。だから一緒に暮らせないんだ。退院してもしばらく施設で暮らそうね」と。生まれて6年間、母親から一切の愛情を受けずに生きてきた。その状況でも「お母さんは病気なんだ。早く元気になってほしい」という思いを胸に養護施設で生きていたのです。ぼくの医師人生の中でも、強く記憶に残っている光景のひとつです。

02

I:凄まじいお話です。

高橋:ぼくの医師としての36年間の仕事を支えてきたものは、毎日の診察とかデータに基づいた治療ではなく、ドーンと衝撃をうけた一生忘れられない経験なんです。病気の子どもと向き合っていると、そういう経験を多くする。本に書かせて頂いた体験は、もちろんすべてが特異なケースですが、みなさんにとっても決して他人事ではありません。自分の子育てのヒントになる要素を掴んでいただけたらうれしいです。

「子どもがしあわせなら……それだけで みんな、しあわせ」

I:ところで、本書では「社会的な育児」について触れておられます。多様性が叫ばれる社会においては、子どもを産まない・育てない権利も尊重しよう、みたいな声もあります。
そういった状況の中で、この社会的な育児の重要性を説かれているのは非常に興味深いと思いました。

高橋:子どもを欲しくても恵まれない人もいるし、子育てよりも他にやるべき事があると思っている人も世の中にはたくさんいます。また社会は子育て前の世代、子育てが終わった世代など、子育てに(直接的には)関係のない人たちが大半を占めています。そして今子どもを育てている人も、それは人生の中では短い期間。となるとこの社会で暮らす多くの人にとって子育ては関係のない話になる。

I:はい。

高橋:これ、誤解をされては困るのですが、日本社会ではどこかに「子どもは子どもを産んだ人の“成果物”」という考えがあると思うんです。その成果物に教育を施し、将来の日本経済を支えるように育てるのは、成果物を産んだ母親の責任であると。

I:子育てにプレッシャーを感じるママも多いのはそれも一因かも…。

高橋:だからこそ、社会的な育児、つまり社会全体が育児に参加することを呼びかける必要があると思うんです。生物である以上、子どもを慈しみ敬うのは当然のこと。これは価値観とは別次元のもので遺伝子に組み込まれた本能ともいうべきものです。自分の種族の子どもを他人の子どもを含めて敬うから、こうして命をつなげていけているわけです。しかし、直接的に子育てをしている人だけが子育てをしなければいけないとなったら、その負担はその夫婦だけにかかってしまう。子どもがいる、いない、子育てをしている、していないにかかわらず誰もが、この社会に子どもがいることに感謝し、みんなで育てようと思えることはとても大切なことです。大人みんなが子どもに優しい目を向けて心を配る社会になれば、子どもがしあわせになるばかりでなく、なにより大人がしあわせになれる———ぼくはそう思っています。

3

I:そうした社会を実現してこそ、「最高の子育て」ができるようになるのかもしれませんね。

高橋:そうですね。「子どもがしあわせなら‥…それだけで みんな、しあわせ」。みんなしあわせになりたければ、子どもを守ろう。もし、あなたに子どもがいなくても、あなたの遺伝子には父性、母性が備わっているはずです。それをこの社会に暮らす子どもたちに分け与えてみてはいかがでしょうか。ぼくなりの提案です。子どもは未完成かも知れないけれど大人の従属物じゃない――社会の主役。社会全体が子どもに目を向け、関心を持つ、そんな“社会的子育て”が理想だと考えています。

I:みんなが目を向けることで、子育てしやすい環境になっていきそうですよね。

高橋:そうなんです。子どもに優しい社会になれば、当の子どもたちも、小学生や中学生の頃から「子どもっていいな」「かわいいな」と思えるようになり、「自分もいつか子どもを育ててみたい」と思うでしょう。また母親になって、電車で赤ちゃんが泣きやまずに困ることがあっても、また少し育てにくい子どもを授かったとしても、「私も他の子どもたちをあんなにやさしい気持ちで見守っていたんだから、きっと自分もひとりじゃない」と思えるはず。

I:子育てをする上で「自分ひとりじゃない」と心から思えることはすごく大切ですよね。

高橋:はい。最後に言いたいことは、育児は「義務」とか「責任」ではなくて「権利」だということ。ある限られた時期に与えられた権利であり、喜びです。そしてそれは実の親だけでなく、社会に暮らすみなさんが持っている権利なのです。

I:社会全体が子育てに前向きになれば、みんながしあわせになれる。そのメッセージは、出産準備サイトの連載でも引き続き届けていきたいです。本日はいいお話をありがとうございました

 

※         ※         ※

「子育てに大切な三つのこと」、「逆境に負けない遺伝子の力」、「社会的子育ての意義」と、先生の経験に裏打ちされた説得力のあるお話、いかがでしたか。本が出版されて以来、各メディアで注目を浴び、大活躍されている高橋先生ですが、ミキハウス出産準備サイト「高橋たかお先生の何でも相談室」の連載も、まだまだ続きます。お楽しみに!

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶応義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る