妊娠ができなくなるわけではありません 「子宮筋腫」の原因と対策 ~子宮のトラブル~(前編)

妊娠ができなくなるわけではありません 
「子宮筋腫」の原因と対策 
~子宮のトラブル~(前編)

妊娠・出産インフォ

妊娠・出産をつかさどる大切な器官、「子宮」。女性ホルモンの影響により、様々なトラブルがおきることもあります。代表的なものは、子宮筋腫と子宮内膜症。月経痛や腹痛などを症状とするこれらの疾患は、20代から40代の女性が発症することが多く、最近では不妊の原因としても注目されています。

そこで今回は「子宮周りのトラブル」として、子宮筋腫と子宮内膜症を取り上げます。前編では、子宮筋腫の症状や治療法について、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師にお話を伺っていきましょう。

 

まずは子宮の働きと妊娠、月経の仕組みを理解しましょう

01_01

子宮筋腫について教えていただく前に、子宮とその周りの生殖器と月経について理解しておきましょう。

子宮とは膣の奥の骨盤内に位置する袋状の器官で、子宮壁とよばれる厚い筋肉でできています。妊娠していない時の成人女性の子宮は、長さ約8㎝、幅約4㎝で、重さはだいたい40gほど。子宮の左右の端は卵管とつながっていて、卵管は卵巣から一定のサイクルで排出(排卵)される卵子を取り込み、精子がくるのを待ちます。受精に成功すると、受精卵は卵管を通って子宮に移動して着床します。こうして妊娠して子宮の中で胎児が育ち始めるのです。

また卵巣は、女性が生れながらにもっている卵胞を成熟させ卵子にして放出する働きのほか、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンを分泌する重要な役割を持っています。

子宮壁は子宮内膜と子宮筋層、漿膜(しょうまく)の3つの層から成り立っています。内側にある子宮内膜は水分を多く含む粘膜層です。真ん中の子宮筋層は筋肉と結合組織でできている平滑筋(内臓や血管の壁になる筋肉)で、子宮壁で一番大きな部分になっています。外側の漿膜とは、体の内臓器官を包んでいる薄い半透明の膜のことです。子宮壁の厚さは健康な女性の場合、1~2㎝程度と言われています。

「子宮内膜は排卵の後、妊娠した場合に子宮で赤ちゃんを育てるための準備として少しずつ厚くなっていきます。妊娠が成立しないと、新しいものに生まれ変わるためにはがれ落ち、はがれ落ちた内膜は血液と一緒に排出されます。これが月経です」(吉村先生)

一定の周期で繰り返す月経は、妊娠・出産のための準備が整っていることをからだが教えてくれているのですね。

子宮筋腫は30代の約3割に見られる、“誰にでも起こりうる疾患”です

1

子宮筋腫とは、子宮の壁の筋肉が異常増殖してできたこぶのこと。できる部位によって、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫という3つのタイプに分かれます。良性の腫瘍ですから、転移したり、体を衰弱させてしまうことはありませんが、からだの正常な新陳代謝とは関係なく増殖を続けて大きくなっていくので、さまざまな症状につながることがあります。

01_02

「特に強い症状が表れるのが子宮内膜の近くにできる粘膜下筋腫です。子宮の内側にせり出すように大きくなるので、月経量が異常に多くなったり、貧血や不正出血などが見られることもあります。また子宮内の障害物となり受精卵の着床を妨げるので不妊症の原因にもなると言われています」(吉村先生)

次に子宮壁の筋層内にできるものを筋層内筋腫と言い、子宮筋腫の多くがこのタイプです。小さいものならほとんど症状を感じない女性も多いようですが、大きくなると貧血や月経痛、不妊にもつながります。

01_03

(慶應義塾大学病院KOMPAS※から許可を得て転載)

「子宮筋腫と言っても、できた場所などで症状のあらわれ方は全く違います。粘膜下筋腫や筋層内筋腫の場合、月経量が多くなったり、月経の期間が長くなるのは、腫瘍によって子宮の内腔が広がって、内膜の表面積が大きくなってしまうために、はがれ落ちる量も増えるためです」(吉村先生)

子宮筋腫は性成熟期の20代から40代の女性が発症することが多い疾患で、女性ホルモンのエストロゲンが、腫瘍の増大に関係していると見られています。

「そのため、初潮前の子どもには腫瘍が見られることが少なく、また50代女性の腫瘍は閉経すると小さくなります」(吉村先生)

子宮筋腫の発症数は子宮疾患の中では最も多く、30代の女性の3割、40歳になると4割ぐらいの女性に見られますが、「発症する人の数は以前とほとんど変わらない」と吉村先生。それなのに最近になって注目されるようになってきたのはどうしてなのでしょう。

その理由として吉村先生があげたのは、「晩婚化、高年齢出産の増加によって妊娠・出産の時期と子宮筋腫の発生年齢が重なってきた」こと。

「以前は子宮筋腫が問題になる頃には出産を終えていた女性が多かったために、子宮を全て取り除く手術が行われてきました。ところが、最近はこれから妊娠したいという女性に子宮筋腫が見られた場合、子宮を残す手術を行わなくてはなりません。子宮筋腫の発症数はほとんど変わらないにもかかわらず、出産適齢期の女性が患うケースが増えてきた結果、難しい問題になっているというわけです」(吉村先生)

大切なのは早期発見 年に1回は婦人科検診を受けましょう

2

子宮筋腫の治療は腫瘍の数や大きさ、できた場所によって大きく違います。また、子宮筋腫が見つかったからと言って、妊娠ができなくなるというわけでありません。

「2~3㎝の腫瘍があっても気づかないうちに妊娠していて、妊婦検診で腫瘍が見つかるということも少なくないし、経過を見みながらそのまま無事に出産までこぎつける人もたくさんいらっしゃいます。つまり、子宮筋腫=妊娠・出産ができない、というわけではありません。30代で3割の女性がなる病気なので、『誰でもなりうる病気』とも言えます。基本的に命にかかわる病気ではないのですが、腫瘍が見つかったら最良の治療法をお医者さんと相談して決めてもらえたらと思います」(吉村先生)

仮に子宮筋腫が見つかった時に妊娠を希望しない場合は、「ホルモン剤でコントロールして腫瘍を大きくしないという治療法も考えられます」と吉村先生。

「妊娠を望む女性にとって子宮は失うことのできない体の一部。どうにかして腫瘍だけを取り除く方法を医師は模索します。なかには開腹手術でなくては取れない筋腫もありますが、通常は腹腔鏡手術で取り除けます。しかし、手術した場合はその後の出産が帝王切開になってしまう可能性が高くなるという問題もある。なので大切なのは、いかに早期に発見するかということ。小さな子宮筋腫は症状が出にくいので、早期発見のためには検診を受けるしかありません。経腟の超音波ならすぐに腫瘍を見つけることができますから、ガン検診の時に見てもらうといいでしょう。年に1回が理想ですが、最低2年に1回は定期的に検診を受けていただきたいです」(吉村先生)

子宮筋腫は予防法がなく、誰にでも起こりうる病気。だからこそ、早めに対処することが大切なんですね。続く後編では、最近増加しているという「子宮内膜症」について教えていただきます。

 

〈画像提供〉
(※)慶應義塾大学病院KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000044.html

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)

1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る