春到来!でも日差しがちょっと心配?紫外線の「適度」な取り入れ方とは

春到来!でも日差しがちょっと心配?
紫外線の「適度」な取り入れ方とは

妊娠・出産インフォ

明るい日差しに気分もほっこりする春は、赤ちゃんを連れて出かけたくなりますね。でも太陽が日に日に高くなり日差しが強くなってくると、紫外線が気になるところ。

近年、地球のオゾン層破壊が進行し、紫外線から受ける健康被害が増加していることが世界的な問題(※1)になっていますが、一方で極端に日を避けることのデメリットも報告されています。メリットもデメリットもあるという紫外線。知りたいのは正しい知識と「付き合い方」ではないでしょうか。

今回は国立国際医療研究センター小児科診療科長の七野浩之先生にお話を伺いました。

 

紫外線ってどんなもの?

陽の光が人間の営みにとって大切なもの、不可欠なものであることは誰もが知っていること。しかし、健康被害のある(と言われている)紫外線は避けたい、という方がほとんどではないでしょうか。ただ、紫外線とはどんなもので、どのような影響を及ぼすのかについてはあまりわかっていない……なんて方も少なくないのでは?

まずは紫外線について、七野先生にお聞きしました。

「端的に言うと、紫外線は光の一種です。下の表にあるように光は波長によって長いものから『赤外線』『可視光線』『紫外線』と分かれます。真ん中にある可視光線とは、読んで字のごとく目に見える光のことで、その領域は紫から赤に及びます。一方、赤の外にある目に見えない光を赤外線、紫の外にある目に見えない光を紫外線(UV=ultraviolet)と呼びます。また紫外線の中にも、波長によってUV-A、UV-B、UV-Cにわかれます」(七野先生)

02

医療機器に使われるX線、ガンマ線などは紫外線よりも波長の短い光。また赤外線より波長が長いものには携帯の通信や放送に使われる電波などがあります。もちろんいずれも目には見えません。

紫外線やX線のような波長が短い光は、細胞の中に入りやすいんですね。そのために体の中、細胞にも影響を及ぼすということなんです。たとえば紫外線を浴びるメリットとして、体内のビタミンDを生成するという働きもありますが、これも光が細胞まで及んでいるから。一方で日焼けというのは、これと同じで、紫外線が肌の細胞を壊してしまった症状のひとつです。日焼けがひどいとヒリヒリして痛みが出るのは、肌の細胞が壊されたから。ちなみに余談ですが、太陽からはX線も一緒に降ってきているので、日焼けにはX線も関係しているかもしれません。ただ量は少ないので、日焼けに一番大きな影響を与えているのが紫外線ということで“悪者”扱いをされているのではないかと思います」(七野先生)

七野先生の説明にあるとおり、紫外線には体内のビタミンDを生成するという大きなメリットがあります。昨今は、子どものビタミンDが不足しているという別の問題もあるため(ビタミンD欠乏症は骨の発育不良を起こし、「くる病」の原因にもなります)、あまり“悪者”扱いはせず、紫外線のメリットについても考えておいたほうがよいかもしれませんね。

地域や季節、時間帯で紫外線量は異なります

紫外線の強さは太陽との位置関係や天候と大きく関係しています。同じ気象条件なら、太陽が真上に近いほど紫外線が強くなります。

下の図は、1997年から2014年に札幌、つくば、那覇で観測された紫外線照射量の平均値をグラフにしたものです。紫外線は南に行くほど多く降り注ぎ、夏に強く冬に弱くなっていることが分かります。

04

また、時刻別にみると紫外線量が一番多くなるのは正午前後で、午前10時から午後2時までの間に夏は一日の照射量のうちの約60%、冬は70~75%が降り注いでいます。また、もっとも紫外線量が多いのが夏場も冬場も12時〜13時となっています。

05

なお紫外線には直接太陽から届くもの、何かに当たって散乱して届くもの、地面などで反射して届くものがあります。屋外で日陰にいても日焼けをするのは、散乱や反射した紫外線が当たっているから。雪山や砂浜でひどい日焼けをしてしまうのは、そういう理由があります。

「そもそも日焼けというのは私たちの体が紫外線にさらされることで、メラニンという色素が表皮につくられ、それに覆われることで肌の色が褐色になる状態を指します。先程、『紫外線が細胞を壊す』というお話をしましたが、表皮につくられたメラニンが紫外線を吸収したり散乱させたりして、体内の細胞や遺伝子が傷を負わないように守ってくれるのです」(七野先生)

人種や住んでいる地域によって肌の色がさまざまなのは、このメラニンが大きく影響しているため。メラニンが多いほど肌は黒く紫外線に対する抵抗性があり、少ないほど色白で紫外線への抵抗性がないということになります。黄色人種である日本人は、“世界レベル”でみるとメラニン量はちょうど中間くらい。メラニンの多い人も少ない人もそれぞれいますが、より紫外線への抵抗性がない色白の方はメラニンがつくられにくい体質だと考えられるため、しっかりとした紫外線対策が必要になってきます。

赤ちゃんの紫外線対策

06

「紫外線の害のうち急性疾患の代表は日焼けです。ただこうした疾患は時間が経てば自然と治ることは経験したことがあれば誰でもご存知かと思います。一方、慢性的な疾患としてはシミやほくろ、皮膚がん、白内障などがあります。目の水晶体の白濁によって視力が落ちる白内障は、高齢者の発症が多いことから長年紫外線を浴びることが関係するのではないかと言われています。ただ長期的な紫外線の影響については個人差もあり、原因と結果を断定することは非常に難しいです」(七野先生)

長期的な紫外線の影響――特に皮膚がんについては個人差もさることながら、地域間、人種間でも大きな差があると七野先生。たとえば世界でもっとも皮膚がん発生率の高い国のひとつと言われるオーストラリアでは、70歳までには3人に2人が発症し、毎年多くの方が皮膚がんで命を落としていると言います。皮膚がんの最大の原因は過度に紫外線にさらされてしまっていることと言われています。

皮膚がんについてはさらなる注釈が必要です。そもそも日本人など有色人種では皮膚がんの発症率が低い。もちろん全くないわけではないですが、紫外線のほかにも原因があることも分かっていますので、そこは知識として知っておいた方がいいかもしれません」(七野先生)

紫外線対策のやりすぎはビタミンD欠乏症の要因にもなり、まったくやらなければ大小さまざまな皮膚への疾患が起こりうる……では、“バランスのいい紫外線対策”とはどのようなものなのでしょうか。

環境省が発行する「紫外線 環境保健マニュアル」(※3)では、以下のような紫外線対策が奨励されています。

07

特に乳児については、「赤ちゃんの日光浴で気をつけること」として長い間日光に当てないようにし、外出の時にもベビーカーのカバーなどで強い日差しが直接当たらないように工夫することなども付け加えられています。また快晴でなくても雲に覆われた薄曇りの日でも、実は紫外線は80%以上透過しているので、くれぐれも油断してはいけません。

「長い時間直射日光に当たらないようにすることが、紫外線の害を受けないための最良の対策と言えるでしょう。ただ繰り返しになりますが、紫外線の強さは住んでいる地域や季節で違いますから、どの程度が許容範囲かはママ・パパの経験を生かして考えていただくのが一番確実かも知れません。そして紫外線がビタミンDをつくり出す大切な役目を持っていることも、無視してはいけません。紫外線についての正しい知識を身につけて、赤ちゃんの健康を守ってもらえるといいですね」(七野先生)

 

〈参考資料〉
※1「オゾン層保護(ウィーン条約とモントリオール議定書)」(外務省HP/2018年12月19日)https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/ozone.html
※2「Be SunSmart」(Cancer Council Australia/2018年)
https://www.cancer.org.au/preventing-cancer/reduce-your-risk/be-sunsmart.html
※3 「紫外線 環境保健マニュアル2015」(環境省/2015年3月改定)
http://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full/matsigaisen2015_full.pdf

 

dr

【プロフィール】
七野浩之(しちの ひろゆき)
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 小児科診療科長 小児科専門医 作家・森鴎外も医師として勤務したという150年の歴史を誇る国立国際医療研究センターで、日々病気の子どもたちと向き合っている。専門分野は小児血液腫瘍学、小児がんの子どもの長期フォローなど。

妊娠・出産インフォ トップに戻る