森三中・ムーさんの子育て日記 Vol.99 乳歯

森三中・ムーさんの子育て日記 Vol.99
乳歯

妊娠・出産インフォ

先日、11月8日は「いい歯の日」。しっかりと歯磨き、こまめな口内ケアはとても大切なことですね。それは子どもも同じ。さて、小学一年生になったムーさんのお嬢さんは乳歯から永久歯に生え替わるお年頃になったようです。今日は、そんなお嬢さんの歯の話。

 

☆乳歯☆

image0

1か月くらい前に下の歯がグラグラし始めて、少し経ったらスポンと1本抜けました。
でも抜ける前に後ろから永久歯が生えてきてました。
隣の歯も同様、グラグラしてる後ろから生えてしまってかなりガチャガチャしています。
私が通っている歯医者に連れて行くと、
私の顎と似ていて狭いから新しい歯が生えるときに入りきらないと言われました。

私の口もかなり狭い為、広げるために寝る時に矯正しながら寝ています。
口の中が狭い為に鼻腔も狭く、イビキをかくという事もあるらしく現在治療中です。

私の小さい時は、歯医者さんは虫歯があったら治してもらうために行くだけでしたが…。

今の子は幸せですよね〜
大人になったら口回りで苦労しないといいですね。
娘は私よりも歯が大きいと言われました。
初めての矯正は少し抵抗もあるかと心配でしたが
私が毎日付けているので、どういう物なのかわかっており話の理解も早く、安心したようです。
口の中の型をとるのも嫌がるころなく我慢できていたので、すごくビックリしました。

あれ、大人でも気持ち悪くなる時ありますよね〜。
帰ってから、娘に聞いてみました。
「よく我慢できたね〜」と言ったら
「うぇ〜〜〜ってなったよ〜。でもガマンした!」
と言ってました。

さすが一年生!
頼もしくなってきてます(^_^)

*   *   *

歯の治療を通じて、お嬢さんの成長を感じたというムーさん。こうした何気ない日常のなかから、他愛もない会話から、子どもの成長に触れられるのは、子育てをしているなかでの大きな喜びのひとつですよね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る