「無理をしないで、人に甘えて」 
森三中・村上知子が語る“ムーさん式子育て”《前編》

ミキハウス編集部

2014年3月17日に誕生したお嬢さんの成長、さらにママとしての奮闘ぶりを自身の言葉で綴ってきた森三中・村上知子さんの連載コラム「ムーさんの子育て日記」。同年5月にスタートして7年間、全105回に渡り続いた本連載も最終回です。

今回、連載の最後を締めくくる特別インタビューとして、前後編に渡り編集部の現役子育てパパでもあるIが村上さん(ムーさん)にお話をお聞きします。出産から現在までの子育てを振り返っていただきつつ、今現在、子育てをしているママにエールをいただきました!

村上知子(むらかみ・ともこ)

1980年(昭和55年)1月2日、神奈川県横浜市にて生まれる。吉本総合芸能学院(NSC)を経て、1998年に黒沢かずこさん、大島美幸さんとともにお笑いトリオ「森三中」を結成。2008年3月23日に一般男性と入籍。2014年3月に第一子となる女児を出産、その2か月後から、本連載をスタート。愛称はムーさん。

この7年間いろいろあったけど、あっという間でした

編集部I(以下、I)――まずは連載お疲れさまでした。出産直後からの7年間、105回もコラムを書き続けていただき、改めて感謝を申しあげたいです。

村上知子さん(以下、ムーさん)――こちらこそ自分のペースで好きなことを書かせていただき感謝しています。体調が万全でなかった時期もあり、なかなか書けないこともあってご迷惑をおかけしましたが、それでも締め切りを急かされることもなく…。そこに甘えてしまった部分もありますけど、こうやって続けてこられたことはとってもうれしいですし、形として残せたことは本当に“財産”になりました。

I――我々もそう言っていただけるとすごくうれしいです!

ムーさん――この7年間、たしかにいろいろあったし、その都度、悩みや不安もあったけど、改めて振り返ってみると本当にあっという間でした。それって、子育てが毎日新しい課題の連続で、それをひとつずつ乗り越えているからだと思うんです。

I――子育ては止まってなんかいられないですもんね。

ムーさん――そうそう。子どもの成長は早いですからね〜。そしていろいろ忘れてしまうんです(笑)。携帯電話に写真や動画を残しているので、「あー、このとき歩けるようになったんだ」とか「お喋りできるようになったなぁ」とか、かろうじて振り返れますけど、あれがないとほとんど忘れてしまうでしょうね。

I――この瞬間、一生忘れない!って思っていても、どんどん思い出が更新されていくから、自分の脳のメモリをオーバーしてしまうんですよね。それくらい子育てって、思い出が次から次へとやってくる。

ムーさん――そう、全部が思い出。たとえばウチの子が2歳ぐらいのときのこと。自分が出演しているイッテQ(日本テレビ系「世界の果までイッテQ!」)の“Qポーズ”が初めてできるようになったとき、すごくうれしかったですね。あまり喋れない頃、家族でテレビを観ながら、娘が一生懸命マネをするんです。ちゃんとできていないんですけど、それがまたかわいくて。

I――子育てって何気ない日常の一コマに、喜びがかくれているものですよね。

ムーさん――まさにそう思います。あと連載コラムでも書きましたが、仕事の長期ロケで家を不在にしなきゃいけないとき、北海道の夫の実家に預けたことも思い出深いですね。1週間くらいだったかな、娘とそんなに離れるのは初めてのことだったし、あの時は娘も喋れなかったので、すごく不安もありました。

I――幼い子どもと離れるのは不安ですよね。

ムーさん――でも、今思うのは、結局は親の「覚悟」があるかどうかだな、と感じますね。本当に私は子どもと離れられるのか、という覚悟。実際、子どもは全然問題なく、ケロッとしてましたし(笑)。子どもの方が強いんですよねぇ。

02

I――話は変わりますが、今でも出産のことって思い出されたりします?

ムーさん――よくありますよ。やっぱり出産に34時間もかけて、最後は帝王切開だったこともありますけど、人生であんなに大変なことは経験したことがなかったから。産後はダメージも大きく別室でひとりきり。赤ちゃんとも1日半くらいは会えなかったんですよ。

I――会いたいのに会えない…辛いですね。

ムーさん――そう。そして、主人も母も私には全然会いに来てくれない…。私はひとりで「誰も来てくれないなぁ」と天井を見上げてましたねぇ(遠い目)。最初に来てくれたのは、義理の姉でした。私が一人で別室に取り残されていることを気にかけてくれたみたいで。あのときはうれしかったなぁ、ええ、いろいろな意味で忘れられない思い出です。

I――それは忘れられないですね(苦笑)。

ムーさん――あと、授乳も大変でした。私の場合、おっぱいがよく出たので、あげられない辛さというのは経験しなかったのですが、とにかく出るので、娘もなんでもかんでもおっぱいで。ホント、乳首が取れるんじゃないかってくらい吸われ続けて、痛くて痛くて…。

I――おっぱいの悩みは、人それぞれありますけど「吸われすぎて痛い」方は多いですよね。ひどいと乳腺炎になっちゃいますし。そうならないための記事も出産準備サイトに掲載されているんですけどね。

ムーさん――こういうのを読んでおけばよかった…(苦笑)。あとは1歳半くらいのときに、突発性発疹が出たときも忘れられないです。お熱が出て、本人も苦しそうなんだけど、それが突発性発疹だとわかるのに3日ほどかかって。そういう初めての経験は不安にもなりますし、やっぱり覚えているもんですね。たくさん忘れているなかでも、あれは忘れられないな。

次のページ 「ひとりで抱え込む前に、とにかく他人を頼った方がいいです」

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

あなたへのおすすめ

人気の記事を見る

記事を探す

カテゴリから探す

キーワードから探す

妊娠期/月齢・年齢から探す