ベビーシューズのサイズ感と選び方

ベビーシューズのサイズ感と選び方

妊娠・出産インフォ

ベビーシューズは赤ちゃんの歩行をサポートし、からだや運動機能の発達にも影響する大切な役割を担っています。今回の記事では“たっち”ができるようになったら履かせたい「プレシューズ」と“あんよ”を始めた赤ちゃんのための「ファーストシューズ」について、特徴や選び方、おすすめの商品を紹介します。

 

赤ちゃんの足の特徴

まずは知っておきたい赤ちゃんの足の特徴について。生後3か月ぐらいになるとふっくらと丸みを帯びてくる赤ちゃんの足は、かかとが小さく、つま先が扇状に広がっていて、土ふまずがありません。甲の骨の大部分はまだ軟骨でもろいのも特徴です。

“たっち”を始めた赤ちゃんは足を踏ん張って立っています。そのうち足の中指、薬指、小指で地面をつかんで体を支えられるようになり、よちよちと歩き始めるのです。成長とともに骨が作られ筋肉もついてきますが、足の骨が完成するのは15歳から18歳の間です。足の骨の形成は将来の姿勢や運動能力にも関わってくるとも言われているので、小さいうちから成長に合った靴を履かせてあげたいものです。

赤ちゃんがハイハイで自由に動き回るようになると「もうすぐ“たっち”ができるかも」とママ・パパは期待してしまいますね。でも無理に立たせたり、歩かせようとすると、軟骨に負荷がかかり骨の成長に悪い影響を与えることもあります。

“たっち”や“あんよ”のタイミングは赤ちゃんのペースで。充分にハイハイをして、腹筋や背筋、腕の筋肉などの上半身を鍛えた赤ちゃんはバランス感覚や反射神経が養われるので、歩き始めると安定感があって転びにくいようですよ。

つかまり立ちを始めたらプレシューズを

つかまり立ちを始めた赤ちゃんは、足の裏から伝わる刺激で平衡感覚を養います。そのためこの時期に履かせるプレシューズは、足を保護しながらも、はだしの時のような感覚をダイレクトに伝えるものでなくてはなりません。また不安定な足首やかかとをきちんとホールドできることも大切です。

【プレシューズ選びの5つのポイント】

  1. 1靴底には滑り止め効果のある薄くて柔らかい素材が使ってある
  2. 2足首と甲に沿ってベルトでしっかり固定できる
  3. 3つま先の形が足に合っていて、足の指を動かせるぐらいの余裕がある
  4. 4かかとがぴったりと合っている
  5. 5シューズ自体が軽い

室内や柔らかい地面での“たっち”の練習に役立つプレシューズ。ベビーカーでお出かけする時、小さな足を冷えから守るためにも履かせてあげたいですね。

ファーストシューズのタイミングは?

“たっち”ができるようになって世界が広がった赤ちゃん。足の指を上手に動かして地面をとらえ、よちよちと歩き始めます。ママ・パパと手をつないで外歩きができるようになったら、ソール(靴底)が耐久性に優れた薄いゴムなどでできているファーストシューズを用意してあげましょう。

【ファーストシューズ選びの5つのポイント】

  1. 11. ソール(靴底)は正しい位置で曲がるように、薄くて柔らかい素材が使われている
  2. 2甲の高さが調整できるベルトがある
  3. 3つま先の形が足に合っていて、足の指で靴底をつかんで歩くための適度な余裕がある
  4. 4
  5. 51. つまずきにくいように、つま先が適度に反りあがっている

赤ちゃんがよく動くようになるこの時期は、かかとをしっかりとサポートするシューズがおすすめです。また甲の部分のホールド感と、ソールの柔軟性、履いた時に足の指を自由に動かせる適度な余裕もポイントです。

赤ちゃんの足のサイズの測り方

一般的に赤ちゃんの足は、かかとからつま先の一番飛び出しているところまでの長さ(足長)を測ります。靴は足長プラス0.5cmぐらいの余裕があることを確認して、サイズを選んであげるといいでしょう。ただし、ねんねやお座りの姿勢で測るとサイズが変わってしまうので気を付けて。“たっち”したところを測らなくてはいけませんが、無理に立たせるのは禁物ですよ。

大人だって靴を選ぶ時は試し履きが必要。赤ちゃんの靴は専門のスタッフのいるショップで実際に履かせて、つま先の形状や素材が赤ちゃんの成長に合っていることを確かめて選ぶのが確実です。また成長の早い赤ちゃんの靴は、3か月おきにサイズがあっているかを確認しましょう。

それではここからミキハウスがおすすめするベビーシューズをご紹介します。

おすすめのプレシューズ

まずはプレシューズから。

10-9380-450

プレシューズ(10-9380-450)
¥7,700(税込)
サイズ:10.5~12.5㎝ 色:白、赤、紺

骨や筋肉が発達していないデリケートな足をやさしく包んで支えるソフトなメッシュ素材で、通気性の良さも特徴です。

10-9381-453

プレシューズ(10-9381-453)
¥8,800(税込)
サイズ:11~12.5㎝ 色:白、赤、インディゴブルー

コットンキャンバスやデニム素材のひも靴風プレシューズ。ひもは固定されているので、履かせやすく安心です。

40-9342-455

合成皮革プレシューズ(40-9342-455)
¥9,900(税込み)
サイズ:11~12.5㎝ 色:白、ピンク

柔らかな合成皮革を使ったプレシューズ。左右違った刺繍が付いているのもポイントです。

40-9331-844

牛革プレシューズ(40-9331-844)
¥11,000(税込み)
サイズ:11~12.5㎝ 色:白

吸湿性に優れた柔らかな牛革をハンドメイドで仕上げたタッセル付きプレシューズ。長年保存しても風合いが変わらない上質な天然素材は、赤ちゃんの最初の一歩の記念にも最適。出産祝いとしても喜んでいただけます。

おすすめのファートシューズ

続いてはファーストシューズです。外でのお散歩なども楽しくなる時期なので、赤ちゃんにとってストレスフリーなシューズをセレクトしました!

10-9372-381

ピュアベール加工ファーストシューズ(10-9372-381)
¥8,250円(税込)
サイズ:11~13.5㎝、色:白、赤、紺

通気性に優れた柔らかメッシュ素材のファーストシューズ靴の中底と内側には、抗菌・抗ウイルス加工の「ピュアベール」(※)が施されたパイル生地を使用。靴内部の細菌の増殖を抑え、いやなにおいの発生を抑えます。

10-9373-384

ロゴ ピュアベール加工ファーストベビーシューズ(10-9373-384)
¥9,020円(税込)
サイズ:11.5~13.5㎝、色:マルチカラー、赤、インディゴブルー

ハイカットスニーカー風で包み込むような履き心地。靴ひも部分は伸縮性のあるゴムひもを固定してあるので、ほどよいフィット感でほどける心配もありません。靴の内部には、抗菌・抗ウイルス加工の「ピュアベール」を施しました。

11-9301-386

ファーストシューズ(11-9301-386)
¥10,780円(税込)
サイズ:11.5~13.5㎝、色:インディゴブルー、マルチカラー

幅広ベルトに赤ちゃんが大好きな乗り物や動物を刺繍。左右の模様が違うので、赤ちゃんも喜んで履いてくれそう。よちよちと歩き始めた赤ちゃんの足をしっかりサポートし、正しい歩行へと導きます。

11-9302-389

うさこ×お花 ファーストシューズ(11-9302-389)
¥10,780円(税込)
サイズ:11.5~13.5㎝、色:赤、インディゴブルー

つま先部分のレースやかかとのギンガムチェックがキュートです。柔らかくて丈夫な8オンスのデニム素材を使用。着脱が簡単で、赤ちゃんの足をしっかりとサポートする機能も充実しています。

13-9302-383

mロゴファーストシューズ(13-9302-383)
¥10,120円(税込/サイズ:11.5~13.5㎝、色:紺、白、赤)

スポーティなスニーカーデザインがかっこいいファーストシューズ。こちらも内部のパイル地には抗菌・抗ウイルス加工「ピュアベール」を施しています。

13-9302-970

ウイングチップ ファーストシューズ(13-9302-970)
¥11,000円(税込)
サイズ:12~13.5㎝、色:白

ウィングチップが上品でおしゃれな一足。柔らかい合成皮革で、汚れや水にも強く、活発に動き回る赤ちゃんの足を守ります。靴ひものゴム素材とベルトの面ファスナーでフィット感も抜群。足首部分にはパッドが付いていて、やさしい肌あたりです。

 

(※)「ピュアベール」とは…ミキハウスがクラボウと共同開発した抗菌、抗ウィルス加工法。優れた抗菌性と安全性で注目の固定化抗菌成分「Etak(イータック)」を生地にしっかりと浸透固着させ、繊維上の特定のウイルスの数を減少させます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※

赤ちゃんの靴選びは探しているときも、履かせるときも、そして履かせてよちよち歩きを見守るときも、全てが素晴らしい体験です。この一歩から、すべてがはじまる――そんな風に我が子のことを思いながら、靴選びを楽しんでくださいね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る