「KCA」って知ってる?
赤ちゃんとの生活に“頼れる味方”を持ちましょう

ミキハウス編集部

赤ちゃんとの初めての生活の中で、小さな悩みや心配が出てくるのは当然のこと。妊婦のときから、それは始まります。そんなとき、ママ・パパは誰に相談しているのでしょうか? 実は身近なところにいる“頼れる味方”をご紹介します。

赤ちゃんの悩みは誰に聞く? 現役ママに聞いてみました!

プレママ、産後のママに、「赤ちゃんに関する相談は誰にしていますか?」を聞いてみました。

kca_02

ママ友に話を聞いてもらいます。同い年の子どもがいる人とは、だいたい同じ時期に似たような悩みをもっていたり、克服したばかりだったり、わかってもらえることが多い。ママ友の悩みから、自分のやり方を振り返ることもできます」(30代ママ)

「妊婦のころから、たいていに相談していました。うちの子はちょっと言葉が遅かったのですが、『もう少し大きくなれば、○○ちゃん(息子)も話せるようになるから、心配しないのよ』と言われて、どんなに安心したことか。大先輩の言葉は大きかったです」(40代ママ)

「普段はママ友に話していますが、プロの意見が聞きたくて、区の相談室にも出かけたことがあります。でも、正直言うと私はあまり参考にならなかった。教科書に載っている模範解答みたいに感じたから。でも、それを聞いて少し冷静になり、気にすることはないなと思えました」(30代ママ)

 

相談して具体的なアドバイスをもらうだけでなく、親身になり心から寄り添ってもらえた実感があるからこそ、話したことで心が軽くなったり、安心したりすることができる。それがよいアドバイザーの条件なのかもしれません。

次のページ あなたの街にも! 社内認定を受けた「KCA」が待ってます

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

人気の記事を見る

記事を探す

カテゴリから探す

キーワードから探す

妊娠期/月齢・年齢から探す