赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(13) 夜泣きへの対応

赤ちゃんが生まれたらやるべきこと(13) 
夜泣きへの対応

妊娠・出産インフォ

赤ちゃんのかわいらしい寝顔を見つめて幸せな気持ちになるママとパパ。でも、寝入ったはずの赤ちゃんが夜中に突然大声で泣き始めどうしても泣き止まない。そんなことが毎晩続いたとしたら……。

「夜泣き」は、乳児期の子育ての中でもママ、パパにとって大きな試練の一つといえるかもしれません。「赤ちゃんはどうして夜泣きするのか」「どうやって乗り越えればいいのか」などを先輩ママ、パパの体験談を交えながらまとめてみました。

 

「原因がわからない」のが夜泣き

「夜泣き」とは、単に赤ちゃんが夜中に泣くということではなく、すやすやとよく眠っていた子が突然泣き出し、どうしても泣きやまないことをいいます。

初めて夜泣きを経験するママ、パパは「お腹が空いたのかな」「オムツが汚れて気持ちが悪いのかな」「具合が悪いのかもしれない」と心配していろいろ試してみるのですが、夜泣きの特徴は、はたから見ると「原因がわからない」こと。だから、ママ、パパはすっかり困りはててしまうのです。

早い子は生後2~3か月ぐらいから始まりますが、一般的には8か月ぐらいで夜泣きがひどくなるケースが多いようです。なかには1歳半ぐらいまで続くこともあります。

泣き方や時間帯、いつまで続くかも赤ちゃんによって違います。突発的に夜泣きをしたかと思うと1日、2日で治まる赤ちゃんもいれば、何か月も毎日のように泣く赤ちゃんもいます。時には夜泣きをしないまま成長する子もいます。またグズグズ泣きの赤ちゃんもいれば、火がついたように大声で泣きつづける赤ちゃんも……。ただ、一度泣き出すとなかなか泣きやまない点は共通しています。

「私も一緒に泣いてしまった」ママ、パパの夜泣き体験

赤ちゃんの夜泣きの原因として考えられているのが、未熟な睡眠サイクルです。人間は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しながら眠っています。夢を見るのはレム睡眠の時です。赤ちゃんはこの切り替えがうまくいかず、レム睡眠の時に起きてしまい、夜泣きをするのではないかといわれています。

また、成長する過程で記憶力などの知能が発達すると、昼間の経験がストレスとして脳に刻みこまれ、夢を見て泣くとも考えられています。

赤ちゃんの夜泣きはママ、パパの睡眠時間を削ってしまうだけでなく、気力も奪いがち。

「機嫌よく過ごして、すぐに寝入ったと思ったら深夜に突然ギャーと泣き出すんです。抱っこもおっぱいも効果がなくて、私も一緒に泣いてしまいました」(30代ママ)

「夜泣きが続いて妻が疲れてしまい、私が代わって面倒をみましたが、どうして泣きやまないのかと子どもの顔を見ながら恨めしい気持ちになったこともあります」(20代パパ)

「母に『いつかは終わるよ』と諭されて頭ではわかっていても、毎日続くとついイライラして声を荒げてしまって。そのたびに自己嫌悪に陥っていました」(30代ママ)

あとで冷静になると、後悔したり反省したりするママ、パパも多いのですね。

でも、夜泣きは病気ではありません。睡眠サイクルができあがる過程でよく起こるもので、泣くことで気持ちや欲求を伝え、成長していくのも赤ちゃんの特徴。ママ、パパは睡眠不足で大変かもしれませんが、こんな時にこそ協力し合って乗り越えていきたいものです。

親子の絆が深まる時間と考えて……

では、どうしたらいいのか。誰にでも効く特効薬はありませんが、これらの方法を試してみてはいかがでしょうか?

  • 抱っこして安心感を与える
  • 「大丈夫だよ。ママはここにいるよ」「いい子ね。ねんねしようね」と声をかけてみる
  • 赤ちゃんに添い寝する
  • 子守歌を歌う
  • 背中をさすったり、ポンポンと軽くたたいてみたりする
  • おっぱいやミルクを与える

yonaki_01

ママ、パパの「早く寝たい」「早く泣きやんでほしい」という焦りは、赤ちゃんに伝わってしまうようです。なるべくゆったりとした気持ちで、根気強くつき合ってあげましょう。

「先輩ママに教えてもらって、毎日寝る前にぬるま湯を入れたポットを枕元に置き、寝ぼけていても適温のミルクが作れる用意をしていました。夜泣きしてもお腹がいっぱいになると眠ってしまう日もあって助けられました」(30代ママ)

「うちの子は、おっぱいに見向きもせずに大泣きしていても、泣くだけ泣いて疲れたら、おっぱいを飲んで寝てしまうというパターンでした。親の忍耐力が試されているようでつらかったけれど、頑張ろうと思うことができました」(20代ママ)

このように、おっぱい、ミルクといった方法ひとつをとっても、赤ちゃんによって結果はそれぞれ。いろいろな方法を試してみて、その子のお気に入りを見つけましょう。

そのほか、
「外へ連れていき、家のまわりを1周すると落ち着いて寝てくれました」(20代ママ)

「パパに車を出してもらい、夜中のドライブをしたことも。振動が気持ちよくてすぐに寝てくれ、あわてて家に帰ったこともあります」(30代ママ)

という人も。こんな方法もあるのですね。最後に、添い寝をやめてみたというママの方法をご紹介します。

「おっぱいをあげながら添い寝していたのですが、思い切って一人で寝かせてみることにしました。寝る前30分ぐらいは明かりを落とした部屋でお気に入りのタオルを持たせ、子守歌を歌ったり背中をトントンしたりして気持ちが落ち着くようにし、寝入ってしまう前に部屋を出ます。最初は寂しがって泣いていて私もつらい気持ちでしたが、そのうち一人で寝つけるようになり、夜泣きも治まりました」(30代ママ)

ママ、パパの気持ちの問題でなかなかできないと思う人も多いでしょうが、欧米では一人で赤ちゃんを寝かせることはそれほどめずらしいものではないようなので、このことを頭に入れておいてもいいかもしれません。

夜泣きにつき合うことで、赤ちゃんはいつもそばで見守ってくれるママ、パパの存在を感じ、情緒を安定させていきます。子育ては始まったばかり。気負わず、くじけず、愛情をもって赤ちゃんの成長を見守りましょう。

妊娠・出産インフォ トップに戻る