シリーズ「真夏の子育て」第1部酷暑の夏を乗り切ろう!赤ちゃんのための熱中症対策

シリーズ「真夏の子育て」第1部
酷暑の夏を乗り切ろう!
赤ちゃんのための熱中症対策

妊娠・出産インフォ

一日の最高気温が摂氏35度以上になる「猛暑日」が、気象庁の予報用語として定義されたのは2007年のこと。その頃から夏の気温はどんどん上がり、40度を上回る気温が観測され、「酷暑」と表現されることも珍しくなくなりました。関東地方の梅雨明けが早かった今年の夏は、7月18日には群馬県館林と埼玉県熊谷ですでに14回の「猛暑日」が記録され、これからも厳しい暑さが続くことが予想されています。

暑い夏の日は、大人でも戸外にいるのはつらいですね。体が小さい赤ちゃんは、気温に影響を受けやすいのでなおさらでしょう。赤ちゃんが夏を元気に乗り越えるために、ママ・パパはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

シリーズでお届けする「真夏の子育て」の第1部は、熱中症の予防と対策について。東京都港区の愛育クリニック(旧愛育病院)で、小児科部長としてご活躍中の渋谷紀子医師にお話を伺いました。

 

熱中症予防の基本 環境に気を配り、水分補給はたっぷりと

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもってしまうことで起こる病気です。主な症状は、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気、だるさなど。消防庁のデータでは、今年も4月30日から7月8日の時点で、全国で11,210人(※1)もの人が熱中症で救急搬送されています。

「赤ちゃんに限った話ではないかもしれませんが、熱中症予防に有効なのは、まず環境に気を配ることです。暑い日中に、屋外に長時間留まらないこと、また長時間直射日光の下で遊ばせておかないことは基本ですが、室内でもエアコンを上手に使って、暑がりの赤ちゃんが快適にすごせる環境を整えてあげてくださいね。もちろん屋外に行く時は、帽子は必須です。赤ちゃんは直射日光を浴びて頭が熱くなると、体全体が熱くなってしまいます。帽子をかぶっていない場合、ママの日傘の中に入れたり、ベビーカーの日よけを下ろして日光が当たらないように気をつけていただきたいです。また日よけのついたベビーカーで移動する場合でも注意が必要です。ベビーカーに乗っている状態は、猛暑で熱を持った地表の影響を(ベビーカーを押している)大人よりも受けやすいですからね」(渋谷先生)

また赤ちゃんの体は、自律神経の働きが未熟で、放熱や発汗による体温調節が十分に発達していませんが、新陳代謝は活発。そのため汗や尿として体から出ていく水分が多く、大人に比べて脱水を起こしやすいとのこと。当然、熱中症予防のために十分な水分補給は欠かせません。

「水分補給もこまめに、が基本となります。ただ、2歳ぐらいまでの子は、自分からは欲しがることも少ないと思いますので、室内でも2~3時間おきにはあげた方がいいですし、屋外なら1時間ぐらいを目安に水分をあげてくださいね」(渋谷先生)

消防庁は室温が28度を超えないように、エアコンや扇風機を利用することを呼び掛けています(※2)。ただし、冷たい風が直接赤ちゃんに当たらないように、風向きやベビーベッドの位置を工夫しましょう。

また日本気象協会でも熱中症について知ってもらい、身近にある熱中症の危険に気づいて、熱中症対策の正しい行動を呼びかけるために、“熱中症ゼロへ”と言う特設サイト(https://www.netsuzero.jp/)を開設しています。地域の熱中症情報も毎日更新されていますから、外出の予定がある日はチェックしておくと、役に立ちそうです。

熱中症発症したかなと思ったら、まず涼しい場所へ

2-natsu

屋外で遊んだとか、暑い部屋に長くいたという時に、赤ちゃんの体が熱くなっていたり、ぐったりしているようなら、熱中症かも知れません。

大人は熱中症をめまいやだるさなどの症状で自覚できるのですが、言葉で伝えられない赤ちゃんの場合は、そういうわけにはいきません。体温が高くなる、皮膚が赤く乾く、ぐったりする、汗が出ない、もしくは大量の汗をかくなどの異常をママ・パパが感じて、発症に気がつくことが多いようです。

「熱中症かなと思ったら、すぐに涼しい場所に連れて行き、水分を与えます。経口補水液が一番いいのですが、代わりにジュースやゼリーなどでも構いません。あまり欲しがらなくても、一口ずつでもいいので飲ませましょう。あとは、衣服をゆるめて安静にさせて様子を見ます。熱が高いようなら、太い血管が通っているわきの下や足の付け根などをタオルでくるんだ保冷剤や冷たいタオルで冷やしてあげると楽になります」(渋谷先生)

赤ちゃんの脇の下や足の付け根専用の冷却パックも市販されていますから、冷蔵庫に用意しておくといざという時に役に立ちそうです。

「意識がはっきりしないようなら、すぐに救急車を呼んでください。自分で水分摂取ができなくなったら、点滴などの医療処置が必要です。出来るだけ早めに医療機関を受診してください」(渋谷先生)

暑くなったら服を脱ぐとか、水を飲むなど大人にとっては当たり前のことが自分でできないのが赤ちゃんです。赤ちゃんが熱中症にならないように、ママ・パパは十分に気をつけたいものですね。

 

〈参考文献〉
※1「平成30年都道府県別熱中症による救急搬送人員数」(消防庁) http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/heatstroke/pdf/300702-sokuhouti.pdf

※2「熱中症を予防して元気な夏を」(消防庁)
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2/pdf/leaflet.pdf

 

dr.shibuya

【プロフィール】
渋谷紀子(しぶや・のりこ)

総合母子保健センター 愛育クリニック 
小児科部長 母子保健科部長
医学博士

東京大学医学部卒業。東大病院小児科、愛育病院小児科などに勤務したのち、カナダのトロント小児病院に研究留学。帰国後は東大病院、山王病院、NTT東日本関東病院などを経て現職。自らも4人の娘を育てた先輩ママ。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。

妊娠・出産インフォ トップに戻る