家具 ベビーベッドの役割と選び方

ベビーベッドって必要なの?どう選べばいいの?

ベビーベッドは、赤ちゃんが一日の大半を過ごす場所。
赤ちゃんにとっても、それを見守る家族にとっても、安心できるものであることが絶対条件です。
その中でも、ベッドによってさまざまな機能があります。
赤ちゃんの成長にあわせて、長く無理なく使えるもの、家族の生活スタイルにあったものを選びましょう。

ポイント1:ベビーベッドって必要なの?

赤ちゃんとママの安心を守る役割があります。

ベビーベッドは赤ちゃんにとっても、ママにとっても大事なアイテム。「赤ちゃんのための場所」を用意することで、赤ちゃんの生活リズムをつくりやすくなります。

さらに、赤ちゃんの安全確保と衛生面でも重要。
2人目のお子さまの場合や、室内でペットを飼われたりする場合のけが等の防止にも役立ちます。

床面から近いほどほこりが舞いやすく、雑菌も多くなるので、キャスターが付いたベッドがおすすめ。ほこりが出やすいお掃除の際にも安心です。
ベッドは赤ちゃんの大切な空間であり、お城でもあります。
赤ちゃんのお着替えやおむつ替えなど、お世話をするときに中腰にならなくて良いので、ママの負担を軽減できるのも嬉しいポイントです。

ポイント2:どんなベビーベッドがいいの?

ライフスタイルにあう機能やサイズのものを選びましょう。

ベビーベッド選びで大切なのは「高さ」です。

毎日のお世話をする際に、赤ちゃんの上げ下ろしなどが楽にできる高さがおすすめです。
一般的には、お座りができる頃や、たっちができる頃にあわせて、床板の高さを調整できるものが便利です。
また、赤ちゃんが過ごす清潔な環境づくりのためにも、お掃除の際などに移動させやすいキャスター付きのものだと安心ですね。

また、赤ちゃんのお世話グッズは意外とかさばるものが多いのも事実。
ベッドの下が収納スペースになっていると重宝するでしょう。

デザイン的には、リビングにそのままおいておけるものがおすすめ。
カリモクのブナ材のベッドなら、インテリアにもなります。
サイズの都合でベッドがドアを通らない場合は、リビング用にはバウンサーがおすすめです。
ママがキッチンにいるときも、目の届く場所に赤ちゃんがいるのは大切なことです。

「チェスト」

動物の彫りがかわいらしいナチュラルなチェスト。
引き出し内側には、桐材を使用していて、大切な赤ちゃんの衣類を守ります。

ベビー用品について トップに戻る