いくつになっても健康な赤ちゃんを産むために…  「アンチエイジング」の大切さ  細川モモさんインタビュー(後編)

いくつになっても健康な赤ちゃんを産むために… 
 「アンチエイジング」の大切さ 
 
細川モモさんインタビュー(後編)

妊娠・出産インフォ

2009年に厚生労働省が発表した「人口動態統計」によれば、35歳以上で子どもを産んだ「高齢出産」の割合は22.5%。女性の社会進出が進み、キャリアデザインに大きな変化が見られています。妊娠、出産を果たすために、今の日本人女性が考えておかなくてはいけないことは何でしょうか? 予防医療コンサルタント、栄養コンサルタントとして、女性の体について研究、発表するチーム「ラブテリ 東京&NY」を主宰する細川モモさんに話を聞きました。

アンチエイジングは妊活にも重要

- 妊娠するためには、適正量の体脂肪と筋肉、そしてバランスのとれた栄養が大事だと伺いました(※関連リンク)。さらにもう一つ、日本人女性にアドバイスをするとしたら、モモさんは何を挙げますか?

これだけ高齢出産が増えている状況を考えると、やっぱり日頃から「アンチエイジング」を心がけることが大事だと思います。これは、男性についてもいえることです。「まだ20代だからアンチエイジングなんて…」と思うのではなく、20歳を過ぎたら、誰もが老化のプロセスにいると考えましょう。そして、食生活を見直し、整えることでアンチエイジングすることをおすすめします。

人間が老化する原因は3つあります。一つ目は「酸化」。簡単に言えば、細胞がさびることで、呼吸するだけで起きるものです。さらに、タバコや紫外線、運動などによって促進させてしまいます。

二つ目は「糖化」。食事から摂取した糖分が私たちの体内のたんぱく質と結びついて焦げてしまうことを意味します。焦げたたんぱく質が最終的に「AGEs」という物質になってしまうと、もう人間の力では除去できません。化粧品にも糖化を予防する働きをうたうものがあったり、毛髪も糖化によってハリやコシを失うため、抗糖化シャンプーなどが販売されるなど、近年いろいろと研究が進んでいる分野です。

最後は、「炎症」です。これは、体の中に入ってきた異物をはじき返す際に起こる、排除反応のこと。くしゃみ、咳、鼻水、涙、アレルギー症状やにきび、口内炎など、これらすべてが炎症反応です。近年では、炎症(inflammation)と老化(aging)から作った「インフラメイジング」(inflamm-aging)という造語ができるほど、炎症は老化に深く関わっていると考えられています。

現代人の老化を推し進めてしまう最大の要因は、「ストレス」です。男性は、「ストレスが多い」「喫煙する」という条件によって活性酸素が増え、体の酸化が進み、自分の精子を傷つけています。そうすると数も減少し、運動率が下がります(ただし、適度な量の活性酸素であれば精子を増やす働きも※1)。女性は喫煙によって、卵巣年齢を示すAMH(抗ミュラー管ホルモン)が低下し、卵子の老化が進みます。AMHはこれから育っていく卵胞から分泌されるものなので、この値が低いと早めの妊娠や体外受精が推奨されます。男性は何歳になっても、精子を作り変えることができますが、女性の卵巣年齢を若返らせる方法は現段階では見つかっていません。卵巣年齢のことを考えたら、自分が喫煙しないのはもちろんのこと、まわりの喫煙者にも注意したほうがいいですね。

※1 京都大学大学院医学研究科の篠原隆司教授らの共同研究グループ(京都府立医科大学、近畿大学)による研究報告

酸化防止には食卓を「5色以上」にすること

- もっと積極的に、私たちが老化のためにとるべき対策はどんなことでしょうか? まず、酸化を防止する方法から教えてください。

酸化というのは人間だけに起こるものではありません。たとえば、植物は紫外線の影響によって酸化しますが、自分の体を守るために「抗酸化力(ファイトケミカル)」という力を身につけています。色彩が豊かなものや香りの強いものには抗酸化力があるんです。
ですから、子どもを望むカップルの食卓は、色鮮やかであるべき。それぞれの食品によって名前は違いますが、大豆ならイソフラボン、トマトならリコピンなど、にんじんのβ‐カロテンなども、実はすべてファイトケミカルです。実際にリコピンやβ‐カロテン、ビタミンCの摂取は精子の量と運動率によい影響をもらたすという研究結果もあります(※2)。7色あることが理想なので「レインボーフード」と呼んでいますが、7色は難しくても、1回の食事で5色くらいは目指せるとよいですね。
※2 Hum Reprod 2012; 27: 2807

たとえば、ブロッコリーの緑、卵の黄色、味噌の茶色、ご飯の白、ナスの紫とこれだけでも5色です。そんなに難しくないですよね? でも、日本人がやりがちなのは2~3色です。煮物、お味噌汁、ご飯というように、茶色、茶色、白といった色合いになってしまいます。5色を意識することで抗酸化力が上がるし、自然に栄養のバランスもよくなります。色を増やそうと、ほうれん草のおひたしなどの小鉢を足したりしますよね。栄養素がわからなくても色を意識するだけで酸化を予防することができるんです。
またビタミンA、C、E(ビタミンエース)やセレン、亜鉛といったビタミン•ミネラルも抗酸化力を秘めています。たとえば、ビタミンAならβ-カロテン。かぼちゃやにんじんに多く含まれる栄養素として有名です。妊娠前のカップルにぜひ知ってもらいたい栄養素は「亜鉛」。別名「セックスミネラル」と呼ばれるほど、妊娠・出産において重要な役割を果たしています。牡蠣に豊富に含まれ、高い抗酸化力も秘めています。

糖化防止に役立てたい「GIスコア」

- 糖化も食事で防ぐことができるのでしょうか?

糖化は、酸化や炎症と違って、ある程度セルフコントロールできるもので、血糖値に着目した食事が有効です。糖化の原因となるのは、血液中の糖分ですが、糖化によって引き起こされる老化は、体の様々な部分に影響を与えます。糖化の影響をいちばん受けるのはコラーゲンで、肌のくすみやしわの原因にもなります。また、最新の研究により、先ほども申し上げた糖化最終産物のAGEsが卵巣機能障害の原因として重要な役割を果たしていることがわかってきました。

また、米国の研究によると、肥満の人はレプチンというホルモンを多く分泌していて、レプチンが多いと、AMHが低下する可能性があることが明らかになってきました(※3)。言い換えれば、これは卵巣年齢を上げてしまうことになりかねないということなのです。
※3 Hum Reprod 2013; 28: 1661(米国)

糖化を防ぐためには、「血糖値コントロール」をするということが大事。血糖値というのは、食品によって、急激に上がるものとそうでないものが決まっています。加工生成された食品はだいたい速やかに上がってしまいます。日本の食卓でいうと、白米やうどんなど。どんな食品がより早く血糖値を上げるかということを指数化したものが、グリセミックインデックス(GI値)といわれるものなんですね。数値が高いほど、食後の血糖値が跳ね上がりやすいものを指していますので、これからの食生活の参考にしてください。

そして、ここで勘違いしてほしくないのは、炭水化物を食べるなといっているのではないということ。炭水化物とは、糖質と食物繊維が合わさったものなので、安易に炭水化物を抜くことは食物繊維不足による便秘を招くだけでなく、糖質をエサとする腸内細菌にも悪影響です。腸内環境を健全に保つためには適度な炭水化物は必要ですから、スイーツなどからシュガーをとることを控えましょう。炭水化物なら血糖値の上昇が穏やかなもの、つまり白米より雑穀米、白いパンより胚芽入りのパンを選ぶなど、GIスコアの低いものを体に取り入れる工夫が必要だということです。

炎症対策のポイントはいい油と悪い油

- 体内に異物を入れることを防ぐためにできる炎症については、ある程度仕方のないことにも思えますが、日常生活で気をつけておく点は何でしょうか?

炎症に関していえば、体内に「炎症促進物質」ができると、かゆみ、痛み、咳などの症状が悪化してしまいます。この物質は、油と深い関係にあります。空気に長く触れていると油は酸化し、劣化します。油が酸素によって劣化(酸化)すると、「過酸化脂質」という物質が作られ、免疫低下や様々な疾病のリスク因子になります。

過酸化脂質を取り込んでしまう可能性が高いのは、やはり揚げ物です。特に時間がたち、色が変化してしまっている揚げ物は要注意。お惣菜屋さんの揚げ物やフライドポテトなどが代表的なところでしょうか。外で天丼が食べたいと思ったら、開店時間に行って食べましょう。家で揚げる場合も同様で、極力新しい油で揚げた白い衣の天ぷらを食べるようにし、時間がたって茶色く変化した衣のものは控えるように。油は酸化の影響を受けやすいため、ピザやドリアなどの「高脂肪食」を好む人も炎症が進みやすいと言われています。
油が原因でできた炎症を鎮めてくれるのも、実は油なんですよ。ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)といわれる必須脂肪酸で、「オメガ3」とも呼ばれているものです。たとえば、マグロやカツオなどのお刺身はDHAやEPAを含んでいるのでおすすめです。ただし、オメガ3は酸化しやすいため、加熱料理には適しません。オメガ3を豊富に含む食材は生で、亜麻仁油やシソ油などのオメガ3を含む油はドレッシングでとるのがいいでしょう。

また、私たちって噛むことで若返ることができるんですよ。噛めば、いっぱい唾液が出て、胃液も出ます。さらに、唾液の中に含まれている「ペクチン」は、アンチエイジングの成分だということがわかってきています。
こうやって見てみると、食事とアンチエイジングは密接な関係があることがよくわかりますね。
食事の内容や咀嚼を通して、食事で若返ることもできるし、逆に、老けることもできるんですよね。今日お話したことは、妊活をしているカップルにとっても大切なことですが、家族がこれから何十年も健康でいられるような「食卓の知恵」でもあると思います。これからはもっと食事の時間を大切にし、ぜひ有効に活用してみてください。

【プロフィール】

細川モモ(ほそかわ・もも)
予防医療コンサルタント、栄養コンサルタント
2011~2013 ミス・ユニバ−ス・ジャパン オフィシャルトレーナー
両親の末期がん闘病がきっかけで予防医療の道へ進み、欧米の先進的な取り組みや栄養学について7年以上現地で学ぶ。東京とニューヨークに支部を構える予防医療プロジェクト「ラブテリ 東京&NY」を発足、主宰者に。国内外の医療専門家や大学・企業とともに研究・論文発表等を行う。2012年には世界規模の「卵巣年齢研究」に着手し、NHKテレビで取り上げられる。著書『タニタとつくる美人の習慣』(講談社)、『BABY BOOK』(ラブテリ)。

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る