10人に1人といわれる「産後うつ」  その特徴と対策 Vol.1

10人に1人といわれる「産後うつ」 
その特徴と対策 Vol.1

妊娠・出産インフォ

妊娠中に「産後うつ」という言葉を耳にし、不安になったことがある人は多いかもしれません。実際に出産して、待ちに待った赤ちゃんのはずなのに、幸せな気持ちになれない……と感じたことがある人もいるのでは? 産後うつとは、出産をきっかけに発症するうつの一つ。「マタニティブルーズ」と混同しがちなこの症状について、産婦人科医でメンタルヘルスの専門家の宗田聡(そうだ・さとし)さんに話をうかがいました。

関連記事
女性の視点から見た産後うつとは?

 

「産後うつ」の具体的な症状とは

utsu_1_01

産後うつについて、宗田先生は「絶対的な定義があるわけではありません」と前置きしつつ、次のように説明します。「通常、お産が終わった後1年以内に発症するうつを指します。一般のうつよりも、早く見つけて早く対応すれば治りも早いというのが特徴で、早期にきちんとケアすればその8割は薬の投与なしに完治します」。女性の身体と心をサポートする宗田先生のクリニックでは、妊娠・出産、婦人科系疾患はもちろん、メンタル面でのサポートを求めて通う女性も多く、実際多くの産後うつの患者さんを見てこられたそうです。

宗田先生の言葉を借りれば、身体的にも精神的にも女性にとって一大事であるお産の後、いっぺんに起こる環境やホルモンの変化に対応できなくなる状態、これが産後うつとのこと。では、この病にはどのような症状があるのか、見ていきましょう。

●赤ちゃんや子育てに対して興味がわかない、やる気がおきない

「やる気がおきない」を通り越し、「かわいいという愛情を持てない」というところまでいくと注意が必要です。そうなると、お母さんは自分を激しく責めるようになり、さらにうつうつとした気分に……という悪循環に。一般的なうつ症状とも共通していますが、音楽を聞いたり、本を読んだりといった、趣味を楽しむ気持ちが消えてしまうこともあります。

●食事の支度ができなくなる

うつかどうかの症状を計るバロメーターとしてわかりやすのが、食事の支度。ご飯を炊いて、メインのおかずと副菜のメニューに加え、お味噌汁の具を決め、準備から調理までそれらの作業を同時にこなさなければならない食事の準備は、意外と頭を使うもの。うつ状態にある人は考えることができないので、今までなんなくこなせていた食卓を整えることが、非常に困難になります。

●常に寝不足で、体力的・精神的にも限界を感じる

utsu_1_02

産後は、授乳をはじめとした赤ちゃんの世話で、お母さんは毎日大忙し。常に寝不足で、体力的にも精神的にも疲れるのは当然なので、なかなか産後うつ状態にあることに気づかないことも。さらに、「疲れがたまってイライラする」と周囲に告げたところで、「そんなのは当たり前!」と一蹴されてしまうケースが多く、すでにいっぱいいっぱいまで頑張っているママがさらに頑張ることを強要され、結果として本格的なうつの発症につながってしまうケースも増えています。

上記の3つの症状がそろったら、産後うつが発症している可能性が高いことを覚えておきましょう。

産後ママの精神的ケアを担う場所がない……

もし、上記のいずれかに該当するような状態を自覚したときは、本格的な産後うつにならないように、対策が必要です。では、どうしたらよいのでしょうか? 

宗田先生は、「まずは、住んでいる地域の保健所へ相談に行くのが一番」といいます。「日本の場合、赤ちゃんを産んだ産婦人科に行っても、出産を終えたお母さんの心のケアまではしてくれません。小児科でも子どもの面倒はみてくれますが、お母さんの面倒まではみないのが通常です。産婦人科や小児科でお母さんが精神的不安定を訴えると、それは心療内科や精神科へ行ってくれと言われます。ですが、心療内科や精神科へ行くと、そこにはもっと重度の精神的疾患を抱える患者さんがたくさんいらっしゃるので、そういった患者さんと比べ症状が軽度の産後うつの場合、薬を処方されておしまいといった対応も多く、なかなか問題解決のための適切な処置を受けることができません。要は、産後のお母さんの精神的なケアをしてくれる機関がほとんどないのが現状なのです」(宗田先生)

現在、厚生労働省が支援する母子保健国民運動プロジェクトの「健やか親子21」の取り組みにより、各地域の保健所にはそのエリアのクリニックや病院についての情報が集約されています。たとえば、お母さんの精神状態まで気遣ってくれる先生が在籍する産婦人科や小児科の有無、産後うつに対応している病院の有無なども保健所に行けばわかります。住んでいる地域によって、それが婦人科なのか、心療内科になるのかなどは異なりますが、適切なケアを受けるためにどこの病院を訪ねたらよいかを知るためには、保健所を利用するのが有効です。

ねぎらいや思いやりが産後ママのストレスを軽減

utsu_1_03

そして、専門家の処置を仰ぐと同時に必要なのが、お母さん本人の環境改善。出産に伴う急激な変化がストレスとなって発症するのが産後うつなので、そのストレスの原因を取り除く、もしくは緩和することができれば症状は回復します。核家族化が進み、お母さんがひとりで赤ちゃんの世話をする大責任を背負いこまねばならなくなっていることが、産後うつが増えている大きな要因。宗田先生は、「少しでも多くの人に、精神的に押しつぶされそうになっているママへ関心を持ってもらう環境作りが大切」だと指摘します。旦那さんをはじめとする家族は、お母さんを気遣い、以下のようなサポートを心がけましょう。

たとえば、
●ママがゆっくりとお風呂に入れるように、旦那さんが赤ちゃんの面倒をみてあげる
●毎日頑張っているママに、常に「大丈夫?」「何か手伝えることはある?」と言葉をかけてあげる
●おじいちゃんやおばあちゃんに赤ちゃんの世話を頼んで、少しの時間、ママに息抜きをしてもらう

また、ママ自身も同じ時期の子どもをもつママと仲良くなり、情報交換したり、おしゃべりを楽しむ時間を持ったりすることも有効ですし、信頼できるベビーシッターさんを活用して、上手に息抜きの時間を作ることも必要です。

産後うつになるタイミングは人によってバラバラで、出産直後すぐに症状が出る人もいれば、産んでから半年以上も経ってからという人も。また、1人目の時にはならなくても、2人目、3人目の時になるということも珍しくありません。どちらにせよ、ママたちは何らかの形で必ずSOSサインを出しています。周囲の人々に求められるのは、そのお母さんのサインを見逃さすに気づいてあげること。気づいてあげられないと、お母さんはどんどん自分を追い込み、うつ症状が重くなってしまいます。気づいたときには、重度の症状を発してしまい、回復にも時間を要するということになりかねません。

お母さんが元気でいることが、赤ちゃんの幸せな環境づくりの基本。そのことを忘れずに、旦那さんをはじめとする家族は、ママが抱えるストレスを解消できるように行動しましょう。

 

※本記事は「産後のお母さんの精神的なケアをしてくれる機関がほとんどない現状」について問題提起することが目的であり、産婦人科や精神科への否定的な意図で記事を掲載していないことをお知らせいたします。

 

soda_prof

【プロフィール】
宗田聡(そうだ・さとし)
産婦人科医/「広尾レディース」院長
筑波大学卒業後、筑波大学講師、Tufts大学(米・ボストン)遺伝医学特別研究員を歴任。2003年、水戸済生会総合病院産婦人科部長・茨城県周産期センター長(筑波大学産婦人科臨床准教授兼任)を務めた後、広尾レディースを開業。現在、筑波大学大学院人間総合科学研究科非常勤講師としての顔も。著書に「31歳からの子宮の教科書」(ディスカバー・トゥエンティワン)、「産後ママの心と体をケアする本」(日東書院本社)、「産後うつ病ガイドブック(訳)」(南山堂)など。

【関連リンク】
広尾レディース
http://www.hiroo-ladies.com/

妊娠・出産インフォ トップに戻る