誰もがなりうる「産後うつ」 回復にはママの負担を減らすことと周囲の理解

誰もがなりうる「産後うつ」
回復にはママの負担を減らすことと周囲の理解

妊娠・出産インフォ

無事出産を終えてホッとしたのもつかの間、すぐに始まる赤ちゃんのお世話にママは大忙しです。睡眠不足や疲れに悩まされながらも、小さなわが子に癒やされ、励まされて、産後の大変な時期を乗り越えていくママは少なくないでしょう。

一方、からだが回復しても、こころが元気になれずに「つらい」「眠れない」という日が続くママもいらっしゃいます。もしかしたら、産後うつになっているかもしれません。一般的なうつ病は精神的・身体的ストレスなどが重なって起きる病気ですが、産後うつの発症には妊娠・出産によるホルモンバランスの変化も大きく関わっていると言われています。

今回は厚生労働省のプロジェクトチームでも活躍する国立成育医療研究センターこころの診療部の立花良之先生に、産後うつの実態や回復に向けての対策などについて伺いました。

 

「産後うつ」は産後のママなら誰もがかかりうる身近な病気です 

――昨今、メディアでも産後うつの問題が度々クローズアップされるようになってきています。それだけ社会問題化しているということかと思いますが、まず産後うつとはどういうものかということから教えていただけますか。

立花先生:産後うつの多くは出産後数ヶ月以内に発症します。脳が何らかの原因で機能障害を起こすうつ病のひとつで、朝から晩まで一日中憂鬱な気分が続いたり、楽しいはずのことが楽しいと思えなくなったりして、物ごとに対する興味を失うなどの症状が特徴です。そういった症状が産後の時期にしばらく続くと産後うつが疑われることになります。

――気分が落ち込んだ状態から抜け出せなくなる……産後のママがそうなってしまうと赤ちゃんの世話もすごく大変になりますね。

立花先生:ええ、症状が進むと思考力や集中力が低下することが多く、段取りを決めて物事を行うことも難しくなります。赤ちゃんが生まれて、家事と育児を要領よくこなしたいママにとっては生活に支障が出てしまうことがあり、そんな自分を責めると症状はますます悪化してしまうこともあります。

――それはつらいですね。うつ病が発症する割合は日本では人口の1~2%と聞きましたが、産後うつはどれくらいの割合で発症するものでしょうか?

立花先生:疫学調査によると、産後うつは出産した女性の10数パーセントが発症すると言われています。これは他の病気ではなかなかないような非常に高い数字です。もちろんひとくちに産後うつと言っても程度の差はあり、軽い産後うつなら、周囲の理解や協力が得られれば数週間で治ることも少なくありません。ただ、本人も周囲もなかなか気づかずに治療が遅れたり、こじらせてしまったりすると長引くこともあります。日常生活に支障をきたすくらい、こころの調子が悪い状態が続くようであれば、医療機関に相談されると良いでしょう。

――ちなみに、産後うつが注目されはじめたのは最近のことだと思いますが、実際に発症率は増加しているのでしょうか?

立花先生:産後うつになる方は、今も昔も一定の割合でいらっしゃいますが、日本では最近、医療機関・保健機関でこころのケアを重視してメンタルヘルスチェックを行うところも増え、産後うつが見つかる割合が多くなったということは言えるでしょう。保健師さんや助産師さんも積極的に支援してくれるようになってきたし、今まではどうしていいか分からなくてひとりで悩んでいたママが相談してみようと思える環境ができつつあるんです。それで注目されるようになったということはあると思います。

――一昔前は「マタニティブルー」という言葉が一般的だったと思います。これはイコール産後うつということでしょうか?

立花先生:マタニティブルーと産後うつは同じように聞こえますが、違うものです。マタニティブルーは出産後すぐに不眠を訴えたり、わけもなく悲しくなったりする症状で、急激に減少する女性ホルモンが精神状態に何らかの影響を与えることが原因と言われています。非常に多くのママが経験するのですが、産後3日から10日のうちに症状がなくなっていくのが一般的です。

――「産後クライシス」という言葉もありますが、これも同様に産後うつとは違うものでしょうか?

立花先生:ええ、産後クライシスというのは、赤ちゃんの誕生をきっかけに夫婦の関係がうまく行かなくなる状況を指します。例えば赤ちゃん中心の生活になるママと自分のペースを変えないパパがぶつかって、夫婦関係が危機状態になるというようなことです。産後うつとは全く違う夫婦間の問題ということですね。こういった産後に起こりうる夫婦関係の危機は、お互いに相手を理解しようとする姿勢をより意識していくことで、夫婦の絆を深めるチャンスでもあります。産後クライシスも、マタニティブルーや産後うつ同様に産後のどの家庭にもありうるものと考え、ぶつかった時により良い家族になっていくための機会にしていくと良いと思います。

健康に自信のあるママにも発症の可能性があります

2

――産後うつになる原因としてはどんなものがあるのでしょうか。

立花先生:社会的背景、生活環境、人間関係などいろいろな要因がベースにあって、産後のホルモンバランスの乱れや大きなからだの変化が引き金となって発症すると考えられています。

――まだわかっていないこともたくさんあるんですね。

立花先生:そうですね。核家族が当たり前となり、出産年齢も上がっています。家族のあり方も変化していて、昔はおばあちゃんに手伝ってもらえるのが当たり前だったけれど、最近は産院から帰ったとたんに家でママと赤ちゃんがふたりきりですごす家庭は珍しくありません。パパが仕事で忙しく、家事や育児の負担がママだけにかかってしまったりすると、ママのメンタルヘルス不調の原因になります。妊娠・出産で仕事を辞めたことがストレスになっている場合もありますし、妊娠中から家庭内で家族の絆をあまり感じられていないと産後うつになりやすいということも分かっています。多くの場合、複数の要因が重なっておきるものです。

――他にも産後うつになりやすい要因はありますか?

立花先生:以前うつになったことのある人はかなりハイリスクですね。ただ知っておいていただきたいのは、産後うつは特別な人がかかる病気ではなくて、健康で精神力に自信がある人でも発症するかもしれないということです。

――誰でも発症する可能性があるということですか?

立花先生:そうです。医師としてはそこをママやパパ、周りの人にもっと広く知っていただきたいと考えています。いつも元気で特に問題がないようでも、授乳の時間が気になったり、赤ちゃんの世話をしなればと気が張っていて、疲れているのに全く眠れなくなるママもいるんです。睡眠不足になると、からだがつらいだけではなくて、こころの調子も崩してしまうことがありますから、気をつけていただきたいです。同じママが1人目の時は大丈夫でも、2人目、3人目で経験するかも知れないし、反対のケースもあります。いつ誰がかかるか分からないということも知っておいていただきたいです。

回復のカギを握るのは、「環境調整」

ファミリーイメージ 撮影協力「京王電鉄株式

――では、産後うつを発症した場合の対処法、治療法についてお教えいただけますでしょうか。

立花先生:産後うつの治療として最初に行われるのは「環境調整」です。これはママがゆっくり休める環境を整えるということ。睡眠不足が重なって無理をしているなら、夜中はパパがミルクをあげるようにするとか、時々おばあちゃんに来てもらうとか。それが無理なら昼間赤ちゃんが寝ている間にママも一緒に眠るようにしましょう。また、どうしても家族のサポートが得られない状況であれば、自治体などの産後ケア事業を利用して、体を休めるようにするといいでしょう。睡眠はこころの健康にとても大切なんです。

――たしかに赤ちゃんが3か月すぎるぐらいまでは、「2時間ぐらいのこま切れの睡眠しかとれなくてクタクタ」と疲れを訴えるママは多いです。それを考えると、出産前から、住んでいる自治体でどんな産後ケア事業をやっているのか知っておくと安心ですね。

立花先生:そう思います。いまは、妊娠届出時の面接などで、妊娠中から産後にかけて受けられる公共サービスの説明をしてくれたり、冊子をくれる自治体が多いです。また十分な睡眠を取ること以外でも、つらい気持ちをパートナーや家族、友達に話すことでよくなっていくこともあります。要はひとりで抱え込まないこと。家族や周りの人も一緒に赤ちゃんを育てていくような環境があることで産後うつから立ち直れるママはたくさんいます。

――周りの理解やサポートをためらわない事が、産後うつを乗り切るために大切なんですね。

立花先生:はい。環境調整がうまくいく第一段階は、パパや周りの人が産後のママの大変さを理解する気持ちを持っていることです。そういう気持ちを持ってママに接していれば、様子がおかしくなったのも気づくはずですからね。にも関わらず、「子どもができたんだから、しっかりしなきゃダメだよ」なんていう態度で接していたら、ママがどんどん追い込まれてしまいかねません。赤ちゃんを迎えて新しい生活を始めたママをみんなでいたわって応援してあげてもらいたいですね。

――おっしゃる通りですね。なお産後うつにも程度の差があるとのことでしたが、そうした環境調整でも改善しない場合もあるかと思います。そういうときはどうすればよいのでしょうか?

立花先生:助産師さんや保健師さんに気軽に相談していただきたいです。症状や生活状況に合わせてどんな治療が必要かなどのアドバイスを受けることができます。ある程度症状が重いようであれば、心療内科などを受診することもおすすめしたいです。ちょっと程度が重い産後うつでも、薬やカウンセリングで比較的スムーズに回復することも多いんですよ。とにかくこじらせる前に、早めに対処することが大切です。

※          ※          ※

立花先生を中心とする厚生労働科学研究班グループは、2019年4月に世界初の母子保健システム「須坂モデル」を開発したことを発表しました。これは助産師、保健師、産婦人科医、精神科医など多職種の専門家がチームとしてプレママを見守り、妊娠期から産後のメンタルヘルスの向上を目指す取り組みで、科学的有効性の根拠を示したものとしても注目を集めています。次回の記事ではこの須坂モデルについて紹介し、産後うつ予防の重要性について考えていきます。

 

〈参考資料〉
(※)産前・産後サポート事業ガイドライン 産後ケア事業ガイドライン(厚生労働省 平成29年8月)
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/sanzensangogaidorain.pdf

 

【プロフィール】
立花 良之(たちばな よしゆき)
国立成育医療研究センターこころの診療部乳幼児メンタルヘルス診療科 診療部長 医学博士 精神保健指定医 日本精神神経学会専門医 日本児童青年精神医学会認定医 専門は周産期・乳幼児精神保健。厚生労働省の研究事業で「うつ病の妊産褥婦に対する医療・保健・福祉の連携・協働による支援体制(周産期G-Pネット)構築の推進に関する研究」(平成25~27年度)、「妊産褥婦健康診査の評価および自治体との連携の在り方に関する研究」(平成28年度で研究代表者を務めるなど、地域における妊娠期から子育て期のメンタルヘルス支援の実践・研究に携わっている 著書に「母親のメンタルヘルスサポートハンドブック」(医歯薬出版株式会社)

妊娠・出産インフォ トップに戻る