月末金曜15時退社でこれだけ変わる! 子育て家族の「プレミアムフライデー」活用法

月末金曜15時退社でこれだけ変わる!
子育て家族の「プレミアムフライデー」活用法

妊娠・出産インフォ

2017年2月24日(金)より、経済産業省が官民連携で推進する消費活性化施策「プレミアムフライデー」がはじまりました。施策の目的は、月末の金曜日は早めに仕事を切り上げて、実質“月末週休2.5日”にすることで消費を促そうというもの。まだ始まったばかりの施策であり、現時点では実施を見合わせた企業も多いため、自分とはあまり関係のないことと感じている方も少なくないかもしれません。しかしながら、世界的に見ても働きすぎだといわれる日本人の“仕事のあり方”に、今後良い変化をもたらすことが期待されています。

なにより子育て中のママやパパにとっては、家族とすごせる時間が増えることは喜ばしいこと。そこで今回、「子育て家族にとってのプレミアムフライデー」について考えてみたいと思います。

 

プレミアムフライデーってなに?

経済産業者や経団連の他、流通・旅行業界など、官民が連携した取組みである、プレミアムフライデー。まずはこの取り組みが始まった背景について、同施策を担当する経済産業省商務流通保安グループ流通政策課の渡邊賢一さんにお話をお聞きしました。

「狙いは国内での消費喚起にありますが、これを機に、充実感や満足感を実感できるような生活スタイルが全国的に広まるきっかけになればという思いも込められています。例えば月末の金曜日、いつもより少し早く仕事を切り上げることで、家族や友人と普段はできないような体験をしたり、心にゆとりのある時間をすごすことができるかもしれません。始まったばかりの取り組みですが、経済効果のみならず、こうした新しい日本人の生き方、働き方を見直すきっかけになればと思っています」

施策初日となった2月24日、早帰りを実施すると公表(報道も含む)した企業は130社程度だったとのこと。国内の企業数を考えると全体のおよそ2%という数字ではありますが、今後この取り組みは広がって行くのでしょうか。

「足並みを揃えたがる日本人の特性上、早帰りの企業を急速に増やすのは簡単なことではないでしょう。ただ、早帰り企業は130社程度でしたが、一方でプレミアムフライデーに関連したサービスを提供した企業や団体は4800以上(2/27夕刻時点)。これは想定よりもはるかに多い結果でした。定着までは時間がかかるかもしれませんが、今後毎月実施することで、徐々にプレミアムフライデーも日本人の中で当たり前の存在となっていけばよいと期待しています」

 

プレミアムフライデーを導入した企業に聞いてみました

01

それでは、プレミアムフライデーにあわせ15時退社の“早帰り”を実施した企業にお話を聞いてみました。

従業員のワークライフバランスの向上と業務効率のアップにさまざまな形で取り組んでいる森永製菓株式会社。今回、その一環としてプレミアムフライデーでの早帰りを実施したそう。同社人事総務部担当者の方は、その実態をこう語ります。

「初めての取り組みだったので、社員はそれぞれ『さて、何をしようかな?』と案を練っているようでした。たとえば、マーケティング担当部門の30代男性社員は『いつも仕事で帰りが遅いので、早めに帰って、息子をお風呂に入れてあげたい』、営業部門30代男性社員からも『平日は仕事優先になりがちなので、早めに帰って家族とすごす予定。妻と娘に、お土産を買って帰りたい』と、家族と楽しくすごしたいという声も多数届いています」

家族との時間をすごすために使いたいという社員の方も多かったようです。

続いて、2013年の田村公正社長就任時より“働き方改革”を実践してきた株式会社USEN。今回のプレミアムフライデーも、「全従業員に該当する制度を!」という想いで賛同したといいます。同社ではオフィス向けのBGMサービスで啓蒙コメントを放送したり、同社が運営するグルメサイト「ヒトサラ」ではプレミアムフライデーに使えるお店特集を開設するなど、施策を後押しする一方で、率先して社内で取り組んでいこうという空気があったそうですよ。

同社広報部マネジャーの清水さやかさんはこう言います。

「私も実際に未就学児を育てる母親ですが、フルタイムで働いていると保育園が同じ時短のママさんともなかなか会えません。けれど15時あがりのプレミアムフライデーは、時短ママさんと一緒に子どもの習い事の体験レッスンに行っても、時間がまだまだあるのでその後夕食を食べに行きたいと思っています。いつもとは違うメンバーでのご飯はとても新鮮なすごし方になりそうです」

思わず「なるほど!」と膝を打ってしまいそうな清水さんのお話。たしかにお仕事をしながら子育てしているママにとっては、同じ保育園のママ友といえ、時間の都合上なかなか会えないもの。しかし、プレミアムフライデーを利用すれば、そういうママ友ともコミュニケーションを深めることができるのかもしれませんね。

生産性の高い仕事をすることに加え、新たな価値観に触れたり、趣味や家族との時間を創出するため、積極的に“働き方改革”の取り組みを行っているサントリーホールディングス株式会社。社内からはプレミアムフライデーを利用して、「部署を挙げてレクレーションを行いたい」、「早い時間からオープンする飲食店を訪問したい」など、積極的に活用したいとの声が上がっているそうです。さらに子育て中の社員からはこのような声も聞こえてくるとか。

「普段は子どもの保育園のお迎えで、夕方以降のプライベート時間確保が難しいメンバーが多い部署では、15時からの懇親会を実施。『普段はなかなか図れない形でのコミュニケーションを取る貴重な機会』といった声を聞いています」(広報部担当者)

プレミアムフライデーで早帰りを実現しているのは大企業だけではありません。宮崎県日南市でも、このプレミアムフライデーに乗じた地域活性イベントが開かれ、盛況だったとか。同市のマーケティング専門官としてイベントを企画した田鹿倫基さんも次のように話します。

「市内の油津商店街に新しくできたゲストハウスで、プレミアムフライデー当日に、15時から焼酎100円、レモンハイ300円で提供するイベントを行い、老若男女たくさんの人がゲストハウスに集いました。私も1歳の子どもがいるのですが、妻と子どもも一緒に参加。商店街の真ん中で、家族と楽しい時間をすごすことができましたよ」

平日の昼に健全な雰囲気の中、家族とお酒を楽しむ。酒処・九州宮崎の子育てファミリーらしいプレミアムフライデーの楽しみ方ですね。

 

こんな風にすごしたい! 子育て中のママ、パパのリアルな声

02

毎月末、週休2.5日になることで増える家族の時間。これを上手に使うことで、家族の繋がりや子育ての充実度は格段に上がってくるのではないでしょうか。最後に、子育て家族のプレミアムフライデーの活用法について、現役の子育てママ、パパにも意見を聞いてみました!

◆〚新米ママをサポートしてほしい!〛
20代会社員女性(夫・20代自営業、子ども2ヶ月)

「我が家はまだ子どもが生まれたばかりなのですが、私もはじめての子育てということもあって、右も左もわからずてんやわんや。今は実家にいて母に家事や子育てを手伝ってもらっているから助かっているのですが、実家を出てさらに職場復帰した時には、きっと夫の手助けが必要になると思います。そういう意味で、プレミアムフライデーで早く帰ってきてくれれば、すごく心強いですよね。それと、子どもがもう少し大きくなって外に出歩けるようになったら、金曜日の夜から出発して少し遠出をしてみたいです。気軽に家族で出かけられるのは、やっぱりまとまった休みが取れる日でないと難しいので」
 
◆〚妻の時間をつくってあげたい〛
30代会社役員男性(妻・30代育休中 子ども2歳、1ヶ月)

「先月、二人目が生まれた我が家ですが、妻は掃除や洗濯といった家事だけでなく、子どもに付きっきりでなかなか一人の時間が持てていないなぁとずっと思っていました。僕もそんな妻をできるだけサポートしたくて、家事や子育てを手伝っているのですが、うちの会社にもプレミアムフライデーが導入されたら、妻が自分のために使える時間にしてあげたいですね。友達とご飯を食べに行くのもいいし、好きに羽を伸ばしてほしい。もちろんその時間は僕が子どもたちと遊んでいるので!」
 
◆〚妻が職場復帰してからの子育てに有効活用したい〛
20代国家公務員男性(妻・20代国家公務員 子ども11ヶ月)

「初めてのプレミアムフライデーは僕も早く帰ることができました。なんでもない日に早く帰ろうと思うと少し後ろめたい気持ちはありましたが、この日はやっぱり気持ちよく帰ることができて、帰路では家族で食べようとドーナツのお土産も購入。平日の明るいうちから家族三人で、笑顔ですごすことができるのはとても貴重な時間でしたし、早めに子どを寝かせることもできて、妻もゆっくりと休むことができたみたいです。育休中の妻が職場に復帰すれば夫婦が互いにサポートしながら子育てをしないといけないことになると思いますが、プレミアムフライデーが定着すれば、どちらかが羽を伸ばしたり、家族で外食に行ったり、きっと心に余裕がある子育てができるんじゃないかと思います」

※ ※ ※ ※ ※

月に一度、たった半日だけお休みが増えるだけで、子育て家族にとっては大きな変化をもたらしてくれそうなプレミアムフライデー。導入されたばかりで実際に早帰りを実施する企業はさほど多くはありませんが、かつて完全週休2日制が浸透していったように、数年かけて“月末週休2.5日制”として一般化していくのではないでしょうか。そうすれば、日本の家族のあり方も変わってくるのかもしれませんね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る