子育てママを助ける年の瀬の時短術	家事のプロ直伝の“ちょこちょこ大掃除”

子育てママを助ける年の瀬の時短術
家事のプロ直伝の“ちょこちょこ大掃除”

妊娠・出産インフォ

何かと慌ただしい年の瀬。子どものお世話に、家事、仕事と大忙しのママ・パパは、「年末の大掃除はもう無理!」なんてあきらめていませんか。

でも、そこは考え方次第。「子どもに手がかかる今は仕方ない」と割り切って、ちょっとした時間で、気になるところだけをママとパパで協力しあってサッとお掃除してみてはどうでしょう。いつもよりお部屋をきれいにできれば、気持ちよく新年を迎えることができるかもしれませんよ。

そこでミキハウス「出産準備サイト」では、小さな赤ちゃんがいるママ・パパでも、今からできる“ちょこちょこ大掃除”のコツを、時間と無駄な労力を省く家事メソッド「知的家事」を考案し、数多くのメディアで活躍をしている知的家事プロデューサーの本間朝子さんに伺いました!

 

【準備編】スケジュールを立てて、道具をそろえましょう

93_01

みなさん、こんにちは。本間朝子です。私は、家事に悩む方に少しでもラクになってもらうためのアドバイスをする仕事をしています。今回は、赤ちゃんのお世話で忙しいママ・パパのために、がんばらなくてもできる年末のお掃除法についてお話したいと思います。

まず、家の中を見渡してみましょう。汚れが気になるところはありませんか。暮らし方や家の間取りでそれぞれ違ってきますが、キッチン、洗面台、浴室、トイレなどの水回りは汚れやすいので、年末のこの機会にきれいにできるといいですね。

そこで、年末までに毎日少しずつ、ちょこちょこっと拭いたり、つけ置きするだけで、汚れやぬめりが取れて、さっぱり清潔になる水回りのお掃除テクニックをご紹介しましょう。

 

■やりたいこと、できそうなことをカレンダーに書き入れます

最初に「お掃除カレンダー」を作ります。“いつ”“どこ”を掃除するかを書き込んでおくと、やるべきことリストにもなります。終わったところを線で消していくようにすれば、予定通りできない日があっても、忘れずに後ですませることができます。

93_02

あれもこれもと欲張らないで、お皿洗いのついでや赤ちゃんのお昼寝中などにひと手間かければ終わるぐらいの作業を、一日に一つか二つ予定表に入れてみましょう。

またスケジュールの目安ですが、冷蔵庫掃除は、クリスマスのホームパーティが終わったタイミングがおすすめです。お正月のための食品を入れる前に、中身を整理しましょう。洗面台は一回でピカピカに磨こうと思わずに、日々のちょい拭きで。ちょっと時間がかかりそうなガス台、換気扇などのつけ置き洗いはパパの冬休みが始まってからにして、網戸はパパにお願いする。毎日使うお風呂とトイレは年末最後に、という具合に予定を立てると、案外スムーズにできそうです。

 

■掃除する場所に合わせて道具をそろえましょう

【必要なお掃除道具一覧】

  • 洗剤(重曹、クエン酸、カビ取り剤、トイレ用洗剤など必要に応じて)
  • 雑巾(着古したシャツなどを小さく切って使い捨て布に)
  • ゴム手袋
  • プラスチックのカード(焦げやこびり付き除去に効果的。不要になった会員証などで)
  • ごみ袋(レンジの五徳やフィルターのつけ置きに)
  • エチケットブラシ(網戸掃除)
  • 急須の注ぎ口用ブラシ(浴室扉の通気口の掃除に。100円ショップにもあります)
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 掃除機

※重曹とクエン酸について
〈重曹〉自然界にあるアルカリ性のミネラル・炭酸水素ナトリウムの通称。キッチンの油汚れやお風呂の皮脂汚れに効果的です。重曹水は小さじ1杯の重曹に水100mlで作ります。
〈クエン酸〉レモンなどの柑橘類に含まれている酸性の成分。水垢など、こびり付いた汚れを落とすのに力を発揮します。クエン酸水は、クエン酸小さじ半分に水100mlが基本です。
どちらも基本的には無害で、食用に使えるものもありますが、赤ちゃんがなめたりしないように気をつけしょう。また、一度にたくさん使うと手が荒れることもありますから、ゴム手袋を使いましょう。

 

【実践編】一気にやるのではなくて、時間のあるときにちょっとずつ

93_03

準備が整ったら、いよいよお掃除を始めます。冷蔵庫やガス台、浴室の掃除は途中で手が離せないので、赤ちゃんのお昼寝の時間や、ママとパパが揃って家にいる時間を上手に利用しましょう。それでも赤ちゃんのお世話で中断しなければいけない場合もあるかも知れません。その時に終わらなくても、お正月休みに続きをやるとか、休み明けから少しずつとかでもなにも問題はありません。柔軟に考えて、気楽に取り組みましょう。

今回は「年末にはこれくらいやっておきたいところ」に絞った“ちょこちょこ大掃除”の方法です。

 

■ガス台、換気扇、魚焼き器はつけ置きでラクラクきれい

ガス台まわりはどうしても頑固な汚れがつきがちなので、このタイミングでいつもより丁寧に掃除をしておきたい場所です。おすすめはつけ置き洗い。やり方はいたって簡単です。シンクの中にごみ袋を置き、ガス台の五徳、換気扇のフィルター、魚焼き器を入れてから、重曹、食器洗いの洗剤とお湯を加えます。30分ぐらい放置してから、細かい部分の汚れは歯ブラシでこすり落とし、すすぎましょう。

93_04

その間にガス台、魚焼き器の網を抜いた内側の部分も重曹水で汚れをふき取ります。この時使い捨てできる布を使うと便利です。焦げ付きはプラスチックのカードでこすると台を傷つけずに取れます。なかなか汚れが取れなくて、もっとつけ置きしたいなら、五徳や魚焼き器などを一つずつ、大きなチャック付き保存袋に入れる方法もあります。これなら場所を取らず、必要なパーツだけをつけておくことができます。

■触らないで何とかしたい排水口のぬめり取り

浴室や台所のシンクの排水口には、重曹1カップとクエン酸2分の1カップを入れます。その上からお湯を注ぎ入れると発泡するので、15分ほど置いてから流すと排水口内のぬめりが取れます。

■お正月前に冷蔵庫を整理しましょう

クリスマス前は洋風の食材でいっぱいだった冷蔵庫。お正月のおせち料理のスペースを作るために、中身を整理しましょう。賞味期限が切れている食品や調味料などが入れっぱなしではありませんか? 冷蔵庫は7割収納が理想的。一番下のたなに、鍋一つ分の空間を開けておくと、残った料理を鍋ごと保存する場合や、おせち、手土産を保存するときに便利です。汚れがつきやすい冷蔵庫の扉は清潔な布に重曹水を吹きつけて拭きます。

■浴室扉の通気口にたまったほこりも忘れずに

93_05

浴室の換気扇の効果が落ちないように、浴室扉の通気口のほこりを掃除しましょう。通気口は、たいていの場合、扉の下部にあります。100円ショップやホームセンターで売っている「急須の注ぎ口ブラシ」は狭いすき間でも使えるので、歯ブラシが入らないところでも汚れが取れます。

■清掃ついでに、重曹風呂はいかが?

浴室の清掃は、お風呂用洗剤で皮脂や石鹸かすを落としてから、カビ取りをしましょう。タイル目地の黒ずみは、気になる部分に細く切ったペーパータオルを置いてからカビ取り剤を掛けると流れず効果的です。また、入浴時に湯船に重曹を1カップ入れておくと湯垢予防にもなります。

■トイレ掃除 タンクと便器の外側は除菌シート1枚で一気に

便器の内側は、トイレットペーパーを貼りつけて、トイレ用洗剤を吹きつけます。30分ほどおいて汚れがゆるんだら、ブラシでこすって流します。タンクと便器の外側は、除菌シート1枚でササっと拭き掃除を。汚れが少ない順にフタの表→フタの裏→便座表→タンクや便器側面→便座裏と拭いていけば、シート1枚で手早くきれいになります。

■壁のスイッチ周りをきれいにするだけで清潔感アップ

部屋の入り口付近の目につく場所にある照明のスイッチ周り。たいてい白っぽいプラスチック板でできているので、手あかが付きやすく、ちょっとした汚れも案外目立ちます。部屋全体を磨けなくても、スイッチ周りの小さなスペースをピカピカにすれば、見た目はかなり違います。住居用洗剤をつかってもいいし、消しゴムでこすっても手あかは消えます。

■みるみるうちにきれいになる網戸の掃除テク

93_06

普段はなかなか手が回らない網戸の掃除は、年末にやっておきたいところです。おすすめするのは洋服のエチケットブラシ(布製のほこり取り)でなでるようにこすると面白いように汚れが取れます。エチケットブラシは、100円ショップでも買えますし、古くなったものを使ってもいいでしょう。

■洗面台周りは洗顔ついでに毎日ちょい拭き

洗面台周りは毎日使い、汚れも都度残ってしまうので、日常的に簡単なお掃除をすることが大切。たとえば朝夕の洗顔の後、スポンジにハンドソープをつけて洗面台をさっと洗いましょう。また顔を拭いたタオルで、洗面台と蛇口の水分をふき取り、ついでに洗濯機の上も拭いてタオルは洗濯物のカゴへ。化粧水をつけた後のコットンは、排水口に引っかかった髪の毛などをつまみ上げてから捨てましょう。何日か続ければ、洗面所はピカピカになりますよ。

■エアコンのフィルター掃除は水洗いで

エアコンのフィルターは外して、ほこりの付いた外側から掃除機をかけて、付着しているほこりを吸い取ります。次に掃除機をかけたのとは逆の内側からシャワーで水洗いし、乾かします。赤ちゃんのためにも、お部屋の空気はきれいに保ちたいですね。

 

パパのやる気をアップさせるのは、ママのやさしい一言

93_07

家事も育児もママ・パパが協力して、同じモチベーションで取り組めるのが理想。でも忙しくて帰りが遅いパパは家事に不慣れで、冬休みぐらい手伝ってもらいたいと思いながらも、どれくらいあてにできるのか不安なママもいるでしょう。近著『「やらないこと」から決める世界一シンプルな家事』の第六章「家族の力を合わせて効率化させる」でも触れましたが、こんな時にパパの力を発揮してもらうには、ママがパパにどんな声掛けをするかが、大きな鍵になるようです。

 

■肯定的な言葉がけでパパのやる気を引き出す

家事のやり方が違うと、つい「なんで言ったとおりにしてくれないの?」なんて注意してしまうママもいるのでは。でもそんな言い方では、パパに「家事をやってもろくなことがない」という印象を植えつけ、やる気をなくしてしまうことにもなりかねません。
これは子育てにも通じるかもしれませんが、ポジティブな声がけを心がけてください。旭化成ホームズの「共働き家族研究所」によると、パパをやる気にさせるのは「妻と子どもの感謝と喜びの言葉・姿」なのだそうです。感謝の気持ちは出し惜しみせず、どんどん言葉にしてください。

 

■パパのタイプを見極めて、やってもらうことを決めましょう

家事をうまくシェアするには、パパのタイプに合わせて、ママがどんな風にパパに手伝いをお願いするか、やり方を説明するかが大切です。パパが家事に対してやる気も能力もある場合は、口出しせずに任せましょう。
やる気があるのにやり方が分からないパパには、丁寧にやり方を教えます。網戸や排水口の掃除などやさしいことを担当してもらうと、自信がついて次につながるかも。
たまには家事が上手なのにやりたがらないパパもいるでしょう。そんなパパには、『これとこれ、どっちがやりたい?』とか『私はこっちをやるので、あなたはこっちをやってもらえる?』という言い方をすると気持ちよくやってもらえるようです。
最後はやる気がなくて、家事ができないパパ。一番困ってしまうタイプですが、ママが大変なことを伝えて、相談してみましょう。自分の事は自分でやってもらうだけでもママはラクになりますよ。

※    ※    ※

本間さんのお話を参考に、「無理せず、できる範囲で最大の効果をあげる」を目標にママとパパが力を合わせて取り組めば、赤ちゃんがいる家庭でも、年の瀬のお掃除を何とか乗り越えられそうですね。来年は赤ちゃんがお掃除をするママの真似をするようになるかも知れません。成長したわが子がパパと肩を並べて家中の網戸を拭く姿が見られる日もそう遠いことではないでしょう。

きれいになったお部屋で、家族みんなが笑顔で新しい年を迎えますように。

 

93_08

【プロフィール】
本間朝子(知的家事プロデューサー)

不動産会社の企画営業、フードプランニング会社のチーフディレクターを経て独立。自分自身が仕事と家事の両立に苦労した経験から、ムダな時間と労力を省く「知的家事」を考案。セミナーや研修、便利グッズの開発などを通してメソッドを伝えている。日本テレビ「ヒルナンデス」、NHK「あさイチ」などのテレビ、『クロワッサン』(マガジンハウス)、『レタスクラブ』(KADOKAWA)、『ESSE』(扶桑社)などの雑誌、新聞等でも活躍。
著書に『家事の手間を9割減らせる部屋づくり』『写真でわかる!家事の手間を9割減らせる部屋づくり』(ともに青春出版社)、『幸せを呼ぶ家事「時短」の楽しい小ワザ88』(祥伝社)、『「片付く仕組み」のつくり方』(三笠書房)、『「やらないこと」から決める 世界一シンプルな家事』(日本実業出版社)他。2018年1月8日には新書『ムダ家事が消える生活』(サンクチュアリ出版)を発売予定。

93_09

妊娠・出産インフォ トップに戻る