【発達段階別】赤ちゃんのための安全で快適な部屋作りのポイント

【発達段階別】
赤ちゃんのための
安全で快適な部屋作りのポイント

妊娠・出産インフォ

生まれたばかりの頃は、ほとんどの時間を眠ってすごしていた赤ちゃん。生後3~4か月ごろには寝返りを始め、1歳すぎぐらいにはあんよができるようになります。わが子の成長はママ・パパの喜びですが、時には想定外の行動にヒヤッとすることも増えてきます。赤ちゃんが毎日をすごす部屋は、安全・安心で快適な場所にしておきたいものです。

そこで、赤ちゃんのための安全な部屋作りについて発達段階を追ってまとめました。

赤ちゃんのための安全な部屋作りで気をつけたいこと

 

【ねんね期の部屋】お世話のしやすさも大切なポイント

【1】赤ちゃんのベッドや布団周りはすっきりと片づける

【1】赤ちゃんのベッドや布団周りはすっきりと片づける

新生児は布団やタオルが顔にかかっても自分で払いのけることができません。窒息の危険をなくすために、ベッドにタオルやぬいぐるみを置かないようにしましょう。また壁の飾りや額なども、ベッドに落ちそうな位置にある場合は移動させるとよいでしょう。

【2】おむつ替えはママが楽な姿勢でできるベビーベッドで

【2】おむつ替えはママが楽な姿勢でできるベビーベッドで

産後のママは中腰の姿勢がつらいこともあります。ベッド面の高さが70cmぐらいあるハイタイプのベビーベッドなら深くかがむ必要がないので、おむつ替えや着替えが楽になります。まだ小さくて動かないからと柵のない台の上などに寝かせると、すべって位置がずれることもあり危険ですから、必ず安全な場所でお世話しましょう。

【3】授乳スペースを確保

【3】授乳スペースを確保

新米ママたちが「予想以上に大変」と感じるのが授乳です。この時期は1日8~10回ぐらいは繰り返して行いますし、赤ちゃんが上手に飲めなかったり、途中で眠ってしまったりで時間がかかるとママのからだへの負担が大きいのです。ゆったりとした気持ちで授乳できるように、背もたれのある座椅子や姿勢を変えられるクッションを置いたスペースを用意しておきましょう。睡眠不足のママ・パパがつい居眠りをして、高い椅子から赤ちゃんが落ちるようなことがあっては大変ですから、できるだけ低い場所で授乳してあげた方がいいでしょう。

【4】お世話用品は一緒に収納

【4】お世話用品は一緒に収納

赤ちゃんのお世話に使う道具は、まとめて収納が◎。探す手間も戻す手間も省けるので、お世話がちょっぴり楽になります。おむつやおしり拭き、汚れたおむつを入れる袋などはプラスチックケースやバスケットに一緒に入れておきましょう。授乳の時に赤ちゃんのお口を拭くタオルとママの乳首ケアに必要な清浄綿、クリームなども授乳スペースの近くにひとまとめにしておくと、さっと授乳が始められます。粉ミルクなら、哺乳瓶や洗浄用の容器などの置き場所を決めておくといいですね。

 

3か月ぐらいまでのねんね期の赤ちゃんは自分では移動できないのですが、手足をバタバタさせているうちに位置がずれて思いもかけない場所にいることがあります。また柔らかすぎるマットやソファは赤ちゃんが沈み込んで危険です。よく眠っているように見えても、目を離すときには必ずベビーベッドなど安全な場所に寝かせておきましょう。

【寝返りを始めたら】赤ちゃんのためのスペースを

【寝返りを始めたら】赤ちゃんのためのスペースを

生後3~4か月で首が座ると寝返りが始まります。寝返りが上手になった赤ちゃんはクルリクルリと何度も回転して、部屋の端から端まで移動してしまうことも。触れるものは何でも触り、口に入れるようになるのもこの時期です。誤飲事故も起こりやすくなるので、触って欲しくないもの、小さなものを赤ちゃんがいるスペースに置かないようにしましょう。

 

【1】ベビーサークルやベビーゲートで自由に遊べるスペースを

【1】ベビーサークルやベビーゲートで自由に遊べるスペースを

起きている時間が少しずつ長くなり、笑ったり、声を出したり、表情が豊かになってくる赤ちゃん。からだを動かすのが楽しくてたまらない赤ちゃんのために、ベビーサークルで部屋の一部を囲って専用のスペースを作れば、ママ・パパも安心して見守ることができそうです。

行動範囲が広がってきたら、近づいて欲しくない場所の方をサークルで囲ってもいいでしょう。赤ちゃんが自由に動き回れる部屋があるなら入り口にベビーゲートを設置して、危ない場所に行かないようにしておきましょう。

【2】引き出しや戸棚にはベビーロックを

【2】引き出しや戸棚にはベビーロックを

赤ちゃんは毎日新しいことにチャレンジし、次々と学習しています。まだ何もできないと思っていても、ある日突然ズリバイや寝返りで移動し、引き戸や引き出しの隙間に指を差し込んで開けてしまうことだってあるのです。指を挟むと危ないのでベビーロックを付けて、開かないようにしておきましょう。

触って欲しくないもの、口に入れるとあぶないものが入っているなら、高い場所に移動させておきます。

【3】コンセントにはカバーを

【3】コンセントにはカバーを

コンセントは赤ちゃんの目の高さにあって興味を引きやすいものです。指などを入れると感電の危険がありますから、赤ちゃんの手が届くコンセントにカバーを付けておきたいですね。

【4】誤飲しそうなものは手の届かない棚に

【4】誤飲しそうなものは手の届かない棚に

触れるものは何でも口に持っていくのが赤ちゃんです。赤ちゃんはトイレットペーパーの芯を通る大きさものは飲み込むことができると言われています。誤飲事故で特に注意が必要なのはボタン電池、ボール状の洗濯洗剤、薬などです。これらは手の届かない棚にしまいましょう。

【ハイハイができるようになったら】ぐんと広がる行動範囲を意識したお部屋作りを

【ハイハイができるようになったら】ぐんと広がる行動範囲を意識したお部屋作りを

からだを動かすのがますます楽しくなり、ズリバイやハイハイで離れた場所まで移動できるようになります。ねんねやうつぶせで見えていたのとは違う視界が広がってきます。赤ちゃんはますます活動的になって、予測がつかない行動をすることも多くなります。

 

【1】家具の角にはクッション材を

【1】家具の角にはクッション材を

興味のあるものを見つけると、わき目もふらずハイハイで突進する赤ちゃんが家具に頭をぶつけることもあるでしょう。よちよちと歩けるようになっても、頭が大きくて転びやすいものです。赤ちゃんが1日の大半をすごすリビングルームの家具の角にはクッション材を付けて、赤ちゃんをケガから守りましょう。

【2】電気製品のコードやブラインドの紐は手のどかない高さに

【2】電気製品のコードやブラインドの紐は手のどかない高さに

床の近くにコードや紐が垂れていたら、赤ちゃんが引っ張ってしまうかもしれません。もし、それが使ったばかりのアイロンや熱湯の入った電気ポットのコードだったら…。ブラインドの紐も首にかかってしまうと大事故につながります。紐は大人の胸の高さでまとめ、電気製品のコードも垂らさないように注意しましょう。

【3】よじ登り対策もしっかりと

【3】よじ登り対策もしっかりと

この時期の赤ちゃんは段差によじ登るのが大好きです。窓の下に置いた箱や台によじ登り、開いている窓枠から身を乗り出すようなことがあっては危険です。窓の下には登れるような台などは置かないように。また窓には引き戸用の補助錠を付け、換気する時には5cm程度開けて固定するなどしましょう。

【4】ベビーベッドの天板は低く設定

【4】ベビーベッドの天板は低く設定

ねんねの時ばかりでなく、おむつ替えや着替えに便利なベビーベッドですが、ねんね期と同じように高い段のまま使っていませんか? 赤ちゃんがつかまり立ちを始めたら、転落の危険がありますので天板は低く設定しましょう。

はじめてのお誕生日がすぎた頃には、たっちやあんよが上手になって、ママ・パパの後を追いかけて家中を移動できるようになっているかもしれません。泣き声で気づくと、昨日までは届かなかった扉や引き出しを開け閉めして指を挟んでいたなんていうこともありそうです。

消費者庁のハンドブック(※)によると、1歳までの赤ちゃんの事故の多くが転落と誤飲です。家の中は赤ちゃんにとって安全な場所になっているかを一度きちんと見直してみましょう。

 

※         ※         ※

周りにあるモノを触ったり、口に入れたり、家中を移動したり。赤ちゃんは好奇心のおもむくままに動き回り、いろんな経験を積み重ねて、心もからだも成長していくのです。ママ・パパにとっては気がかりな行動でも、それは成長の証。赤ちゃんがのびのびとすごせるように、安全で快適なわが家にしてあげてくださいね。

〈参考文献〉
(※)子どもを事故から守る_事故防止ハンドブック (caa.go.jp)(消費者庁)

妊娠・出産インフォ トップに戻る