最初で最後の“はじめての冬”毎日を特別な1日にしてくれる冬の着こなし

最初で最後の“はじめての冬”
毎日を特別な1日にしてくれる冬の着こなし

妊娠・出産インフォ

もうすぐ本格的な冬が訪れます。初めての冬を迎えるわが子が寒さに負けずに健やかに毎日をすごすために、どんな服を着せてあげたらいいのでしょう。

118_01

お話を伺ったのは、ミキハウス阪急うめだ本店でKCA(子育てキャリアアドバイザー)として活躍する岡田由紀子さん。お客さまから「何でも相談できる」と頼りにされている販売員さんです。

今回は「毎日を特別な1日に」をテーマに、赤ちゃんの成長を追いながら、日常の服装だけでなく、この時期ならではのお出かけのための防寒着やスキンケア、寝冷え対策などについても教えていただきます。

 

ねんね期の赤ちゃんには汗取り用の短肌着も着せてあげましょう

118_02

まず、赤ちゃんが快適にすごせる部屋の温度について「0〜3か月の赤ちゃんはお布団の中でネンネしている時間が長いため、大人の感覚からは少し低めの22〜23度に設定しておくのがいいと思います」と岡田さん。

生後3か月までの赤ちゃんは体温調節機能が未発達。ちょっと暑いとすぐに汗をかくし、新陳代謝が活発なので、「汗取りと汚れ取りのための短い肌着(短肌着)は必ず着せてあげましょう」とアドバイスされます。

短肌着の上から保温のための肌着(コンビ肌着)を重ねるのは、この時期の肌着の基本といいます。

118_03

2枚の肌着の上には、ツーウェイオールなどのベビー服を着せるとよいでしょう。時々、赤ちゃんの背中に手を入れて、肌着が汗で濡れていないか確認してあげてくださいね。

「汗をかいていたら、1枚脱がせるなどの調節も必要だし、授乳や抱っこでお布団から出ている時は、胴着(ベスト)を着せれば、肩やお腹を冷やさないようにできますよ」(岡田さん)

生後1か月ぐらいまでは、ほとんどの時間をお家の中ですごす赤ちゃん。でも、検診や予防接種で外出することもあります。

118_04

「お外に出るなら、胴着を着せてアフガン(おくるみ)で包んであげます。産院の待ち時間に眠ってしまったらお布団にもなるし、おむつ替えの時には敷物にも使えるので、便利ですよ。冬は暖かいキルティング素材のアフガンがおすすめです」(岡田さん)

118_05

表地が風を通さないナイロン素材(ナイロンタフタ)で裏地にファー素材が使ってある防寒ツーウェイオールも非常に便利なアイテム。上の子の保育園・幼稚園の送り迎えのために毎日外出する赤ちゃんなら、どんな寒さにも負けないしっかりとした寒さ対策を考えてあげたいですね。

寝がえりが始まる4〜6か月なら、ボディシャツの肌着が便利です

118_06

だんだんと起きている時間が長くなってくる4〜6か月の赤ちゃん。上手に体をひねって寝がえりができるようになったら、肌着をボディシャツに変えましょう。

「体つきがしっかりしてきて、着替え中も動くようになるので、ホックで簡単に留められる長袖のボディシャツタイプかカバーオール肌着が着せやすいでしょう。もちろん、赤ちゃんの肌にやさしい綿素材を選ばれるのが良いかと思います」(岡田さん)

118_07

肌着の上には、1枚でお腹のつながったカバーオールがいいようです。岡田さんは「お部屋で遊ぶときは室温に合わせて、胴着や靴下も忘れないで。脚が出てしまうのが気になるなら、レッグウォーマーも足してあげると暖かいですよ」と教えてくださいます。

118_08_02

また、カバーオールは、保温力が高くて柔らかなストレッチニットパイルなど冬用の素材も用意したいもの。カバーオールには足先まで包みこめるタイプもあり、手先もくるんと返してカバーできますから、外出時のちょっとした防寒にも役立ちそうです。

お外に出るなら、前の章で紹介した防寒ツーウェイオールか、コート代わりにはおるだけのマントが定番です。まだ頭から風邪をひいてしまうこともあるので、ニットキャップで頭を覆ってあげるとより暖かそうですね。

岡田さんによると、「冬は屋内と外の温度差が大きいので、脱ぎ着が簡単な帽子は便利なアイテム」とのことです。体温調節がうまくできない赤ちゃんの防寒対策には、小物をこまめに足したり引いたりしてあげるといいようですね。

 

おすわりやハイハイが始まる7〜9か月は動きやすさがポイント

118_09

春に生まれた赤ちゃんはおすわりやハイハイが上手になってきます。ずっと薄着ですごしてきた赤ちゃんの服は、動きやすさにも気を配ってあげたいものです。

「赤ちゃんが活発に動くので、ハイハイでも、抱っこしてもお腹が出ないように、肌着は長袖のボディシャツがおすすめです。少しずつ幼児体型に近づいてきますから、Tシャツとレギンスなどを着せることもできるでしょう」と岡田さん。

暖房の効いたお部屋ですごすなら、ボディシャツの上からトップスとボトムスの組み合わせで充分かも知れません。ちょっと肌寒いときは、ベストを活用するのが◎。もっと暖かい服装がよさそうなら、中に着るボディシャツをカバーオール肌着にしてもいいでしょう。

「お出かけの時はベビーカーや抱っこが多いので、マントを着せたら、足元はロングブーティを履かせてあげるのも良いと思います。ベビーカーや抱っこひもからのぞく赤ちゃんの小さな足先を暖かくかわいく包んでくれますよ」(岡田さん)

特別な1枚はデザインだけでなく、素材にもこだわって選びましょう

118_10

10か月をすぎるとつかまり立ちを始める赤ちゃんもいます。岡田さんは「ますますよく動くようになるので、肌着もさっと着せられるTシャツタイプのものにした方が、着替えの時にママ・パパは楽ですよ」と教えてくださいます。

大人と同じように肌着の上にトレーナーとボトムスを組み合わせて、出かける時にはコートやジャンパーを羽織るのがこの時期の基本的なコーディネートです。帽子や手袋も必要に応じて付けてあげてはいかがでしょうか。

ママ・パパはたっちする赤ちゃんを見守りながら、クリスマスやお正月には一緒におしゃれを楽しめるかも、とワクワクしてしまいますね。

「特別な日のための赤ちゃん服を選ぶ時には、見た目のかわいさだけでなく、素材についてもチェックすることが大切」と岡田さん。

「この冬のミキハウスのおすすめは、“接結天竺”という素材。2枚の布を合わせた素材で、空気の層を含んでふわっと柔らかくて暖かいので、赤ちゃんのデリケートなお肌にもやさしくて動きやすいのが特徴です」(岡田さん)

118_11

接結天竺を使ったものは、肌着からトレーナーやオーバーオール、スカートなどのアウターまでいろいろなアイテムが揃っているそうです。

家族ですごす楽しい冬休みの思い出は、写真やビデオで残したいもの。着心地のいい服に身を包んだ赤ちゃんは、とびきりの笑顔を見せてくれそうですよ

 

冬の赤ちゃんに役立つ“とっておき”アイテム3選

118_12

冬の赤ちゃんのおすすめのアイテムとして、岡田さんが紹介してくれたのが、ミキハウスが新しく発売した「スキンケアシリーズ」のクリームやローション。

赤ちゃんの肌は皮脂膜がないので、乾燥に弱いんです。肌のケアをしてあげることは、赤ちゃんとのスキンシップにもつながりますよ」(岡田さん)

118_13

また湯冷めや寝冷えも気になる冬は、「綿スリーパー」がお風呂上りや就寝時の必需品。吸湿性の良い綿素材で、赤ちゃんのからだをまるごと包み込むので、手足を動かしても肩やお腹を暖かく守ってくれます。新生児期から3歳ぐらいまでと、長く使えるのもいいですね。

最後は防寒対策の仕上げに万能な5ウェイダウンキャリーケープについて。首が座るまでは横抱きのおくるみとして、抱っこやおんぶ用のベルトの上にはケープとして、ベビーカーの赤ちゃんには頭から足先まできっちり包み込むカバーとして、と使い方は自由自在。1枚あると安心ですね。

「冬の赤ちゃんには寒さ対策はもちろん必要ですが、暖かい屋内で汗をかいた赤ちゃんが、外に出た時に冷えて風邪を引いてしまわないように、温度調節をこまめにできる服装を心がけてくださいね」(岡田さん)

2人の高校生のママという岡田さんは先輩ママの立場から、新米ママたちにこんなエールを送ってくださいました。

「今になって思うのは、子どもが小さい頃って、感動がいっぱいのキラキラした二度と戻ってこない時代だったということ。ママ・パパにはおおらかな気持ちで子育てを楽しんでいただきたいです」(岡田さん)

子育てって、育児書やネットの情報どおりにはいかないもの。でも話し相手がいるだけで気持ちが楽になることもあります。わが子について気になることがあるなら、ミキハウスのショップで先輩ママのKCAさんたちに相談してみてはどうでしょう。岡田さんのような頼りになる先輩ママが話を聞いてくれて、必要ならアドバイスを受けられますよ。

 

118_14

【プロフィール】
岡田由紀子(おかだ ゆきこ)

2010年に設けられたミキハウス子育てキャリアアドバイザー(KCA)の一期生。結婚後もミキハウスの京都高島屋のショップに勤務していたが、上の子を出産した直後に、ご主人の転勤で名古屋市へ。名古屋松坂屋のショップで仕事復帰し、2人目出産後も仕事を続けた。その後再び、ご主人の転勤により静岡市に転居。静岡市のショップ勤務の後、大阪に戻り、大阪本社でスタッフ教育などに携わったのち、現職。知らない土地で2人の子どもたちを育てながら、仕事も頑張った経験を活かしてて、ショップを訪れるお客様のさまざまな相談に乗っている。

妊娠・出産インフォ トップに戻る