冬生まれの赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは?(12、1、2月生まれ)

冬生まれの赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは?(12、1、2月生まれ)

妊娠・出産インフォ

12月、1月、2月の厳しい寒さの中、生まれてくる子には、暖かく心地よい環境を用意しておいてあげたいものです。寒さはもちろんのこと、赤ちゃんのデリケートな肌は乾燥にも弱いので、十分なケアが必要です。
生まれて最初に着る服、肌着はどんなものを用意すればいいのでしょうか?

12月、1月、2月の冬生まれの赤ちゃんには、綿100%素材の中でも、「フライス」と「ニットガーゼ」をおすすめします。

最初にフライスですが、リブ編みの生地で、ふんわりやさしい手触りが特徴のもの。
伸縮性もあるので、大人の肌着にもよく使われ、季節を選ばない素材です。

冬生まれさんに便利な胴着

冬生まれさんに便利な胴着

「ニットガーゼ」の生地は、天竺(てんじく)といいう平編みの素材を2枚重ねあわせたもののことです。天竺は薄手で通気性に優れているので、私たちのTシャツなどにも使われている素材です。2枚重ね合わせることで、やわらかい肌ざわりで、ふわりとした軽さと温かさがあり、冬生まれの赤ちゃんには欠かせない素材といえるでしょう。用意しておきたい肌着の枚数ですが、短肌着の場合は、フライス2~3枚、ニットガーゼ3枚を目安にしてみてください。

着せ方ですが、短肌着とコンビ肌着を重ねて着るのがいいでしょう。また、特に寒い日のためにベスト型の「胴着」が1枚あると便利。赤ちゃんは体温調整が苦手ですから、保温性に優れた胴着があれば安心です。さらに、寒さから赤ちゃんの頭を守るために、やわらか素材のフードもぜひご用意を。

メーカーやブランドによって、同じフライス、ニットガーゼでも生地の風合いに違いがあるので、店頭で手触りを確認することをおすすめします。同時に、縫製やカッティングの違いもチェックしておくといいですね。
ぜひ、ママとパパお二人でお店に足を運んで、一緒に赤ちゃんが来る日の準備をしてみてください!
親になる実感が、日に日に増していくと思いますよ。

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る