パパが育休をとった! 主夫になった! ニューヨークに行った! ――NTTドコモ小野さんの“はじめての150日”(後編)

パパが育休をとった! 主夫になった!
ニューヨークに行った!
――NTTドコモ小野さんの“はじめての150日”(後編)

妊娠・出産インフォ

生後3か月の赤ちゃんを連れて、奥さまの留学先であるニューヨークへ家族3人で渡った小野俊樹さん。現在、1年間の育休取得中で、はるおくん(仮名)と一日の大半を過ごし、子どもの成長を肌で感じています。
アメリカという土地だったからこそ、やりやすかった男性の育休のお話、逆に日本が恵まれていると感じたこと、パパでも息抜きがしたくなったという体験談など、ざっくばらんにお話いただきました。
(前編はこちら http://baby.mikihouse.co.jp/information/post-5134.html

 

アメリカに育休はない! 日米子育て事情の違い 

小野さん:ニューヨークに来たときは、まだ首も座っていませんでしたが、大きなケガや病気をすることなく、元気に育っています。予防接種は日本で済ませたものはその旨、日本の小児科の先生に英文で書いていただいて、あとのものをこちらでこなしています。

01

春奈さん:5種混合とか、日本では聞いたことがないものもありますが、調べると日本脳炎以外は接種する時期は違っていても、トータルの種類は同じなのであまり心配しなくてよいことがわかりました。

小野さん:健診や予防接種以外で病院にかかったことはありませんが、医療費はアメリカのほうが高いです。あとは保育所の費用も高い。0歳児のフルタイムだと、1か月2,200ドル(26万円)が相場です。しかも、日本のほうが施設は清潔だし、先生方が一人ひとり子どもたちをみてくれます。

春奈さん:アメリカでは保育所に入所するためには、膨大なお金と手間をかけなくてはなりません。また、日本の保育所だと延長保育がありますが、アメリカは3時、4時に終わってしまうところが多く、延長保育があっても6時半が限界。その後に保育が必要ならば、ベビーシッターさんを探さなくてはなりません。

また、日本では気軽に利用できる自治体からの産後のサポートもアメリカにはありません。そういった点は、アメリカの子育て環境は日本よりも厳しいと思います。一方、週に2、3日でも通える保育所もあって、預け方、親の働き方の選択肢の幅は広いと感じますね。厳しい子育て環境の中で保育園、ナニー、ベビーシッター探しに奔走するアメリカのお父さん、お母さんたちを見ていると、本当にタフだなと思います。

――小野さんが育休中で子どもを育てているという話をすると、アメリカの人はどんな反応をしますか?

02

小野さん:「とてもいいね」といわれることが多いですね。でも、男性が育休をとるという驚きよりも、日本では子育てのために仕事を1年も休めるのかという、そこに対する反応です。アメリカって、OECD加盟34か国のなかで唯一、有給の育児休職に関する法律が、父親向けにも母親向けにもないんです。職場ごとに決まりのあるところはありますが、国としては育休という制度はないんですね。だから「夫婦で育てられる環境はいいね」といわれます。

昨年、FacebookのCEO(最高経営責任者)、マーク・ザッカーバーグが2か月の育休をとることが話題になりましたが、そういうことをアメリカ西海岸の企業がやりはじめているのは、そのほうが優秀な人材が集まるからだと思います。今までは会社で無料の食事がとれる「フリーミール」や待遇などで人は集まっていたかもしれませんが、もうそれだけではダメで、自分の時間をたくさん使えるとか、ライフスタイルに直結したところに訴えかける施策に、多くの人がメリットを感じる時代になっているのかもしれません。

育児書にしばられない!? パパの子育ては自由

――8か月のはるおくんは、つかまり立ちができて、離乳食が始まったところなんですよね?

小野さん:はい。家事をやっているときに、ハイハイで後追いするようになりました。それがストレスになるかというと、そんなことはまったくありません。ひっくり返したら困るようなものは最初から撤去していますし、火を使っていたり刃物を使っているような危ないときにキッチンまで来てしまったときは「あっちに行け」と子どもを足で動かしたりしています(笑)。

春奈さん:それはやめてほしい! 足で押すとか、たまに扱いが雑で私は怒ります!!

小野さん:男同士だし、たくましく育つんじゃないかな?(笑)。僕はひとりっ子なので、子どもの成長がこんなに早いことも知らなかったし、こんなにおもしろいことも知らなかった。これから先も、成長の証を見逃したくないという気持ちになっています。

――(はるおくんがちょっとグズりだす。でも、すかさず小野さんが抱っこして、縦に揺らすと、ご機嫌が元に戻る)小野さん、さすがですね。ほかにも、編み出した技はありますか?

03

小野さん:いちばん驚かれたのは、4か月のときに自分で哺乳瓶を持たせたことですかね。

春奈さん:私には年の離れた妹がいるので、哺乳瓶は1歳くらいになったら自分で持つようになるだろうなとは思っていたのですが、夫は3か月頃から子どもに持たせようとしていたんです。「それは無理よ」と思いつつ見守っていたら、4か月で本当に持てるようになって、びっくりしました。まだ体がフニャフニャな赤ちゃんなのに、しっかり哺乳瓶は持っていて。

小野さん:はるおが哺乳瓶を自分で持ってミルクを飲んくれると、その間に自分たちは着替えたり、外出の準備ができたり、すごく楽なんです。はじめの頃は、哺乳瓶を一度落としたら、はるおは哺乳瓶の裏側を吸っていたのですが、最近は自分でひっくり返して、ちゃんと乳首のところを吸うようになりました。「こうやって持つと落ちないよ」と手を添えて持たせてあげて。「物を持つときは親指が重要なんだよ」ということを教えてからは、ちょっと人間らしくなってきましたね。

――パパのほうが子育てに対して、自由な考え方をもっているのかもしれませんね。

04

春奈さん:お母さんとしては、3か月の赤ちゃんなんだから、親がちゃんと哺乳瓶を持って飲ませてあげればいいのにと思ってしまいますよね。夫は面倒くさがりだから「本人に持たせるようにしたんだよ」なんていいますが、面倒でも子どものこととなると母親なら“正しく育ててあげたい”と思うじゃないですか。正しいところから外れてしまうと、どうなるかわからないっていう不安がある。だから、育児書も参考にしたいと思うし。

小野さん:僕はあまり参考にしないですけどね。同じ人なんているわけがないから、育児書どおりに試してうまくいけばそれでいいけど、うまくいかなくたって悲観的になることはないです。

育休パパだからこそ体験した子育てのイライラ 

――そんな小野さんでも、子育てにイライラしたこともあったとか。

小野さん:子どもはかわいいのですが、四六時中一緒にいるとイラッとすることもあって。まだ家事も、子どもの世話も手際がよくなかった10月くらいのことです。子どものペースに合わせているから、家事にとても時間がかかる上に、自分の時間もなかなかとれないでいました。子どもの寝かしつけもうまくいかないので、シャワーを浴びたいのに浴室にも行けない。トイレに行きたくても行けないということがあってイライラが募っていました。

そんなときに、子どもを妻に預けて、ニューヨークに駐在している方とランチに行きました。たった2時間くらいのことでしたが、仕事の話やアメリカの国内旅行の話などをして、完全に子育てから離れた時間をもちました。そしたら、帰り道ではもうはるおに会いたくて会いたくて。そのとき、子どもと離れてみるっていいことだなと思いました。

日本のお父さん方には、奥さまに子どもと離れる時間をプレゼントすることをおすすめしたいですね。

――アメリカで“パパ友”はできましたか?

05

小野さん:同じアパートにちょうど同じくらいの子どもをもつアメリカ人家族が住んでいるので、そのお宅には夕食後にお邪魔して、子どもを遊ばせたり、話しをしたりしています。ほかには、ネットでニューヨークにいる主夫たちの団体を調べて遊びに行ったこともあります。公園や動物園に子連れで行くだけでなく、スポーツ観戦や飲み会、これからお父さんになる人のための講習会をやったりしている団体です。僕たちは、女子プロバスケットボールの試合を見にいくイベントに参加して、子連れ男性たちと話ができて、いい気分転換になりました。また参加したいなと思っています。

男性は育休を“数か月”は取得したほうがいい その理由は?

――1年間育休を取得する男性はまだまだ珍しいと思いますが、小野さんのように育休をとってみたいという男性がいたら、どうアドバイスしますか?

小野さん:どんどん取得したらいいといいたいですね。日本にいて1年休むのは難しくて、踏ん切りがつかないかもしれないけど“数か月”はやってみたほうがいいと思います。学ぶことが多いですから。

僕は入社して10年経ちますが、終電近くまで仕事をしていた時期もありました。長時間通勤が嫌になって、会社の近くに引越ししたこともあります。そういう働き方を始めると、なかなか生活リズムを変える機会がないですよね。そうした意味でも、長い社会人生活の中での1年を、子育てのために過ごすことがあってもいいのかなと思います。子どもが生まれてからの1年は本当に貴重で濃密な時間だということを、今、ものすごく実感しています。

ただ、「育休をとったから、あいつはダメになった」といわれないようにしなくてはいけないとも思っています。前例がないこういう働き方、休み方があることを僕が身をもって体験し、これから育休を取得するパパたちの参考になればという思いもあります。

育休取得期間を“数か月”といったのは、男性の育休期間でもっとも多い数日程度だと、家事や子どもの面倒を見るのに慣れた頃に育休が終わってしまい、あまり戦力になれないというのと、1か月くらいだと税金などの手続きが煩雑になるからです。

06

日本で男性が育休をとることは、まだまだ珍しいことです。でも、「このままで良いのか!?」と議論の対象になることも多くなってきており、女性の活躍を推進することとあわせて理解が得られやすい状況になりつつあるのかもしれません。周囲に理解のある方が多かったのはありがたく思っているのですが、僕の場合も「お休みをいただきたい」といったら、概ねポジティブな反応で、勇気が必要だと思い込んでいたのは、自分だけだったのかなという気がします。

父親ひとりで子どもの面倒をみられるようになると、子育て中だからと我慢せずに、夫婦でお互いの趣味を楽しめたり、その他の楽しみを妻と分かち合えたりすることができます。それぞれの家庭で、思いがけないメリットが出てくるはずなので、いろいろな意見はあると思いますが、もっと男性の育休取得者が増えてほしいと思いますね。

今、育休をとった半年間を振り返ると、子どもの成長の早さに驚きます。とくに最初の数か月は見逃せない日々の連続で、産後の妻の体調も安定するまでは大変です。これらのことを実感した今、もし、今後二人目を授かったとしたら、今回よりは短い期間になるとは思いますが、再度育休を取得したいと考えています。これからパパになるという方には、ぜひわが子の成長を目の当たりにする楽しさ、子育てのおもしろさを味わってもらいたいです。

*   *   *
もともと育休をとるつもりはなかった小野さんが「かわいい子どもと一緒にいたい」という思いが強くなり、1年間の育休をとったというお話。これからパパになる男性の背中をぐっと後押してくれますね! 子どもにとっていちばん身近なパパとママが一緒になってチームのように子育てをする。このことは、赤ちゃんの心身の成長にとてもよい影響をもたらすでしょう。「子育ては大変だけれど、おもしろい」――。小野さんのこの素直な感想に、多くの男性が共感できる日が早く来てほしいですね。

【関連リンク】
小野俊樹さんのブログ『Appreciation of Life(人生をフルコースで深く味わう日)』
https://medium.com/appreciation-of-life

妊娠・出産インフォ トップに戻る