心のモヤモヤを解消する「バースレビュー」でママを笑顔に! (後編)

心のモヤモヤを解消する「バースレビュー」で
ママを笑顔に! (後編)

妊娠・出産インフォ

自分の出産を振り返る“バースレビュー”を通し、妊娠、出産を乗り越えた自分のがんばりを認め、自信を持つことで子育てに前向きに取り組む気持ちを育むマザーズペンクラブのワークショップ「バースレビュー・カフェ」。
後半も参加者のママたちの話を聞いていきます。

→前半の様子はこちらから。

 

つらい経験をしたとしても、
その経験がもたらした「いいこと」を見つける!

ママたちの話が終わると、NAOKOさんは紙芝居風の漫画を披露します。彼女の作品である『助産師さん呼びましょうか』から抜粋したショートストーリーは、つわりで苦しむNAOKOさんをいたわろうとした夫が、夕食に○○○○を買ってきて焼きはじめるという内容。天然ボケキャラを感じさせる夫の表情と「さあ、私が夫を許せなかった○○○○ってなんでしょう」というNAOKOさんの質問に、ママたちからは笑いがこぼれ「お魚?」「ホルモン?」と回答が飛び出します。

01

NAOKO さん

「正解は、ぎょうざです! 夫は全く悪気がなく、何が私の気にさわったのか理解できなかったんです。でも私にとってはつらすぎる出来事でした」

ところが、このエピソードを漫画にしたところ「NAOKOさんのだんなさんってすごく楽しい人」という感想が多く寄せられたとか。同じ出来事が見方を変えると、こんなに違うとらえ方ができるんだとNAOKOさんは実感したそうです。

「2のステップでしていただきたいことは、いいこと探しです。モヤモヤの原因をポジティブにとらえ直してみましょう。みなさんの当時はつらかった出来事ですが、今になってみると結果的にいいことにつながっているという面はありませんか。シートの真ん中に一番いやだったりつらかったことを書き、その周りにどんないい変化があったか、書き出してみましょう」。

KUNIEさんが記入例のボードを見せると、これまでのやりとりで当時のことをどんどん思い出したママたちは、すぐにいいこと探しをスタート。2枚目のシートに書きをはじめました。

母乳育児がうまくいかなかったことがモヤモヤの種だったIさんは、「粉ミルクだから子どもを夫や母に簡単に預けることができました。飲んだ量がわかるのも安心だったし、腹持ちがよくて夜長く寝てくれるのはありがたかったです」とよかったことをあげました。

02

KUNIEさん

つわりがひどく、理解のない夫と出産後に離婚したというNさん。彼女が見つけたいいことは、「体調があまりに悪くて予定より早く実家に帰ったら、親にいたわってもらえて気が楽になり、つわりも治まりました。その間、夫との関係を冷静に考えることができて、離婚に踏み切る決心がつきました。今は早く離婚してよかったと思っています。それに自分がつわりで苦しんだので、マタニティマークをつけた人に優しくなれます」。

そして、最後のAさんの話には「いいな!」という声があがりました。Aさんの夫は妊娠中の妻を残して実家に帰ってしまったのですが、「家を出ていった夫に『荷物はどうするの?』と尋ねたら、『好きにしていい』と言われたんです。へそくりの場所を知っていたので、そのお金で贅沢なものを食べ歩きました。彼が大事にしていたけど、私が不要と思っていたものは全部捨てました。夫は帰ってきたときにいろんなものがなくなっているのを見て、がく然としていて、ちょっとスッキリしました。当時は寂しくてつらかったけど、今考えると夫がいなかった出産前のあの日々は、ひとりでのんびり過ごした最後の時間でもあったと思います。でも当時のことは、夫も私も本当に反省していて、2人目を授かったら胎教にいいように、仲良くしようねと話しています。一番よかったのは、夫も私も成長できたことだと思います」
 
「みなさんが今見つけたように、客観的になって思い返すと、つらかった出来事にも必ずポジティブな要素があるものです。それを書き出して何度も何度も読んでいるうちに、しんどかった記憶が少しずつよいものに上書きされ、悪いことばかりではなかったと思えるようになります。私も、ぎょうざを焼いた夫を当時は絶対に許せないと思っていましたが、面白おかしく漫画に描いて何度も読み返すうちに、今では“夫のおかげで面白い作品になってよかった”と感謝できるようになりました」というNAOKOさんの言葉にママたちは笑顔でうなずいていました。

はじめてのバースレビューで、最初は緊張していたママたちは、KUNIEさん、NAOKOさんの気さくで、思いやりあふれる進行と書く・話す・聞くというワークを体験するうちに、すっかり気分がほぐれたよう。2時間のワークショップを終え、みんな笑顔で会場を後にしました。

「バースレビュー・カフェ」を終えて

03

後日、参加者の3人のママに「バースレビュー・カフェ」の感想を聞いたところ、こんなお返事をいただきました。

Iさん:「はじめての参加で、最初は緊張しましたが、みなさんすごく話しやすく、時間が経つのがあっと言う間で楽しい時間でした。妊娠、出産のことを思い返す機会は、最近なかなかないので大切な時間だと思いました。今回参加させていただき、ありがとうございました」

Aさん:「バースレビュー・カフェでは、友だちや親に言えなかった妊娠中、産後の夫婦のことについてたくさん話させていただきました。夫婦としての在り方についての深刻な話もしてしまいましたが…(笑)。みなさんに明るく優しく受け入れてもらえたので、心にしまいこんでいたつらい記憶を少しだけポジティブに上書きすることができたような気がします。そして、他の参加者の方のお話を聞いて、大変だったのは私だけではなかったんだ…ということをあらためて知ることができました」

Nさん:「私は妊娠中のつわりと夫婦の不仲から妊娠期間中はいい思い出はなかったし、陣痛に耐えて、かわいいわが子を見るまでは『つらい』という思いしかありませんでした。だから過去は振り返らずに、現在と将来について考えることのほうが大事だと思って過ごしてきました。でもバースレビュー・カフェに参加してみて、マイナスだと思っていたことをプラスに変えられること、乗り越えてきた、がんばった自分の経験を見直すことで、今の自分に自信を持てることを知りました。

04

また、悩んでいたのは自分だけではなかったんだと少しほっとしました。そして、NAOKOさん、KUNIEさんが話をするたび『わかる、わかる』と言ってくださったり、『がんばられましたね』『偉いですね』とほめてくださって、妊娠した女性なら乗り越えて当たり前なのに自分はダメだなと思っていたことも『あぁ、自分もがんばれたんだ』と思うことができました。あらためて言葉にしてほめてもらえることは照れくさくもあり、うれしくもありました。バースレビューはお産を振り返り、妊娠、出産に対しての思いをすっきりさせるためにいいと思いますが、それだけではなく、これから生活していく中で感じるさまざまな思いもうまく整理していけそうな気がします」

最後は「妊娠・出産とは○○である」という言葉で総括

「バースレビュー・カフェ」ではワークショップのラストに、参加したママさんから「妊娠・出産とは○○である」というコピーを作ってもらっています。今回のママさんたちのものも含めて、これまでに寄せられた一文をいくつか最後に紹介しましょう。

  • 「妊娠・出産とは女性にしかできない貴重な体験である」
  • 「妊娠・出産とは後悔が残る経験である」
  • 「妊娠・出産とはジェットコースターである」
  • 「妊娠・出産とは自信を持っていい大仕事である
  • 「妊娠・出産とは必ず乗り越えられる山である」
  • 「妊娠・出産とは未知との遭遇である」
  • 「妊娠・出産とは価値観が変わるきっかけである」
  • 「妊娠・出産とは子育てのスタートにすぎないものである」
  • 「妊娠・出産とは2ndステージの幕開けである」
  • 「妊娠・出産とは成長である」

マザーズペンクラブの「バースレビュー・カフェ」を体験したママたちの「妊娠・出産とは○○である」は、マザーズペンクラブのWEBサイトですべて紹介されています。ママたちが自分の体験を凝縮した言葉は、どれも一人ひとりのストーリーが感じられて感動的です。

*   *   *

現役ママ2人が主宰するマザーズペンクラブの「バースレビュー・カフェ」、いかがでしたでしょうか。

今回のバースレビューでは、女性たちが妊娠中や産後のネガティブな気持ちを話す相手が「なかなかいない」ということをあらためて気づかせてもらいました。妊娠期間中の孤独は、そのまま“孤育て”につながってしまう可能性もあります。妊娠、出産というはじめての経験をするママたちが、安心して本音で話せる場所、共感してもらえるパパや家族の存在は必要不可欠。そして、社会全体で妊娠したママ、出産するママを支えていけるような国になれば、もっともっとママがいきいきと輝けるはず。

多くのママたちの取材経験をもつ編集者のKUNIEさんは、人前で話すことが苦手なママたちのモヤモヤを優しく、言葉にしていました。そして漫画家のNAOKOさんは、ネガティブなモヤモヤをポジティブな笑いにかえる方法を、身をもって教えてくれました。お二人に話を聞いてもらったママたちの顔が、帰るときはみなさん晴れやかであったことは言うまでもありません。もし、自分たちの周りに子育てに奮闘しているママがいたら、私たちもKUNIEさんやNAOKOさんのような存在になれたら! そんなことを思わずにはいられない「バースレビュー・カフェ」でした。

 

【プロフィール】

kunie_san

KUNIE(邦恵)
9歳と5歳の子どもを育てるライター兼編集者。生協職員やテレビ番組制作者、新聞記者、保育士などを経て、育児系出版社で10年間雑誌・書籍製作に携わる。妊娠・出産・子育てについては公私ともにずっと関心大。現在はママ向け、保育者向けの取材や教育関連の仕事をしながら、マザーズペンクラブの活動にも積極的に取り組んでいる。

naoko_san

NAOKO(尚桜子)
9歳と5歳の子どもを育てる漫画家。大学卒業後、独学で漫画家に。「別冊マーガレット」でデビューした後、「モーニング」等の雑誌で読み切りや連載を発表。出産後は「たまごクラブ」「ひよこクラブ」等でエッセイ漫画も描く。昨年、初めての妊娠、出産を描いたブログ漫画『助産師さん呼びましょうか?』の1~5巻が電子書籍化され1年間で6万5千ダウンロードを記録。アマゾンKindleのカテゴリー別ランキングで1位に。2015年にはお産トラウマやバースレビューの効果について、自身の経験や取材をもとに漫画で解説した『お産トラウマは怖くない!』を電子書籍でリリース。反響を呼んでいる。

※「バースレビュー・カフェ」についてのお問い合わせは、マザーズペンクラブまで
http://motherspenclub.blog.jp/

妊娠・出産インフォ トップに戻る