一生思い出に残る特別なひな祭りを 大切な気持ちをつなげたい 女の子の初節句

一生思い出に残る特別なひな祭りを
大切な気持ちをつなげたい 女の子の初節句

妊娠・出産インフォ

妊娠5か月の戌の日には「安産祈願(帯祝い)」、生後7日目の「お七夜(命名式)」、1か月経ったら「お宮参り」、100日目には「お食い初め」と、日本には子どもの健やかな成長を願って行われる伝統行事がたくさんあります。

毎年3月3日に女の子の成長を祝う「桃の節句」や5月5日の男の子のお祝い「端午の節句」もこうした行事のひとつです。「節句」とは、昔から節目の日に行われてきた行事のこと。なかでも赤ちゃんが生まれて初めて迎える「初節句」は、誕生を喜び、健康で幸せな人生を送るようにとの願いを込めて行われる特別な祝い事です。

今回、「ミキハウス出産準備サイト」では、約1000年以上も受け継がれてきた「女の子の初節句」の由来や祝い方について特集します。伝統文化を分かりやすく現代に伝え、子育てに伝統行事を取り入れて楽しむ「行事育」を提唱している和文化研究家の三浦康子さんにお話を伺いました。「行事育」とは、行事の本来の意義を知った上で楽しむことで、形だけのお祝いではなく、親の思いが子どもに伝わり、その子の成長に大きく関与していくという三浦さんの体験に基づいて生まれたものです。

 

初節句の歴史と意義、ご存知ですか?

01

緋毛氈(ひもうせん)の赤に映えるきらびやかなひな人形、ピンクの花びらに春を感じる桃の花、色とりどりの「ひなあられ」。いつもより華やかに飾られた部屋で、家族が集う女の子のためのお祝いが「桃の節句(ひな祭り)」です。そんな光景が子どもの頃の忘れられない思い出というママも多いのではないではないでしょうか。

日本の代表的な年中行事の一つである「桃の節句」は、この時期に咲き始める桃の花を飾って春の訪れを祝い、邪気を祓(はら)ったことから、こう呼ばれたそうです。もともと性別・年齢に関係なく、藁や紙の人形に不幸や体の不調を移し、川に流すなどして健康を祈り災厄を祓うものだったのですが、平安貴族の子女が楽しんでいた人形遊びと結びつき、女の子の成長を祝う行事に変化したと言われています。

三浦康子さんによると、「桃の木は、昔から邪気を祓う神聖な木であり、木へんに兆しと書くことから分かるように、生命を育む女性の象徴だった」とのこと。「桃の節句」が女の子のためのお祝いとされたのは、そのような理由もあったのですね。

「現代の『桃の節句』は、春の初めにひな人形を飾って女児の健やかな成長を喜び、幸せを願う行事で、(一般的には)『ひな祭り』と呼ばれています。『ひな』とは、小さいもの、幼いものという意味。日本の伝統行事は、見えない思いをモノやコトに託して行われるものが多いのですが、『ひな祭り』も我が子に寄せる思いを、ひな人形というモノや、ひな祭りというコトに託して行っているわけです。そして『初節句』も、日本固有の文化であると同時に、親から子への愛情表現のひとつなんですよ」(三浦さん)

多くの伝統文化が風化しつつある現代でも初節句が、親から子へと受け継がれ、伝えられているのは、「時代が変わっても、子どもを思う親の心は変わらないから」と三浦さんは言います。

02

「親御さんたちに、初節句をなぜ行うのですかと尋ねると、『伝統だから』と言う人は少なく、『我が子のためにやってあげたい』と答える方がほとんどです。生まれてきてくれてありがとう。どうか健やかに育ってね。幸せな人生を歩んでね……という心からの願いをカタチにしたものが、初節句。だからこそ、初節句の風習は連綿と続いているんですね」(三浦さん)

三浦さんは、和文化研究家として活動する中で、日本の伝統行事は愛情表現であり、それを大切にすることが子育ての時間を豊かにしてくれる――そんなことを確信するようになったそうです。

「お正月でも節句でも、行事というのは毎年繰り返されるので、それをきっかけに家族の思い出が蘇ってくるもの。私はこれを『思い出ボタン』と呼んでいますが、伝統行事に親しむことで、『思い出ボタン』が押されるたびに思い出が蘇ってくるので、親の愛情や家族の絆をあらためて実感させてくれます。それが子どもにとってかけがえのない宝物になり、心豊かな人生につながるのだと思います」(三浦さん)

いつも子育てや家事、仕事で忙しいママ・パパにこそ、行事を通して子どもに愛情を伝えて欲しいと三浦さんは考えています。

「まだ小さな赤ちゃんですから、お世話だけでも毎日大変な時期ですが、わが子の笑顔を見ていると『幸せだなぁ』と感じることがあるでしょう。そんなママ・パパの気持ちを初節句に込めて祝ってほしいと思います」(三浦さん)

 

気持ちが込められていたら折り紙のひな人形でもOK

03

初節句と聞けば、真っ先に「ひな人形を買わなくては」と考えるママ・パパもいるでしょう。しかしお値段も決してお手頃というわけではなく、また居住スペースに限りがある現代においては、ひな人形を飾ること自体、容易なこととは言えません。

「そもそも豪華なひな人形がないと初節句ができないわけではありません。伝統行事の中からできること、やりたいことを取り入れればよいのです。例えば、もともとは紙製のひな人形を水に流して災厄を祓うという行事でしたから、折り紙でひな人形を作って飾り、最後に水をかけてから処分をすると、行事の本来の意味を生かしたお祝いができます」(三浦さん)

ママ・パパが、初節句の意味を考えながら、想いを込めてひな人形を作ってあげるのも、娘の誕生を喜び、成長を祝う素敵な「初節句」になりそうです。折り紙のひな人形のつくり方はネットで検索すると、シンプルなものから高度なテクニックを駆使したものまで、いろいろなタイプものを見つけることができます。参考にしてみてはどうでしょうか。

04

また最近は、シンプルな木製のひな人形や壁に貼るおひなさまシールなど、様々なタイプのひな飾りがあります。

ひな人形やひな飾りを選ぶ時に気をつけたいことを三浦さんに伺うと、こんな答えが返ってきました。

「以前は、子どもを産み育てるのは母親の役目だという考えから、母方の親がひな人形を準備するという慣習もありましたが、最近はそういうことにこだわらない家庭が増えています。私は、ひな人形選びにはママ・パパの想いや考え方を反映させることをお勧めしています。ひな祭りは一過性のイベントではなく、子どもが成長する間は毎年続く行事であり、一生親しんでいくものなので、親が選んだひな人形は、その子どもにとって特別な意味を持つものになると思うからです」(三浦さん)

 

早くしまわないと嫁に行き遅れる? ひな人形を飾る期間の目安とは

05

三浦さんによると、ひな人形を飾り始めるのは、二十四節気で春の訪れを意味する「立春」(2018年は2月4日~18日)の時期か、厄払いに効果的で良縁に恵まれるといわれる「雨水」(2月19日~3月6日)の早めの時期がよいとされています。今年は2月4日から、遅くとも24日ぐらいまでに飾り始めるといいようです。なお、しまうのはひな祭りの翌日、3月4日というのが一般的です。ひな人形は早くしまわないと「嫁に行き遅れる」という言い伝えがあり、これは災厄を移した人形を早く遠ざけたいという思いや、女の子を片づけ上手にしつけたいという親心から生まれたものと考えることができるそうです。

「ただし、次のひな祭りまでしまっておくことを考えると、湿気が多い雨の日に片づけるのは避けた方がいいでしょう。言い伝えを気にしないなら、しばらく飾っておいても構いませんが、春の訪れを祝うという行事の意味を考えると、遅くとも春分までには片づけたいものです」とアドバイスしてくれる三浦さん。とはいえ、飾る時期については、地域差もあるようです。

「東北や九州などでは、ひな祭りを旧暦で祝う地域や4月3日としている地方もあるようです。いつからひな人形やひな飾りを出すか、いつしまうかについては、それぞれ自分の中で納得できる日を選べばいいのではないでしょうか」(三浦さん)

また、ひな飾りに供える菱餅やひなあられに使われている桃色・白・黄緑の色の組み合わせは、「雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」情景を表すものです。手軽に女の子の節句を演出したいなら、ランチョンマットや箸置きをこの3色の和紙で作るだけでも、食卓がひな祭りカラーで華やぎそうです。

桃の花、つるし雛、犬筥(いぬばこ)、犬張り子なども、ひな祭りの飾り物です。行事の意味を知ったうえで、ママ・パパの好みに合わせて、我が家流の初節句のお祝いを工夫してみてはどうでしょう。

 

親が子に伝える「文化」と「愛情」

節句は毎年巡ってくるけれど、初節句は、その子の人生で一度きりの通過儀礼です。「お人形を飾るなり、家族そろって食事を楽しむなり、何かひとつでもいいので、初節句を行ってあげてください。わが子の成長を祝う行事の思い出は、親子にとってかけがえのない宝物になりますから」と三浦さんは言います。

初節句は身内の祝い事ですから、祖父母など親しい親戚だけを招いてひな祭り当日か前日夜の「宵節句」に会食をします。こうした行事には、地域独自の祝い方があることも多いので、わからないことがあれば、祖父母など目上の人に尋ねてみるといいでしょう。ママやパパの育った地域の風習について知ることは、お互いへの理解を深めるよいきっかけにもなるかも知れませんよ。

お祝いの様子は、写真に撮って残しておくのもオススメです。赤ちゃんばかりでなく、参加するみんなの楽しそうな表情は、ママ・パパにとってもよい思い出になるでしょう。いつの日か、わが子が自分の初節句の写真を眺めて、ママ・パパの愛情を感じる時が来るかもしれません。「ミキハウス出産準備サイト」が以前掲載した「プロ直伝!子どもの笑顔を上手に撮影する“秘訣”とは」をごらんください。

 

桃の節句の定番料理について

それでは最後に、伝統的な「桃の節句」のお祝いに供される料理とその由来を紹介します。初節句の時にここまで準備をするのは難しいとは思いますが、これから何年も続く行事になりますので、参考にしてくださいね。

■蛤の潮汁

06

水に関係する行事なので、3月3日に磯遊びをして魚貝類を供えた名残です。蛤などの二枚貝は対の貝殻しか合わないため、「何事にも相性の良い相手と結ばれて、仲睦まじくすごせるように」との願いが込められています。開いた貝の両側にそれぞれ身をのせて(1つの貝に2つ分の身をのせる)盛り付けます。蛤のほかにも、タニシ、姫鰈(ヒメカレイ)などが行事食になっている地方もあります。

■ちらし寿し

07

海老(長寿)、蓮根(見通しがきく)、豆(健康で勤勉に働ける)など縁起の良い海の幸、山の幸を彩りよく散らして盛り付けます。

■菱餅

08

蓬(よもぎ)を入れた緑の餅(厄除け)、菱の実を入れた白い餅(清浄)、くちなしを入れた赤い餅(魔除け)の三色で、健やかな成長を願います。

■ひなあられ

09

関西風は菱餅を砕いてあげたあられ。関東風は米粒をあぶって質素倹約を表したものに由来します。

■白酒

010

本来は百歳(ももとせ)にちなみ、桃の花を浮かべた「桃花酒」を飲んでいましたが、江戸時代に白酒ができて定着しました。

「初節句」を祝う料理は、食材ばかりでなく調理法や盛り付けにまで、季節感や縁起にこだわった日本人らしい気配りが行き届いています。伝統的な和食が食卓にのぼらなくなった今の時代、こうした行事食を通じて、世界遺産にも登録された「和食」の繊細な味わいを再認識し、子どもたちに伝えていく機会にもなりそうです。

 

※  ※  ※

「行事本来の意味を知って、その行事をわが子のとかかわりの中で親の思いを伝える機会にして欲しい」と三浦さんは考えています。家が狭くてひな人形を飾れなくても、祖父母の家でママが小さい頃飾ってもらったひな飾りを出して「初節句」をお祝いするという方法もあります。近くの公園に桃の花が咲いていたら、「桃のお花見」を兼ねてみんなでお弁当を食べても楽しそうです。

子育てに関する伝統行事を単なるイベントととらえるのではなく、「子どもに健やかな成長を願う親の気持ち」が込められた文化として伝えていくことは、赤ちゃんにとって、日本人としてのアイデンティティの形成や、家族の絆、心豊かに成長する力になるのではないでしょうか。かわいい娘のための初節句を自分たちらしく、愛情を込めて祝ってあげたいものですね。

 

011

【プロフィール】
三浦康子 
和文化研究家 ライフコーディネーター

いにしえを紐解きながら、今の暮らしを楽しむ方法をメディアや講演などで提案しており、「行事育」提唱者として注目されている。新聞、雑誌の連載記事やテレビ、ラジオのレギュラー出演も多数。Webサイト“AII About”の「暮らしの歳時記」や“私の根っこプロジェクト”「くらしの歳時記」などを立ち上げ、大学で教鞭もとっている。著書に「子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本」(永岡書店)、監修書「おうち歳時記」(朝日新聞出版)、「赤ちゃん・子どものお祝い事がわかる本」(朝日新聞出版)ほか多数。

12

妊娠・出産インフォ トップに戻る